Latest Entries

エゴマチアオ

20170719egomachiao.jpg
先日、お世話になっている方に、「エゴマの葉」を頂きました。
さてさて、どうやって食べようか?

エゴマの葉には、独特の香りがあります。
先日は、生のまま千切りにして、サラダに混ぜてみましたが、この香りに違和感を感じざるをえません。
韓国料理では、サムギョプサル等でサンチュと共に包んだりするそうで、もしかしたら、脂との相性が良いのでしょうか?

タイには、「カイチアオ」と言う家庭料理があります。
揚げ焼きした卵焼きと言った所でしょうか。ちょくちょく作る料理です。
たっぷりの油でサクッと仕上げる、豚挽肉入りの卵焼き、、、エゴマと相性が良いかもしれません。

そんな事を思い、みじん切りしたエゴマの葉、豚挽肉、長ネギを卵に加え、揚げ焼きしてみました。
「エゴマチアオ」の完成です。

サラダにした時よりは、香りが抑えられたでしょうか。
卵や長ネギのおかげもあり、ずいぶんと食べやすくなりましたが、、、やはり香る「エゴマの香り」。これは、あっさり醤油で食べるよりも、オイスターソースを塗る等した方が良かったかもしれません。
どちらにせよ、エゴマの葉と脂を合わせるのは、良いと言う事です。
ようし、もっと脂を合わせた料理を考察してみよう。エゴマの葉、高血圧にも良いらしいし。

、、、なんて思ったのですが、残念

いただいたエゴマの葉、全てなくなってしまいました。
残ったのは、エゴマの葉の醤油漬けとなりました。これは、ご飯に乗せて食べよう。

↑エゴマのように香るクリックをしていただけましたら、卵焼き好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

立ち蕎麦行脚「居酒屋あいちゃんの冷やしちくわ天そば」

20170719aichan001.jpg
JR総武線「浅草橋駅」と「秋葉原駅」の間にある高架下が、長い時間をかけ、補強作業を行っています。
そんな工事の為、高架下にあった店「ろくでなし」が閉店したのは、数年前の事です。
笠置そば系列として、お昼に蕎麦を提供していたのですが、柚子が香る抜群のお出汁に、生蕎麦茹でたて。クオリティの高さで、人気の高かったお店です。

「ろくでなし」閉店後、店のオヤジさんは、近所で新しい店を開いたらしい。
「居酒屋あいちゃん」と言うお店で、昼はやはり、蕎麦を提供しているとの事。そんな話を聞きました。
あの蕎麦が、また食べられるのか。と思うと、やっぱり嬉しい。

今回、タイミング良く、行く事が出来ました。

お昼は、「店前に立てたメニューのみが提供できる」と、店のおかみさん。
どうやら、店内に貼ってある短冊の「まいたけ天そば」は注文できないようです。残念。

「ちくわ天そば(450円)」「冷やし(+50円)」で、口頭注文。
二の字型カウンターに8席の小さなお店なので、券売機は置けないようです。

少し待って出て来た蕎麦は、生蕎麦茹でたて。ちくわ天も揚げたてサクサクのものでした。
「ろくでなし」の頃のように、柚子の皮は入っていませんが、水菜にわかめ、大根おろしとおろし生姜と、涼感漂うお蕎麦
500円で食べられる、冷やしぶっかけのクオリティとしては、本当に高い

七味唐辛子をふって、ずずっと一すすり。良い茹で加減、締め具合で美味しい。
おつゆは軽めですが、おろし生姜の香りが程良く、美味しい

おかみさん一人で切り盛りしているようです。オヤジさんは元気でしょうか。
機会があったら、また行ってみよう。

僕の立ち蕎麦行脚は、まだまだ続きます。

↑丁寧にクリックしていただけましたら、ろくでなしの僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

豚しゃぶサラダに、エゴマの葉

20170718butashabusalada.jpg
先日、お世話になっている方に、「エゴマの葉」を頂きました。
たっぷりな量だったので、半分は「エゴマの醤油漬け」に。残ったエゴマ、、、どうやって食べようか?

キャベツや人参等の、野菜の千切りに、同じく千切りしたエゴマの葉を加えて混ぜたら、美味しいサラダになりはしないだろうか?
ついでに、買っておいた豚しゃぶ用の肉も茹でて乗せよう。
胡麻ドレッシングをかけて「エゴマ入り豚しゃぶサラダ」の完成です。

エゴマと言えば、独特の香りがします。

日本人には、馴染みのある香りではない分、サラダ等の生食にすると、どうしても違和感を覚えます。
うーん、、、不味くはないが、やはり香りが独特です。

健康に良い食材とは言え、大量には食べられない香り。
シソの仲間らしいのですが、やっぱりシソとは違います。
そして、市販の胡麻ドレッシングが、予想を超える弱さ。もっと、ゴマゴマしてほしかったなぁ、、、。

エゴマの葉は、まだまだ余っているので、もうちょっと「エゴマの葉考察」しようか、自分。

↑エゴマのように香るクリックをしていただけましたら、豚しゃぶで酒を飲む僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

豆腐ハンバーグ

20170717tofuhamburge.jpg
休日出勤で疲れた日。昼酒を飲んだ後、ついつい昼寝してしまい、気づけば夕方でした。
このまま休日が終わるのも、なんだか勿体ない気がします。

とは言え、凝ったご飯を作る気にはなれない、そんな祝日。こんな時は、近所のスーパーで、お惣菜を買おう

「豆腐ハンバーグ」「チキンロール」も購入。しめて500円の「酒のつまみ」です。
冷蔵庫にあったキャベツや人参を千切りにし、ブロッコリースプラウトも混ぜたら、ハンバーグの脇に。

素晴らしい、酒のつまみ。
これだけあると、なんだか嬉しくなります。がっつり酒が飲めるじゃないか、自分。

箸で少しつまんでは、焼酎をグビリ。
チキンロールをつまんで、焼酎をおかわり。
野菜にはマヨネーズをかけ、ハンバーグも一緒に食べて、焼酎をもう一杯。

自宅で酒を飲めば、500円で十二分に楽しめます。さすが、家飲み。

しっかり堪能した、休日の家飲み。やはり、休日は「これ」に限ります。

↑東京に広まるようなクリックをしていただけましたら、三好弥行脚も楽しい僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

三好弥賛辞(三好弥・八広店)

20170717miyoshiyayahiro001.jpg
昼に勤める残念な会社が、異常な程に忙しい最近。
祝日である本日、久しぶりの「休日出勤」となりました。その間、残念な社長は、自宅で寝ています。腹立たしい、、、。

とは言え、休日の誰もいない会社です。仕事ははかどるし、ストレスなく仕事が進められます。
ある程度の仕事が片付いた、そんなお昼過ぎ。そろそろ、帰ろう。

真っ直ぐ自宅に帰るのも良いのですが、ちょっと寄り道
実は、数年前から気になっていた店があるのです。

京成八広駅を下り、住宅街を進んで行くと「三好弥・八広店」があります。
近所に実家があると言う知り合いも、「なかなか入りにくい」と言う程に、一見客を寄せ付けないオーラを持っています。今日は、勇気をふりしぼって来店です。

「三好弥」は、三河出身の料理人・長谷川好弥さんが大正8年に開いた洋食屋さんです。
「安くて美味い」と評判になり、その後、好弥さんの兄弟や縁者がやって来て修行し、独立。修行と独立を繰り返して、東京に「三好弥」が広まっていったのだとか。

現在も、東京には数十店舗の「三好弥」があり、八広店もまたその系譜
老夫婦が営む、昔ながらの洋食屋さんです。ちなみに、アルコールやつまみ、中華等もあります。

さすが、下町の「三好弥」。昼から常連客が集まり、酒を飲んでいます。
端のテーブルに座った僕も、ウーロンハイと餃子を注文。軽く飲んだら、最後に〆のラーメンを一杯。

「三好弥・八広店」のラーメン。少々小ぶりながら、380円と言う安さです。
ナルトが2枚、メンマにチャーシュー、長ネギ。中太ちぢれ麺のオーソドックスな醤油ラーメンですが、、、しみじみと美味しい。これは、酒を飲んだ後に嬉しい一杯です。
いいぞ、「三好弥・八広店」のラーメン

やはり、休みの日はしっかり休み、仕事を忘れて昼から酒を飲みたいものです。

ありがとう「三好弥・八広店」。

↑東京に広まるようなクリックをしていただけましたら、三好弥行脚も楽しい僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

札幌ざるラー布教

20170716mozukuzarura.jpg
昨日の影響なのか、なんだか無性に「ざるラーメン」が食べたくなった夜。
ちょうど、冷蔵庫には「札幌熟成麺」が入っています。

「インスタントラーメン食べるよりも良いだろう。」と思い、札幌熟成麺を茹でて冷水に。
めんつゆに、もずく酢を三杯酢ごと、長ネギ、白ごま、ラー油を加えて、「ざるラーメン」の出来上がりです。
夏の暑い夜。さっぱりと食べられて美味しい。簡単に出来てしまうのもまた良い。

昨今、ざるラーメンと言えば、中華風なつけつゆが多いようです。
メンマやチャーシューが乗り、中華たれで食べる形。確かに美味しい。もずく酢にめんつゆ、ラー油もまた、冷やし中華的な味わいになります。

だがしかし、です。

「元祖・ざるラーメン」と言えば、札幌(東北でも食べられていますが、それは「ざる中華」です)。
札幌のざるラーメンと言えば、和風だしのめんつゆなのです。
もりそばや、そうめんと同じく、中華麺も和風のめんつゆ。

個人的には、中華ベースになってしまう事に、違和感を感じてしまいます。
本来、ざるラーメンは「めんつゆをベース」にする事が重要です。

、、、と、今後も「めんつゆベースのざるラー」を布教していきたいと思います。

↑布教するようにクリックしていただけましたら、ざるラーも好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

立ち蕎麦行脚「勘助の鶏つけそば」

20170799kansuke003.jpg
朝は立ち蕎麦屋、昼はランチ提供、夜は串揚げ居酒屋になる店が、曳舟にあります。
「勘助」と言うお店。約一ヶ月ぶりの来店です。

カウンター席に座り、「鶏つけそば(500円)」を口頭注文。
笑顔で答えた店長、注文を受けてから、蕎麦を茹でます。仕事も丁寧です。

どんぶりに挿したすのこに、独特の盛りを見せるのが、「勘助」の蕎麦です。前衛的フォルム。
以前食べた「豚の胡麻つけそば」と同様、「鶏つけそば」も、独特でした。

温かいそばつゆは、ザラリとした舌触り。魚粉がたっぷり加えられているようです。
ソテーされた鶏もも肉は、ゴロゴロとたっぷり盛られ、食べ応えがあります。
鶏と魚介の旨さが出たつゆに、蕎麦をくぐらせてずるり。

美味しいなぁ、これ。
これで500円と言うリーズナブルな価格設定は、本当に嬉しい。

、、、ざるラーメンでも美味しいよなぁ、これ
選べる「そば、うどん」に、中華麺、、、加えていただけたら、僕は間違いなく注文すると思います。

僕の立ち蕎麦行脚は、まだまだ続きます。

↑ワンコイン分のクリックをしていただけましたら、立ち蕎麦大好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

マグロそぼろの混ぜご飯

20170714magurosoboro.jpg
実家から送られてきた救援物資(お中元)の中には、魚がよく入っています。
母方の祖父が漁師だった事、北海道生まれ北海道育ちだった事。そういった事もあり、子どもの頃から魚はよく食べていた気がします

ただし、我が家では決まった食事しか出来ないがいます。
食物アレルギーのおかげで、決まった種類のキャットフードしか食べられないのです。
そんな達の前で魚を食べるのは、なんとも忍びない。我が家では、魚を食べてはいけない「魚ご法度の令」が発令されています。

「なんもさ。弁当作っているって言うからさ。弁当に詰めて、会社に持って行ったらイイっしょ。」

実家の母は、そう言って、毎度毎度、魚を送ってくれます。
そうです。
母は、そこまで考慮して、鮭も名前ではなく「焼いたもの」。鰤や鯖も、「煮たもの」を、送ってくれます。
自宅で調理すれば、が騒ぎます。そのまま、ご飯に乗せられる状態にしてくれる優しさ。本当にありがとう。

「まぐろの甘露煮」もまた、そんな魚の一つです。少し崩しておきます。
炒めた人参、白ごま、青ネギを一緒に、ご飯に混ぜたら、タッパーに詰めて、お弁当の出来上がりです。
「まぐろそぼろの混ぜご飯」が、本日の僕のお昼ご飯です。

ちなみに、「素早く混ぜる」と、達が気づく前に調理完了となるので、ギリギリセーフ

そう、それが我が家の「魚ご法度の令(魚取り扱いルール)」です。

↑素早く混ぜるようにクリックしていただけましたら、猫よりも魚が好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

立ち蕎麦行脚「ゆで太郎本所吾妻橋店のとり舞茸天そば」

20170713yudetarohonjo053.jpg
立ち蕎麦チェーン「ゆで太郎」にて、間もなく「YUDEフェス」の無料クーポン配布も終了です。
終了する前に、とりあえず行っておこうか?

そんな事を思い、「ゆで太郎本所吾妻橋店」へ。
久しぶりに、「とり舞茸天そば(500円)」を発券し、無料クーポンで「わかめ」も追加。「冷たい蕎麦で」と、お願いです。

テーブルがガタガタしていたため、水をこぼしてしまいました。ハプニングらしい事は、その程度です。
相変わらずの「ゆで太郎クオリティ」。しゃっきりと冷たい、茹でたて締めたての蕎麦。
久しぶりに食べたとり天は、ふっくらと美味しかったです。
以前は焦げる事が多かった「本所吾妻橋店のとり天」ですが、今回はさっくり上手に仕上がっています。

ちなみに、、、

20170713yudetarohonjo052.jpg
蕎麦の前にビールとつまみを頼み、都合、クーポン2枚ゲットしました。

僕の立ち蕎麦行脚は、まだまだ続きます。

↑安定したクリックをしていただけましたら、不安定なテーブルにイラッとした僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

大戸屋の「鶏むね肉とたっぷり野菜の香辛だれ定食」

20170712ootoya.jpg
あ!
「大戸屋」の食事が無料で楽しめる、「ハンコいっぱいになったスタンプカード」があります。

無料で一食食べられる、この魔法のカード

そんなカードの有効期限が、本日までとなっています。

これは行こう。仕事帰り、残念な会社近所にある「大戸屋」へ。スタンプカードが使えるか?確認した後、「鶏むね肉とたっぷり野菜の香辛だれ定食」を注文です。
本来ならば、税込898円の定食ですが、本日は無料。それは、スタンプカードがあるからです。
ついでに、ご飯も大盛りにしてしまうのが、貧乏性な僕です。

自宅で食事をすれば、こんなにも多くの野菜を摂るのは、なかなか難しいものです。
「せっかくだから」と、野菜たっぷりなメニューを選びましたが、、、大盛りのご飯。なんとも、バランスが悪い
ご飯が余ってしまいます。これはイカん

大戸屋と言えば、大豆入りのごま塩。ご飯にかけ、味噌汁、おしんこでご飯を減らします。

、、、、この流れ、前回も同じだったなぁ、、、、

大豆入りごま塩で大盛りご飯。おかずを食べて、お茶をすすり、終了

大戸屋のスタンプカードが、これでなくなってしまいました。
残念ですが、しっかり堪能しました。今度は、また朝ごはんを食べに行こう

↑スタンプを押すようにクリックをしていただけましたら、安い朝定食ばかりの僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

悲しみのチンジャオ

20170710chinjao.jpg
今から20年程前、上京したての頃。よく行く中華屋さんがありました。
隣駅の角地にあった、小さな中華屋さん。冷やし中華が、なんとも懐かしく美味しかった記憶があります。
それと、チンジャオロースー。大量のピーマンと細切り牛肉で、「ほぼ緑」と言う、インパクトの高いものでした。
ピーマン好きの僕でも、「ピーマン多いっ!」と驚いたものです。

そんな中華屋さんですが、数年ぶりに店の前へ行った所、閉店の貼紙が貼ってありました。
今年の4月いっぱいで閉店
大変残念です。もう少し早く、店を通っていたら、間違いなく、あのチンジャオを食べたのに、、、

そんな残念な気持ちも込めて、自宅でチンジャオロースーを作った僕。
我が家のチンジャオは豚肉に、もやし入りです。ピーマンだけよりも、少しだけ経済的です。

上京当時は、月3万の風呂なしボロアパートで、ガスコンロもなく、炒め物なんてやる事もありませんでした。
それが今では、中華料理を普通に炒めているオジサン(僕)成長したね、自分。

隣駅にあった、小さな町の中華屋さん。お世話になりました。本当にお疲れ様でした。
僕は今も、東京で頑張って生きてます。チンジャオロースーも、作るようになりましたよ、、、、オバちゃんのチンジャオと同じく、タケノコは入っていないけど

↑タケノコを加えてクリックしていただけましたら、チンジャオ炒める僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

魚介で忘れる

20170710sei002.jpg
残念な会社にて、残念な社長の理不尽があった日。
カチンときたので、今夜は飲みたい。、、、いや、「今夜も」酒が飲みたい

久しぶりに、海鮮系の某居酒屋へ。たまにお世話になる、立石にある居酒屋さんです。

魚の美味しい店です。何を食べても間違いがありません。
お通しに出てきたのは、「梅水晶」。お、無性に食べたかったんだよなぁ。タイミングが良かった。

とりあえず、焼酎と、、、とびうおつぶ貝に、ホヤも頂こう。

「カンパチ、おまけです。」と、店長。すみません、ありがとうございます。
久しぶりに来たのに、なんとも優しい店長。

それにしても、さすがに一人では多い量です。誰か呼んで、一緒に楽しもう。
飲み仲間の兄さんへ連絡。「たまには飲みましょう。」飲み仲間の兄さんと会うのもまた、なんだか久しぶりな感があります。

しこたま飲んで食べて、楽しい夜でした。
店長、飲み仲間兄さん、本当にありがとうございました。
おかげで、残念な社長の理不尽も、すっかり忘れてしまいました。よかったよかった。
20170710sei.jpg
ホヤも美味しかったです。

↑美味しい魚介でクリックしていただけましたら、魚は外で食べる僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

立ち蕎麦行脚「ゆで太郎築地2丁目店のもりたま」

20170709yudetarotsukiji2chome001.jpg
休日の朝は、立ち蕎麦行脚しよう。
そう思った、立ち蕎麦好きの僕。今週も、残念な会社から支給された定期を使い、ウォーキングも兼ねて行脚です。

「ゆで太郎築地2丁目店」があります。
知り合いが、「良い店」と言っていた、築地2丁目店。ビルの外壁工事をしていましたが、店は営業しているようです。

さすが、築地2丁目店。朝から、客がわんさか。忙しそうです。

券売機で「もりそば(320円)」を発券し、「生たまご」の無料クーポンと合わせて「もりたま」のお願いです。
タイミングが良かったのか、店のオヤジさんは仕事が丁寧です。
たまごは、器に割って入っていました。揚げ玉と一緒に、そばちょこの中へ。

美味しい。
しっかり締められた、茹でたての蕎麦が美味しい。もりたまに揚げ玉、イイ組み合わせです。

蕎麦をすすっていると、店のオヤジさんの大きな声が聞こえます。
「満腹海老天丼セットに舞茸天ね〜!」
お昼前の午前10時過ぎ。凄い重い注文をする人もいるようです。凄いなぁ、、、

海老天4本に野菜天のがっつり海老天丼と蕎麦のセット。さらに、舞茸天も追加
まだまだ朝サービスが提供される時間に、1000円。凄いなぁ。

ちなみに僕は、未だ880円の「ゆで太郎の満腹セットシリーズ」に、手を出せないでいます。

僕の立ち蕎麦行脚は、まだまだ続きます。

↑券売機のボタンを押すようにクリックしていただけましたら、満腹セットのボタンが押せない僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

アサリとキャベツの酒蒸し

20170708sakamushi.jpg
実家からたくさんの救援物資を頂きました。
すぐに食べきれる訳でもないので、冷凍庫に保存しておくのですが、、、マズい。そろそろ整理しなくては。

そんな時に、冷凍されたあさりを発見しました。
あさりと言えば、やっぱり「酒蒸し」でしょうか。
以前、某居酒屋チェーンで食べた「あさりとキャベツの酒蒸し」を作ろう。

アサリと刻んだキャベツ。鍋に入れて軽く炒め、お酒を加えて「酒蒸し」に。
めんつゆやバター、おろしにんにくで味付けしたら、青ネギをちらして出来上がりです。
今日の酒のつまみは、これだけで充分でしょう。

、、、美味しい。あさりの酒蒸しだけでも美味しいのに、溢れ出た煮汁を吸う、このキャベツがまた美味しい
このキャベツだけで、ご飯2膳くらい食べられるのではないだろうか?そのくらい、美味しい
アサリの煮汁に、めんつゆとバター、にんにくですもの。そりゃ美味しい。

酒を飲まず、一気に完食してしまった「あさりとキャベツの酒蒸し」

むぅ、、、何か、酒のつまみを作ろうか?


↑煮汁を吸うようにクリックしていただけましたら、食後に卵焼きを焼いた僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

北の国から2017〜御中元〜

20170708kitanokunikara2017.jpg
「お中元、送っておいたから」

実家の母からメールが入ったのは、昨晩コインランドリーで洗濯をしていた時の事です。
しっかり時間指定もして頂いたので、その間は自宅にいよう。

等と昼酒を飲んで、気づかぬ内に、寝ていました。玄関のチャイムで起きた僕。

「食品を少し送った」と言っていましたが、なんともスゴい量です。実家、ありがとう。
大好きな干し鱈もあります。これは、どこかの店か知り合いの家に持って行こう。そして、酒を飲もう
焼いた鮭、鰊と姫竹の煮物、鯖のみぞれ煮は、お弁当に持って行こう。なんだか、魚ばかりだなぁ、おい
その他、レトルト食品や、母の作ったお惣菜、月寒あんぱんやべこ餅、行者ニンニクや山わさび等、北海道らしいものがたくさん入っていました。
改めて言おう。実家、ありがとう。

早速、実家に御礼の電話をした僕。

お母さん、いつもありがとう
「すじこ」ではなく、「スズコ」とタッパーに書いている辺り、なんとも母らしく、なんだか嬉しくなります。そうそう、田舎じゃ、イントネーションも違うんだよなぁ「スズコ」

↑北の方からクリックしていただけましたら、元道民の僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ