Latest Entries

そば処赤坂長寿庵京島支店のもりそば

20180222chojuankyojimashiten001.jpg
300年の歴史がある蕎麦屋「長寿庵」ですが、しっかりとした組合があり、現在は「釆女会」「四之橋会」「十日会」「実成会」4つの会派に別れています。
この系譜を見るだけでも楽しく、どの会派から調べるのも、ライフワークのひとつとしています。

「赤坂長寿庵京島支店」は、その名の通り「赤坂長寿庵」から暖簾分けようです。
昭和2年、吉田寅次郎氏から暖簾分けした渡辺藤蔵氏が開業した「赤坂長寿庵」は、「三日会」の総本山
この「三日会」と、木挽町で開業した天野正吉氏の「正長睦会」のふたつを合わせて「十日会」となっています。

この京島支店も、「十日会」の会派。壁を見ると、年季の入った「十日会の系図」が飾ってあります。おぉ、、、じっくりと読み込みたいものです。

「若鶏のてりやき(400円)」を食べつつ酒を飲み、締めに「もりそば(500円)」を注文。
蕎麦粉7:小麦粉:2、タマゴをつなぎとした、コシのある手打ちは、美味しい蕎麦でした。

「もやしそば(750円)」「熱野菜(800円)」等、長寿庵らしい変化球メニューもあるし、これはまた来よう。

そして、系図を読み込もう

↑会派関係なくクリックしていただけましたら、長寿庵調べも好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

銀行からのお知らせ

20180222iphone.jpg
残念な会社で仕事をしていると、置いてあった僕のスマホブルブルっと振動しました。
基本、僕のスマホは「常にマナーモード」です。

どうやら、「三菱東京UFJ銀行」の名称変更のお知らせのようです。
今年の4月1日に、銀行名が変わるそうで、そのお知らせが入ってきましたが、、、

「三菱東京UFJ銀行は、三菱東京UFJ銀行に。」

二度見してしまいました。
この「禅問答」のようなメッセージ。三菱東京UFJ銀行が、新たに「三菱東京UFJ銀行」になると言う、不思議なメッセージです。

どういう事だろう?

「気持ち新たに、心を入れ替えて、これからも精進します」的な、リフレッシュな宣言なのでしょうか。
「時代は変わっても、我々は変わらない」的な、伝統を重んじる宣言でしょうか。

「三菱UFJ銀行」に名称変更する事は、前々から知っていましたし、特に批判するメッセージでもありません。間違いは誰にでもありますし、不利益な間違いでもない。
当然、憤慨する事でもありません。

ただ、、、個人的に「おいっ!っとツッコミを入れたかった」だけです。

↑ツッコミを入れるようにクリックしていただけましたら、メッセージ一文で色々考えてしまった僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

えのきバラ

20180221enokibaramaki.jpg
安かったので購入した「えのき茸」を、すっかり忘れていました
少しヨレかかっています。これは、早めに消費しよう。

適当に裂いて、薄切りの豚バラで巻いたら、フライパンで焼きつつ塩コショウ。
器に盛って「えのきバラ(豚バラ巻き)」の完成です。

ザクッとした食感が美味しいのですが、なかなか噛み切れず、えのきが歯の間に挟まるのは、年をとったからでしょうか。
ただ、塩コショウだけで味付けした、シンプルな「えのきバラ」は美味しい
カリっと焼けた豚バラもまた、えのきと良く合います。

また、巻こう。また、焼こう。

そして、また歯に挟めよう。


↑挟まるようにクリックしていただけましたら、きのこも好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

カレーチャーハン

20180220hourai027.jpg
カレーチャーハンとドライカレーの違いは、なんでしょう?

先日、たまに行く中華屋さんで、カレーチャーハンを食べていた時、ふと、そんな事が頭を駆け巡ったのです。

あれ?ドライカレーって、、、なんだ?

愛読書でもある漫画「クッキングパパ」では、たしか、ピラフ的な作り方をしていたような気もします。
ただ、子どもの頃に、給食で食べたドライカレーは、挽肉でポロポロになったカレーライスだったのではないでしょうか?
、、、今食べている、このカレーチャーハンは、ドライカレーなのか?

なんだか、頭がこんがらがってきたので、調べてみました。
ウィキペディアによると、挽肉タイプ、炒飯タイプ、ピラフタイプがあるらい。
日本で独自に発展したカレーライスのひとつが「ドライカレー」であり、その「ドライカレー」は、色々なタイプがあるようです。

結局、トロミのついたルーをかけるタイプではないのが、ドライカレーであり、この中華屋さんのカレーチャーハンもまた、ドライカレーのようです。

とりあえず、名前は良しとして、たまに行く中華屋さんのカレーチャーハンは、家庭で出て来るお母さんの味的美味しさで、ビールにも良く合います

↑ビールに合うようなクリックをしていただけましたら、どんなカレーでも大好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

トリカタ焼き

20180219torikata.jpg
鳥もも肉よりも安い、鶏の肩肉
胸肉よりも若干高価な部位ですが、大好きな部位でもあるので、ついつい購入してしまいました。

細かく刻んで炒めたら、最近食欲が落ちている、我が家の次男のご飯に。
残りの肩肉は、一口大に切り、コンガリ焼きます。キツメの塩コショウとおろしニンニク、刻みネギを加えたら、器に盛って「鶏肩焼き」出来上がりです。

特にこだわりはありません。
コンガリ焼いて、キツメの塩コショウだけで、とても美味しい
鶏油と共に流れ出る、肉汁。ご飯にそのまま乗せても美味しいだろうなぁ。

「自分の分の鶏肉」を食べ終わった次男が、飼い主(僕)の分も狙っていますが、さすがにここは防御です。
酒に合うよう、過剰に塩辛い上、ネギもたっぷり入っています。お前は絶対食べられないものだぞ、次男

長男も狙って来ているので、二匹に焼酎の臭いを嗅がせて、鶏肩を防御する夜

↑防御するようにクリックしていただけましたら、鶏肩にハマる僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

ちくわ入りたぬき飯

20180219chikuwatanukimeshi.jpg
「ちくわ」の賞味期限が切れてしまいました。
我が家の次男が大好きなのですが、病気がちの為、ちくわが多々余っています。しかも、賞味期限切れ
賞味期限の切れたちくわは、飼い主(僕)が食べます。

刻んだちくわと揚げ玉、青ネギ、白ごまをご飯に混ぜ、めんつゆと塩で味付け。
「ちくわ入りたぬき飯」が、本日のお弁当です。
会社に持って行き、常備してあるインスタント味噌汁にたぬき飯で、お昼を済ませよう。

混ぜご飯は、それだけで箸が進み、おかずもいらないので大変便利です。
ズボラな僕でも、朝の数分で出来てしまう、簡単な所も有り難い。

何より、賞味期限の切れたちくわが、消費されてしまう事がありがたい

ここ最近、次男は飽きてしまったのか、まだまだ具合が悪いのか、ちくわ欲が低いように見えます。
以前は朝から晩まで鳴き叫び、ちくわを要求していたのですが、今は刻んだちくわをあげても、匂いをかぐだけでガッツキません。

ただ、焼いた鶏肉はガッツイていたので、たぶん、飽きたのでしょう。
余ったちくわ、どうしようか?悩むバカ飼い主(僕)

↑ちくわでクリックしていただけましたら、練り物好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

町中華で昼酒大会

20180218yokien005.jpg
お昼前、お世話になっている方に誘われて、東四つ木にある中華屋さんへ。
地元の方々が愛する、昔ながらの町中華なお店です。

店に入ると、知り合いが先に来ていたのですが、、、大混雑です。
数組のお客さんが、入れずに帰っていく勢い。凄い人気だなぁ、、、。

知り合いと一緒に、瓶ビールで乾杯
満員大混雑の店内ですから、料理の注文は、落ち着いてからにしよう、、、と話しつつ、お通しの沢庵を食べながら、昼酒。酔いも、早そうです。

とりあえず、落ち着いた頃に「ギョウザ(450円)」を3人前頼んだら、とんでもないてんこ盛りがやってきました。
大ぶりなギョウザが、雑にわちゃっと盛られていて、なんとも食欲そそります

薄い皮が、つるりと柔らかい、個人的に好きな食感です。
タネはニンニクの効いた、ボリュームのあるもの。噛むと、じゅわりとスープが流れ出てくる、美味しいギョウザです。

ガバガバと酒を飲みながら、その後も「カニ玉(1100円)」「五目カタ焼きそば(850円)」等を食べ、お腹いっぱいの昼酒。

締めに「みそラーメン(700円)」も食べて、がっつりご馳走になりました。
本当にありがとうございました。

↑大ぶりなクリックをいただけましたら、町中華も大好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

ちくわのカレー炒め

20180217chikuwaitame.jpg
「ちくわ」の賞味期限が切れてしまいました。
我が家の次男が大好きなのですが、病気がちの為、ちくわが多々余っています。しかも、賞味期限切れ

賞味期限の切れたちくわは、飼い主(僕)が食べます。
斜めに切って焼き色を付け、カレー粉とめんつゆで味付けして、「ちくわのカレー炒め」完成です。

酒のつまみは、このくらいシンプルなものでイイ
ピリッとスパイシーなカレー粉に、ちくわの甘い味わいが良く合います。サラダ油の代わりに、マヨネーズで炒めても美味しいでしょう。

ちくわ、、、イイなぁ。
次男も一緒にちくわが食べられると、バカ飼い主(僕)は、とても嬉しい

まだまだ余る「賞味期限切れのちくわ」ですが、賞味期限関係なく、僕は食べ続けます

↑カレー粉で炒めるようにクリックしていただけましたら、練り物好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

コインランドリー

20180217sentaku.jpg
ここ最近、自宅近所では、コインランドリーの新規オープンが目立ちます。
一人暮らしで、洗濯機を持たない人が、増えて来たのでしょうか。一人暮らしのオジサン(僕)もまた、コインランドリー派です。一人分の洗濯物は、水道代、電気代、乾燥時間等を考慮すると、コインランドリーの方が便利がイイ。

先日も、新しいコインランドリーがオープンしました。
各店舗により、かかる費用、洗剤の有無、使い方も違いますので、一度確認する必要があります。

仕事帰りに新店舗へ寄り、確認した所、「2月いっぱいまで半額セール」を行っているようです。
100円で10分稼働するガス乾燥器が、100円で20分回るとの事。これは、お得です。

そんなこんなで、洗濯に向かった休日の朝
やはり、新規店舗なので、店内はキレイで、他店とは違う「BGM」が流れています。
珍しい。少々やかましいくらいです。

洗濯後、乾燥器でしっかり乾燥。今回の洗濯は、いつもより安い費用で済みました。

それにしても、最近増えているコインランドリー。個人的には、有り難い。

↑乾燥器を回すようにクリックしていただけましたら、コインランドリー歴21年の僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

干物切った包丁

20171202ootoya006.jpg
※写真は、以前食べた大戸屋さんの「さばの炭火焼き定食」です。

未だ昼に勤める残念な会社にて、久しぶりに食事に誘われました。
あの、「自称・食通」「わがままな舌を持つ男」と自分で言うわりに、味の違いが一切わからない「残念な社長」の誘いです。

「以前から、お前が気にしていた」と言う、会社近所に新しく出来た食堂へ。
ちなみに、僕は気にしていません

鯖やほっけ、いわし等の干物をメインとした食堂で、炭火で焼いたこだわりの定食なのでしょう。
「サバの文化干し定食」を注文したら、シンプルな定食が出てきました。
サバの文化干し、ご飯に味噌汁、大根おろしと沢庵。

パクパクと食べていると、目の前で同じ定食を食べている「自称・食通」の残念な社長が、食通らしき批判を始めました。それは、角切りの業務用沢庵をひとつ食べて。


「うわ、、、。干物を切った包丁を洗わず、そのまま沢庵切りやがった。沢庵が生臭くて、食べれたもんじゃない。」

最近、あまり残念な社長の話を聞かなくなった僕ですが、さすがのポンコツ具合に硬直してしまいました。
相変わらずの、「恥ずかしい勘違い発言」です。


干物に包丁入れる事はないし、食べている鯖の文化干し(半身)にも、包丁を入れた痕はないだろう。
そりゃ、包丁で半身にしてから干すはずだが、店で干しているはずがない。自家製の干物であれば、店が自慢げにメニューへ記載するでしょう。
バカな社長が言う、干物を切ったと言う包丁。そして、包丁痕のないサバの文化干し

沢庵に生臭さを感じたのは、鯖を食べた箸で沢庵をつまんだからじゃないのか?

店員に「沢庵を切る時は、干物を切った包丁使わない方がイイよ。」と、偉そうにアドバイスしていましたが、店員さんは苦笑いするだけでした。

さすが、「自称・食通」のバカです。

↑干物を切らずにクリックしていただけましたら、自称食通の残念な社長にストレスが溜まる僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

豚と高菜のつけ麺

20180215takanasoborotsukemen.jpg
水で薄めためんつゆに、豚挽肉と高菜を投入。

、、、、さて、どうしようか? 無計画にも程がありますが、弱火で煮込みながら熟考です。

とろみをつけて、ラー油、刻みネギを加え、茹でた中華麺を添えて「つけ麺」にしてみました。
「豚と高菜のつけ麺」の完成です。

ラー油と豚挽肉の旨味が、めんつゆを「中華風」にしてくれます。
とろっとしたおつゆが、中華麺に絡んで美味しい。そう言えば、「元祖・つけめん大王」のつけめんは、五目のトロミがあるつけつゆだったなぁ、、、。

ん?、、、あ、これは「お酢」を加えた方が良さそう。
食べている途中に、お酢を大さじ1程度投入。おぉ、この酸味。イイじゃない。

食べている間も、無計画に味付けしていく、だらしないオジサンの所業
美味しかったから良しとしましょう。

ちなみに、中華麺は「重曹を加えたお湯で茹でたスパゲティ」を使用しております。

↑計画的にクリックしていただけましたら、いつも無計画な僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

もやし入りオムレツ

20180214moyashiom.jpg
大変重宝する、「豚コマともやしの炒め物」。安くて簡単なので、ちょくちょく作ります。

酒のつまみに炒め、倍量炒めておいて、翌日のお弁当に。
お弁当に入り切らなかった、若干量の「くったりもやし炒め」が、冷蔵庫に眠っています。

包みましょう。 まとめましょう。

溶き卵で薄焼きに焼いたら、もやし炒めを乗せてくるりと巻きます。
「もやしオムレツ」の出来上がりです。

くったりしつつも、シャクシャク感の残るもやしに、甘めの味付けをした薄焼き卵が美味しい。

もやしを十二分に堪能した、一日と一晩
だんだんと「もやしの味」に飽きてきましたが、まだまだ食べようと思う、貧乏人(僕)

↑堪能するようにクリックしていただけましたら、もやし率の高い僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

宝盛庵のたぬきそば

20180214hoseian001.jpg
僕が住む酒飲みの街「葛飾区立石」より、京成押上線に乗って3駅。「京成曳舟駅」があります。
そんな「京成曳舟駅」の近くにある、「宝盛庵」へ行きました。



敷居の低い、下町によくある地元密着型のお蕎麦屋さんで、
以前から気になっていたのです。

「鳥焼・たれ(500円)」で蕎麦前。
日本酒が苦手なので、ここは「ウーロンハイ(450円)」を。

下町らしく、焼酎が濃くて良いです。
串打ちしていない「鳥焼」は、ボリュームもあります。



〆に「たぬきそば(650円)」を注文。


下町らしく、少し柔らかめなもちっとした蕎麦かな?と思っていたのですが、どうやら違うようです。


ざらっとした舌触りのある、細い蕎麦。お出汁との相性も良いようです。

揚げ油のゴマ油を使っているのでしょうか。

揚げ玉は、少し色の濃い揚げ色で、香りが良く、これもまた良い塩梅です。

白いかまぼこに、茹でたほうれん草。オーソドックスで特徴のないタネですが、たぬきそばの王道と言えるタネ。


美味しい。

良い蕎麦に出会えました。


しみじみと美味しい一杯でした。
さてさて、再び電車に乗って、家に帰ろう。

↑ぽんぽこクリックしていただけましたら、たぬきそばも大好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

ちくわのネギ焼き

20180213negiyaki.jpg
「ちくわ」の賞味期限が、切れてしまいました。
我が家の次男が大好きなちくわですが、病気のため、今現在は食べられない状況で、大量のちくわが余っています。
しかも、賞味期限切れ


そんな賞味期限の切れたちくわは、飼い主(僕)が食べます
長ネギと一緒に小口切りにし、卵、揚げ玉、小麦粉を少々加えてしっかり混ぜたら、コンガリ焼いて「ちくわのネギ焼き」完成です。
本日は、醤油にマヨネーズで。

ちくわ、美味しいなぁ。
ネギの香りもまた良く、高校生の頃、修学旅行で食べた「京都のネギ焼き」を思い出します。
九条ネギを食べたのも、ネギ焼きと言うものを知ったのも、あの時の事です。

ネギの香りと甘味。そして、ちくわの旨味。
焼酎もぐいぐい入ります。

まだまだ余る「賞味期限切れのちくわ」ですが、賞味期限関係なく、僕は食べ続けます

↑期限切れの前にクリックしていただけましたら、練り物好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

京島やぶ成のラーメン

20180212yabushigekyojima001.jpg
良い店を見つけました。

残念な会社へ休日出勤した帰り。お昼前の時間、京成曳舟駅で途中下車し、「京島やぶ成」へ。

ラーメン提供のあるお蕎麦屋さんですが、ラーメンを注文する前に酒を飲もうと「瓶ビール(450円)」を注文したら、お通しが3皿出てきました。
冷凍のマグロ2切れ、きのこ入りもずく酢、炒めた豚バラ。お通しで600円くらい取られるのかな?と思ったら、酒を頼むと無料で付くようです。

さすが下町。さすが曳舟。この大盤振る舞いは、下町らしい。
昼前、すでに数人の地元客が、酒を飲んでいるのも、下町らしい。

焼酎の濃い「麦ハイ(麦茶ハイ・350円)」を2杯、土鍋いっぱいの「おでん(350円)」を追加した後、目的の「ラーメン(450円)」を注文です。

蕎麦屋によくある、独特の臭みは一切ない、すっきりとした醤油ラーメン
麺はストレート麺。タネは、長ネギ、メンマ、ナルト、チャーシュー、板海苔。
チャーシューの周りが赤く色づいているあたり、なんともイイ感じの昭和感を感じます。程よく柔らかく、程よく噛み応えのある美味しいチャーシューです。これで450円は、大満足の一杯。

何より、酒飲みには素晴らしい店です。
お通しは無料、おつまみは200円から。そして、焼酎が濃い。
これはまた、是非行こう。

ご馳走様でした。

↑お通しだけで酒を飲むようにクリックしていただけましたら、再び途中下車するであろう僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

豚もやし炒め

20180211moyashiitame.jpg
無駄に「肉野菜炒めの素」がたっぷりある我が家。
以前、美味しい肉野菜炒めを作ろうと、「肉野菜炒めの素」を作ったのです。その後、さらに「ベル食品・肉野菜炒めの作り方」も購入

今現在、我が家には、たくさんの「肉野菜炒めの素」があります。


以前作った「素」は、だいぶ味がこなれてきたはずです。今こそ、使おうじゃないか、自分。
とは言え、野菜は未だ高額商品で、なかなか購入できません。
安くて便利な「もやし」を購入してきました。

細切りした豚コマと、もやしを炒めて塩コショウ。作っておいた「肉野菜炒めの素」で味付けして、「豚もやし炒め」の完成です。

以前食べた肉野菜炒めよりも、味が良くなったでしょうか。
自家製の「素」が、熟成されたのかもしれません。

美味しいぞ、豚もやし。

↑もやしのようなシャキシャキしたクリックをしていただけましたら、未だ熟成されない僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ