Latest Entries

長寿庵調査「長寿庵柳ばし本店の中華そば+半ライス」

20170921chojuanyanagibashi006.jpg
最近、「ラーメンライス」の食べ比べが楽しくなっている、そんな自分がいます。

昔ながらの蕎麦屋さんは、中華そば提供店も多いもの。
そういえば、昭和モダンな「長寿庵柳ばし本店」もまた、中華そば提供店だったはずです。仕事帰りに、行脚。

300年の歴史を持つ長寿庵。長寿庵協同組合4会派のひとつ、「実成会」の総本山が、「長寿庵柳ばし本店」です。
メニューは洋食メニューも多く、店内もまた昭和モダンです。コカコーラの冷蔵庫が鎮座しています。

メニューを確認し、「中華そば(620円)」「半ライス(190円)」を口頭注文です。
店内にある小さなテレビで、大相撲を見ながら待っていると、お盆に乗ってやってきました。

麺は平たいストレート細麺。乗るタネものは、茹でほうれん草にナルト、メンマ。昔ながらのパサつきあるチャーシューと刻み長ネギです。
プツンと麺を噛み切ると、程よい食感を感じます。

なにより、このスープが和風でイイ
「中華そば」ですが、ベースは「長寿庵のかけそば」なんだと思います。思いっきり、和風そばつゆ寄り。甘みがあって、獣肉スープ感が薄い。
このスープ、、、ご飯に合わない訳がありません。

半ライスと言いながら、量は150gオーバーかと思います。お茶碗にこんもり。多いなぁ、、、
きゅうりのお香こ、沢庵が、共に2切れ。

昭和モダンの雰囲気が強い長寿庵の店内で、和風香る中華そば。なんとも、オツな一杯でした。

↑獣肉スープ感薄めでクリックしていただけましたら、ラーメンライスが好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

ハマる!日高屋飲み

20170920hidakaya.jpg
「日高屋飲み」は、楽しい。

酎ハイが260円。餃子が6個で220円。
480円で、餃子と酎ハイが楽しめます。500円玉が3枚あれば、締めのラーメンまで食べられるのが、「日高屋飲み」

おつまみメニューも色々とある日高屋ですが、最近、ハマり気味の日高屋メニューがあります。

それが、「ポテサラ(190円)」「やきとり(170円)」です。合計360円。

コショウをたっぷりかけたポテトサラダに、焼き鳥を少し乗せ、パクッと食べてから酎ハイをグビリ。
ポテサラにかかった焼き鳥の甘辛いたれがまた、美味しい
焼き鳥には、刻んだ長ネギがからみ、そこにラー油を加えても美味しい。ポテサラには、キャベツが付いています。

素晴らしき、「日高屋飲み」

いつか、「バクダン炒め(510円)」で酒を飲もうと思いつつ、いまだ注文した事がありません

ついつい、安いつまみを数点頼んでしまう。それが、です。

↑500円玉でクリックしていただけましたら、日高屋飲みも好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

しいたけのバター醤油焼き

20170919shiitake.jpg
たまに「生しいたけ1パック」が、100円で売られている時があります。
そんな時は、もちろん買ってしまうのが、です。

石突の汚れを取り、二つに割いたら、バターを溶かしたフライパンでこんがり焼き、醤油を垂らして出来上がり。
「しいたけのバター醤油焼き」が、本日の酒のつまみです。

美味しい。しいたけのグアニル酸、素晴らしい。
焼酎の麦茶割りを飲みつつ、しいたけをパクリ。この、しいたけの食感がまた好きだったりします。

そういえば、実家の父は秋になると山菜採りに行き、夜になると採ってきたきのこをバター醤油で炒めて、晩酌のあてにしていました。
齢41となった僕もまた、今、自分の父親と同じ事をしています
ただ、父のように山菜採りには行けませんが、、、

8つで100円の生しいたけ。それだけで嬉しくなるのは、そんな父との思い出が蘇るからかもしれません。

また買ってこよう。

↑ソテーするようにクリックしていただけましたら、しいたけ好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

立ち蕎麦行脚「丸八そば船堀店の冷したぬきそば」

20170918maruhachifunabori001.jpg
台風の過ぎた、天気の良い日。自転車に乗って、「丸八そば船堀店」へ行ってきました。

カウンター席のみの店内へ入り、季節のおすすめらしい「冷したぬきそば(390円)」を口頭注文です。
どうやら、給水器は故障しているらしく、給水器の横にピッチャーが置いてあります。

セルフで汲んだ水を飲み、メニューを見つつ待っていると登場した「冷したぬきそば(390円)」
丸八お母さんの優しさを感じる、蕎麦でした。

丸八特有の冷凍麺を、注文の都度茹でている蕎麦は、わずかなニチャリ感を感じる、少し噛み応えある蕎麦。
揚げ玉には、春菊やネギの破片らしきものが見えます。
茹でたほうれん草とかまぼこの彩りが、丸八らしい美味しい。

さすが。丸八そばは、定食のバラエティさや、酒のつまみも充実しています。
朝から酒を飲む地元の常連客もいますし、定食を頼み、スポーツ新聞を読むお爺さんも。
あたたかい雰囲気が店内に広がるのは、おばちゃんが切り盛りする丸八らしさかと思います。

丼に残った揚げ玉も、ジャバジャバっと食べて、食後に支払い。
ご馳走様でした。

「丸八そば完全制覇」まで、残りは砂町本店のみになりました。
、、、3店舗だけですが。

僕の立ち蕎麦行脚は、まだまだ続きます。

↑ジャバジャバっとクリックしていただけましたら、本当は休日出勤するはずだった僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

鶏肩肉の焼鳥・蕎麦屋風

20170917yakitori.jpg
スーパーの精肉コーナーを見ていたところ、「鶏の肩肉」と呼ばれるお肉が売られていました。
よく見て見ると、「手羽の根本にある肉で、わずかしか取れない希少部位」と説明があります。

個人的に気になったのは、その価格です。鶏胸肉より高く、豚コマよりも安い。
希少部位だからと言う訳ではなく、その安さについつい購入した僕。ようし、今夜甘辛いタレの焼鳥を焼こう。

我が家で焼く焼鳥は、当然「串打ち」をしません。
フライパンで、野菜と共に焼き、めんつゆとみりんで甘辛く味付けした「蕎麦屋の焼鳥風」です。
4つに裂いたしいたけと、長ネギの青い部分も一緒に焼き、今日は和辛子を添えて。

おぉ、肩肉、美味しいじゃないか!
詳しい味の違いはわかりませんが、胸肉よりもコクがあり、もも肉よりもサッパリ。
ぎゅぅぎゅぅした食感がたまりません。個人的に、焼鳥はももよりムネが好きです。

甘辛たれは簡単なものですが、それでも美味しい
和辛子のピリッとした辛味がまた、良い仕事をしています。

また売っていたら、買おう。安い「鳥の肩肉」。

↑追加のクリックをしていただけましたら、やっぱり飲み過ぎた僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

コロッケは高級であってはならない

20170916korokke.jpg
コロッケは、高級であってはならない。

コロッケが好きで、過去、何度となく語ってきたコロッケですが、今日もやはり買ってしまった。隣町にある、安い総菜屋さんのコロッケ1個30円、3個で90円。

甘くチープな味わい、若干のミックスベジタブルが入っただけの、シンプルなコロッケ
これが、すこぶる美味しい

ジャガ芋がゴロゴロ、A5ランクの和牛入り。
いやいやいや。コロッケには、その高級感はいりません

肉じゃがコロッケに入ったお肉はわかります。コロッケを「肉じゃが風」に仕上げているのです。お肉は入るでしょう。

ただし、コロッケ
お肉が入っていないから、「これはダメなコロッケだ」とレッテルを貼るような事は、僕は出来ません

コロッケの主役は、あくまでジャガ芋であり、であり。
ラードで揚げた事で、十分に豚肉のコクをまとう、そのくらいがちょうど良いと思うのです。

100円で3個買えてしまう、安いコロッケ。イイなぁ。
例え、お惣菜屋さんのお姉さんが綺麗じゃなくても、また買いに行こう

決して、お惣菜屋さんのお姉さんが綺麗だから、買いに行っている訳ではありません。
安いコロッケのために、僕は店に行くのです。

↑コロッケを頬張るようにクリックをしていただけましたら、コロッケと綺麗なお姉さんが好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

こてっちゃん

20170915kotecchan.jpg
最近、すっかり「ホルモン系」に目覚めた僕。
忘れていました。それは、「こてっちゃん」の存在です。

味付きボイル豚ホルモン。
フライパンで炒めるだけで、良い酒のつまみになる、あの「こてっちゃん」です。
CMで、田中真弓さんが、「こてっちゃん〜♪」と叫んでいた事を思い出します。
財津一郎さんが出ていたっけか?

こてっちゃんだけでは足りないと思い、ニラと玉ねぎでかさ増し
かさ増しした分、塩コショウとめんつゆで味付けして、完成です。

レバーとニラなら「レバニラ」。ハツとニラなら「ハツニラ」
こてっちゃんとニラなら、「こてニラ」でしょうか。

美味しい。
豚ホルモン独特の臭みに、ニラのパンチ力。玉ねぎの甘味。
どこか、北海道らしさが見えます。そうそう、北海道にいた頃、豚ホルモン(塩ホルモン)をよく食べていました。

美味しい。そして、ホルモンは焼酎がピッタリ。良く合います。

ありがとう、こてっちゃん。ありがとう、田中真弓さん。

↑ゴムゴムの銃でクリックをしていただけましたら、僕はヒンベエと一緒に喜びます。すみません、ありがとうございます。
※わからない方は、スルーしてください。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

らーめんほうらいの塩らーめんライス

20170914hourai004.jpg
仕事帰り、ついつい寄ってしまった「ほうらい」。なんだか最近、気になっています
特別な美味しさがある訳ではありませんが、昔ながらのシンプルなラーメンが、なんだか無性に食べたくなる最近。
静かな店内に入り、「塩ラーメン(480円)」「半ライス(150円)」を注文です。
僕にとって、「ラーメンライス」は、手の届くご馳走。やはり、この構成は、昭和の香りを感じさせます。

以前食べた、醤油味の「ラーメン(480円)」と、具材の構成は同じ。単に、鶏ガラベースの塩スープに変更になっただけです。実にシンプル。
あっさりして美味しい。

そして、「半ライス」です。「半ライス」の量が「半」ではないような気がします。
普通盛りではないのか?しっかりたっぷり、お腹いっぱいの量です。きゅうりのお新香付きで、これもまた嬉しい。

今日も、ごちそうさまでした。

熱々のスープをすすり、熱々のご飯を頬張り、口の中を火傷してしまいましたが、また来よう。
そして、今度は「ライス(200円)」を頼んでみよう。

↑火傷しそうなクリックをしていただけましたら、ラーメンライスが大好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

豚バラ焼いたの

20170913butabara.jpg
何か、酒のつまみはないだろうか?、、、と、スーパーを物色中。
「焼肉用豚バラ」が売っていました。250円程度。

サッと焼けば、それだけで十分な「酒のつまみ」なのではないでしょうか。
両面コンガリと焼き、塩コショウ。最後に醤油を少しまわしかけ、お皿に盛り付けたら出来上がりです。
買っておいた、「ブロッコリースプラウト」を添えてみました。

おぉ、、、居酒屋で注文したら、500円くらい取られそうだなぁ。焼いただけなのに。

サクッと焼けた、豚バラの脂が美味しい。
醤油の香ばしさ、そしてブロッコリースプラウトの箸休め的なさっぱり具合。
もう、最高じゃないか。焼酎の炭酸割りが、グイグイ入っていきます。

素晴らしい、「焼肉用豚バラ」
なんだか、家飲みが一気にグレードアップしたような、そんな錯覚を覚えます、250円程度なのに。

「オジサンの料理」なんて、手間をかけない、このくらいが丁度良いと思います。

↑丁度良いクリックをしていただけましたら、豚バラが大好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

手羽中のにんつゆ揚げ焼き

20170912tebanaka.jpg
「安いお肉」と言えば、内蔵系も安くて良いのですが、「鶏の手羽」もまた魅力的なものです。
手羽元も良いのですが、「重量から見る、お肉の量」が気になり、ついつい買うのは「手羽中」です。手羽元より、少し割高ですが、「肉対骨」の割合は、間違いなく手羽中の方が多いはず。

めんつゆにおろしにんにくを加えて混ぜ、手羽中を漬け込みます。
数十分後、取り出した手羽中に小麦粉をはたき、多めの油で揚げ焼きしたら、「手羽中のにんつゆ揚げ焼き」完成です。
お好みで、コショウをドバドバかけて、「酒のつまみ仕様」に。


、、、鳥の脂と多めのサラダ油で、ギットギトです。
我が家ではしっかり油きりするような、そんな繊細な作業はしません。だって、オジサンですもの。作るのも食べるのも、僕なんですもの。

ただ、やっぱり油きりはした方が良かったようです。
衣がべちゃべちゃで、少々クドい。これは、僕の好みではありません。

やっぱり、煮込んだ方が、手っ取り早く、食べやすかっただろうか?

「手羽中煮」も、大好きなメニューのひとつです。

↑追加のクリックをしていただけましたら、やっぱり飲み過ぎた僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

立ち蕎麦行脚「小諸そば八丁堀店のもりたま」

20170911komorosobahacchobori001.jpg
八丁堀をウォーキング中、ついつい「小諸そば八丁堀店」へ。
「もりそば(260円)」「たまご(40円)」を発券です。

さすが「小諸そば」は、提供が早い。少し待って、すぐに出てきます。

「たまご」は、あらかじめそばつゆに入っていました。
入れ放題の長ネギを入れ、たまごを粗く崩し、蕎麦に絡めて。

見込み茹で置き、締め直し。
しゃっきりと冷たい蕎麦は、ムッチリした小諸クオリティ。美味しい。

それにしても、たまご40円の安さです。
どのメニューも安い小諸そばですが、「もりたま(もりそば+たまご)」で300円は、とても嬉しい。
店によっては、もりそばだけでも300円以上すると言うのに、この小諸そばの素晴らしさ。
ネギ盛り放題。小梅食べ放題。それもまた、素晴らしき小諸そば

都内9区に79店舗。是非是非、他の区にも展開してほしい。
ちなみに、埼玉に2店舗あります(2017年9月現在、全81店舗)。

僕の立ち蕎麦行脚は、まだまだ続きます。

↑たまごを加えるようにクリックをしていただけましたら、僕はまだまだ蕎麦食べます。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

通院後に炒り豚

20170910iributa.jpg
次男を動物病院へ通院させて4日目
血液検査や点滴を続け、本日で通院は一旦終了です。
おかげ様で、食欲も大分回復し、元気が出てきたようで、本当によかった
明日からは、錠剤を飲ませて、様子をうかがう事になりました。

忙しかった日々も過ぎ、今日もなんだか疲れました
軽く酒を飲んで、早く寝よう。

そう思って、カンタンに「炒り豚」を作ったオジサン(僕)。

豚コマと玉ねぎを、少々焦がすまで炒め、中濃ソース、ケチャップ、カレー粉で味付けして完成です。簡単で美味しいのが、「炒り豚」です。

そして何より、リーズナブル
これだけで、お酒もガンガン進みます。ビバ、下町の味「炒り豚」。

夜更かしはせず、焼酎も数杯飲んだら、早く寝よう。

そう思いながら、何故か餅を焼き、餅を食べながら追加の焼酎を飲んでいた酔っぱらいは、です。

↑追加のクリックをしていただけましたら、やっぱり飲み過ぎた僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ