Entries

土鍋考察「桜飯(さくらごはん)」

静岡県西部には、「桜飯(さくらごはん)」と言うものがあるらしい。さて、「桜飯」とは?調べてみると、醤油等で味付けして炊いた「茶飯」、具のない炊き込みご飯だとの事。合格祈願の縁起物でもあるそうです。なるほど。味付きご飯が好きな僕です。是非とも、僕の料理レパートリーに加えたい所です。幸い、お米はある事だし、今夜は「桜飯」を食べよう。本来は、醤油、塩、酒、みりんで味付けするらしいのですが、そこは「めんつ...

渡島鍋(嘘付き)

故郷・北海道の鍋と言えば、個人的には「石狩鍋」です。鮭のぶつ切りが入った、味噌仕立てのお鍋。これに豚肉が入った鍋が十勝地方にあるそうで、それは「十勝鍋」と言うそうです。石狩と十勝、共に鮭が還ってくる場所で、それぞれの場所で獲れた鮭を使うのが一般的。我が家では「魚御法度の令」が発令されています。療養食と決まったフードしか食べられない、食物アレルギー持ちの猫達の前では魚を食べません。ならば、「鮭抜きの...

さよなら土鍋2016

おぉ、、、土鍋が割れてしまいました、、、。長年、我が家の炊飯器代わり、酒のつまみになる鍋等、愛用していた一人用の小さな土鍋。少しヒビが入っていたので、大事に大事に使っていたのですが、ゴシゴシ洗っている途中、ボゴンっ!と割れてしまいました。「特価100円」で売られ、数個購入した土鍋なのですが、とうとう最後の1個が割れる悲劇。うーん、、、まだまだ不運は続きそうだなぁ、、、今年「前厄」だし。まぁまぁ、僕の不...

「僕の人生を綴る鍋」を披露したい

あ。個人的に、「僕の完成形」と呼べる鍋が出来ました。素晴らしく美味しい(あくまで私見です)。今まで数々の鍋をネットや雑誌、テレビで拝見し、良い所を集めて出来上がった、まさに「僕の人生を綴る鍋」。白菜、豚バラ、千切り生姜を重ねた鍋は、僕が大好きなプロレス雑誌で紹介されていたチャンコ鍋レシピから引用。つけダレは、テレビで見かけたおネェの「たまごポン酢」です。以前作った「たまごポン酢」。そして、つけダレ...

土鍋考察「アワビ飯2016」

あの高級食材、悪くなる前にしっかり堪能したい。それは、実家から届いた救援物資の中にあった「アワビ」です。冷凍保存していたのですが、そろそろ食べよう。アワビをめんつゆと酒、みりんで煮込み、煮汁で炊飯。煮たアワビの口を取り、スライスしてご飯に混ぜ込み出来上がり。「アワビご飯」が、本日の晩御飯です。煮汁が少し薄めだったので、最後に醤油を回しかけてみました。うーん、、、やっぱり美味しい。柔らかく煮たアワビ...

一人用土鍋の量

「白菜のざく切り」なんてものが、最近では売られているようです。スーパーの裏で、ざくざく切って袋に詰めたものなのでしょう。1/2玉でも余らせてしまう一人暮らしには、大変重宝するざく切り。そんな「白菜のざく切り」が、見切り品半額の35円と表示されていれば、それは買うでしょう。ヘタっている様子もありません。ようし、今夜は久しぶりに、鍋でもつつこうか?余っていた大根の先や長ネギの青い部分、賞味期限切れの豆腐な...

七草粥2015

今年もやって来ました「七草粥」の日。毎年、七草に振り回され、ここ数年はなんとか七草粥にありつけていました。ただし、昨年、母の出身地でもある北海道松前郡では、七草の日に焼き餅入りの粒あん汁粉を食べると言う新事実を発見。調べてみると、七草粥を食べない地域も多いようです。そりゃそうだ。昔からある風習で、七草が揃わない地域も多かったでしょう。根菜の入った粥や、汁粉、お雑煮を食べる地域もあるのだとか。地方に...

鶏釜飯もとい鶏ドナ飯

GW最終日で、流通が止まっているのでしょうか。スーパーに行くと、精肉が全て「割高」になっています。牛肉、豚肉、鶏肉、、、どれも2〜3割アップの状態。「これでは、お肉が買えないなぁ、、、」と、スーパー店内を進んで行くと、「半額シールの貼った鶏挽肉」を発見。選択肢はありません。今日は「鶏挽肉」。冷蔵庫に余っていたごぼうや人参、生きくらげも加えて、炊きました。「鶏釜飯」、、、釜ではないので、これは「鶏土鍋飯...

土鍋考察「姫竹のタケノコご飯」

実家から「姫竹の水煮」をいただきました。父が春に採取して、茹でて瓶詰めしたのでしょう。我が家に届くのは、何故か「いつも冬」です。実家では、「たけのこご飯」と言えば、この「姫竹」でした。大きな筍が食卓に登るのは、ほんのわずかだったと記憶しています。人参、油揚げ、しめじも加えてゴマ油で炒め、めんつゆで味付けして炊飯。「たけのこご飯」の晩ご飯です。シャキシャキした姫竹の食感が美味しい。そして、やっぱり懐...

旨炒め考察「鶏塩鍋」

「ハウス・パラッと旨炒めペースト」をいただいたので、「旨炒め考察」。先日、「タンメン」のスープに使ってみましたが、鶏ガラの味わいも良く、美味しい結果でした。「スープもアリ」と、言う事です。ならば、「お鍋」にしても、美味しいのではないでしょうか。そんな訳で、野菜と鶏肉を煮込んだ「鶏塩鍋」が、本日の晩ご飯です。「ハウス・パラッと旨炒めペースト」のみで味付け。粗挽きこしょうを足してみました。美味しい。や...

土鍋考察「柔らかタコ飯」

実家から「北海たこやわらか煮」をいただきました。いつでも食べられる、パウチに入ったものですが、冷凍庫で眠らせていた事も申し訳ない。久しぶりに、「土鍋考察」でもやろうか?研いだお米に、「北海たこやわらか煮」と針ショウガを乗せ、土鍋で炊きます。中火にかけて、沸騰したら弱火で10分。火を止めて「蒸らし」で10分。刻んだ万能ネギをちらし、よく混ぜたらできあがり。「たこ飯」です。柔らかいたこがゴロンゴロン入った...

カレー鍋

昨日作った「鶏そっぷ」。余ってしまった野菜が今夜もありますので、、、再び鍋にしよう。何故か、我が家に常備してある「ヒガシマル・カレーうどんスープ」のパッケージに「カレー鍋」のレシピが紹介されていました。今日は簡単に「これ」で済ませよう。「ヒガシマル・カレーうどんスープ」を水に溶き、醤油を少々。昨夜余らせてしまった野菜を「これでもか!」とぶち込み、これまた余っていた豚コマ肉とベーコンを乗せて煮込んだ...

麻婆煮込みうどん

すっかり寒くなったので、温かい煮込みうどんでも食べよう。なんて思って、冷蔵庫を開けたら、何故か豆腐が二丁入っている、、、。豆腐がある事を忘れ、買い足してしまったんでしょう。一丁は賞味期限が切れそうです。ちなみに「茹でうどん」は「すでに切れています」。うどんと豆腐、、、、一緒に煮込んでみようか?土鍋にうどんと豆腐、めんつゆを加えたら、「麻婆的味付け」に。刻んだニラと花椒をたっぷりかけたらできあがり。...

土鍋考察「きのこご飯2012」

そう言えば、今年は「きのこご飯」を炊いていないような気がします。安いしめじは毎週買うのに、未だに炊いていない「きのこご飯」。秋も過ぎ、すっかり寒くなりましたが、ここは一つ、炊いておこうではないか自分。そんな訳で、しめじを裂いていたのですが、余っていた舞茸、人参、大根、豚コマ、そうそう油揚げもあった。等と、刻んで準備していたら、、、、鍋一杯のこんもり具合。ここにどうやって米を加えて炊くのだ? 自分!...

もやし肉豆腐

簡単に肉豆腐を作ったのですが、量が少なかった。これで「ご飯とお酒」と言うには、たぶん足りないだろう。そう思って「もやし」でかさ増し。更に卵を落とし、万能ネギをちらしたら「もやし肉豆腐」のできあがり。つゆを吸ったもやしが美味しい。卵の黄身をまとったもやし。豚バラ肉と一緒に口にほおり込むと、ご飯が何杯でもいけそうです。美味しい。美味しいのですが、一切の面白さを感じません。なんだこれは?もっと、こう、、...

味ぽん鍋考察「肉うどん的三点」

「ミツカン・味ぽん」で食べる、3つの食材を使った「3点おかず鍋」を考察しよう。いかんっ! 風邪をひいてしまいました。気をつけてはいたのですが、やはり季節の変わり目は、僕にとっては「危険な曲がり角」のようです。こんな時は、考察は二の次で、、、、うどんを食べよう。土鍋に昆布を敷いて火にかけ、針生姜を加えたら、うどんと長ネギ、豚コマを乗せてできあがり。「ミツカン・味ぽん」でいただきます。この「肉うどん的構...

味ぽん鍋考察「味噌汁的三点」

「ミツカン・味ぽん」で食べる、3つの食材を使った「3点おかず鍋」を考察しよう。「わかめ」を使おうと思っていたのですが、プラス2つの食材で「●●的三点」をつくるとして、何ができるでしょう?なんだか「思考回路の方向性」が違っている気もしますが、なんだろうか?油揚げ、豆腐と一緒に「味噌汁的三点」と言うのは、どうでしょう。「酒のつまみ」として、一人鍋を考察する場合、このくらいシンプルな方が良いのかもしれません...

味ぽん鍋考察「副産物」

「ミツカン・味ぽん」で食べる、3つの食材を使った「3点おかず鍋」を考察しよう。ここ数日、色々な具材を試していたのですが、「ミツカン・味ぽん」で食べるので、「旨味の残った出汁」が残ります。勿体ないので、漉して冷凍しておいたのですが、大量にストックができてしまいました。ここは一つ、「ネタの箸休め」として、考察とは違うモノを作ろう。なんて思い、余っていた鶏肉やきのこ、人参やキャベツ、豆腐、キムチをたっぷり...

カレー肉豆腐2012〜労り〜

冷たいビールや、冷たい焼酎を飲んでしまう毎晩。そのせいでしょうか、胃腸の様子が芳しくありません。冷たいモノの摂取が多いようです。ここは温かいモノを食べて、リセットしたいと所です。そして「スパイス=漢方薬」と信じる僕。カレー風味の肉豆腐を作りました。登場率の高い料理です。先日つくった「豚丼」の具に、水で薄めためんつゆと豆腐、カレー粉を加えて、弱火でじっくり煮込みます。小口切りしたネギをちらしてできあ...

鍋会2012「如月」

今月も午後3時から始まる「鍋会」。今回「料理番」となりました僕は、少し早く会場でもあるAさん宅へ。具材もある程度切ったし、ナンコツ入り鶏団子もしっかり揚げた。あとはちょこちょこっと準備して煮込むだけです。「タコさんウィンナー(千切りキャベツとポテサラ乗せ)」「余った大根と人参で作った浅漬け」そして「鱈ちり」です。「鱈ちり」ですが、それだけでは終わりません。「あっさり鶏団子鍋」「石狩鍋」「鶏味噌ちゃん...

親子雑炊(嘘付き)

「うどんと和風牛丼のお店・な○卯」にある「親子丼」。「汁ダク過ぎで!」と頼むと、こんな雑炊が出てくるらしい。確かにこれは「汁ダク過ぎる」。なんて嘘を考えました。再びの嘘です。本当にすみません。「汁ダク過ぎで」なんて店員さんに言うと「は?」と返されます。昨夜残しておいた「水炊きの煮汁」。旨味たっぷりなはずなので残しておいたのですが、余った食材にめんつゆを加えて「雑炊」にしてみました。「親子雑炊」です...

水炊きと節分

寒い夜と言えば、温かい鍋等でも食べたい所です。日曜日に予定している飲み仲間との「鍋会2012~如月~」の予行練習としても、今夜は鍋でいきたい。そう思った齢35。白菜やきのこタップリ、鶏もも肉も安かったので、サッパリと「水炊き」にしました。ポン酢は、いつもお世話になっております「Mie」さんに教えていただいた関西の定番ポン酢「旭ポンズ」です。最近、近所のスーパーでも販売し出したのですが、これはとっても嬉しい...

きのことじうどん

給料日前ですが、きのこが思いの他安かったので多種購入しました。きのこは免疫力を高める効果があるそうなので、寒い冬の風邪予防にもイイのかもしれません。うどんと一緒に煮込んで玉子でとじました。「きのことじうどん」が今日の晩ご飯。美味しい。しめじ、舞茸、えのき、しいたけ、、、旨味と香りが出て、そして温まるし、悪い所がありません。欲を言えば玉子の量をふやして「ふんわりかきたま的」にしたら良かったかもしれま...

韓国風肉豆腐

豆腐が冷蔵庫に余っていました。東京も雪が降った日、今夜は「肉豆腐」で一杯やろう。、、、なんて考えていたのですが、「普通の肉豆腐」では面白くないし、以前も「カレー肉豆腐」なんての作りました。ここは新しい形の「肉豆腐」を作ってみよう。キムチを使って「韓国風」なんてどうだろうか?そうそう、ニラも余ってました。ゴマ油なんかでキムチを炒めて、ゴマをふって、、、できた。「豆腐チゲ」だ。うーん、、、普通に美味し...

海苔塩ちゃんこ

寒くなったので「塩ちゃんこ」でも作ろうか?と思いつつ、何か新しいものができないだろうか?考えていた夜。ポテトチップスは「うす塩派」ですが、「のり塩」もまた美味しいもの。ちゃんこでも使えるのではないでしょうか?そんな訳で、「塩ちゃんこ」に「青海苔」をかけて、「海苔塩ちゃんこ」にしてみました。なんだったら「牛カルビ」を使って「カルビーのり塩ちゃんこ」にしようか。等とくだらない事を考えたのですが、そもそ...

土鍋考察「干し貝柱の炊き込みご飯」

実家から「一人で消費できないくらいの干し貝柱」をいただいたので、昨晩から酒に漬けて戻していました。「炊き込みご飯を作ろう」そう思って、クッキングパパを読み返してレシピを確認し、更にネットで調べて「より僕らしい炊き込みご飯」を望んでいたのです。そんな翌日。忘れていました。それは「干し貝柱が乾物だと言う事」です。干せば縮む。そして、、、戻せば膨らむのです。酒を吸い、瓶の蓋を吹っ飛ばしてしまうのではない...

土鍋考察「鶏皮ご飯・大失敗」

冷凍庫に鶏皮が凍っていたので解凍し、干し椎茸、人参と一緒に千切り。土鍋で米と一緒に炊いてみました。久しぶりの「鶏皮ご飯」です。そして久しぶりの「大失敗」。がっつり焦がしてしまいました。ここ最近、土鍋には「ただならぬ扱い」をしている僕。優しく洗い、優しく水を拭き、優しく火にかける。そんな優しさ、別れた彼女にも見せた事がないかもしれないと言う「優しさ200%」。そう「優しく」扱ってきたのですが、久しぶり...

土鍋考察「ラム飯」

実家から届いた荷物が、まだまだ残っている我が家。「味付ラム肉(ジンギスカン用)」も大量に余っているので、これもまた消費考察しよう。ラム肉を細く切って、人参、ニンニクの芽、糸こん、生姜と一緒にゴマ油で炒め、酒、砂糖、醤油で甘辛く味付け。炊いたご飯に乗せて蒸らし、混ぜ込んでみました。「ラム飯」です。「北海道では結婚式の〆にラム飯を食べて、よさこいソーラン節を皆で踊って終わる」なんて「どこかで聞いたよう...

土鍋考察「アワビ飯」

「アワビ、懐かしいしょ。生で刺身は無理だけど、味噌汁にして飲みなさい。」実家から届いた荷物の中に、「小さなアワビ2個」が入っていました。母よ。あなたは知らないでしょうが、僕は「料理をする男」なのです、「ヘタの横好き」ではありますが。殻からはずしたアワビを、昆布出汁・酒・醤油のだし汁でさっと煮ます。だし汁からアワビを取り出してスライスし、残っただし汁で炊飯。蒸らす時に、取り出しておいたアワビを肝ごと...

土鍋考察「辛味噌風豆腐飯」(ちょい嘘付き)

ゴマ油で鶏肉を炒めた後、豆腐を「こんちくしょ~」なんて勢いでぐずぐずに潰して加えます。刻んだ人参、ささがきごぼう、しめじを入れて更に炒め、味噌と豆板醤、水を混ぜたもので味付け。炊いたお米に混ぜてみました。鳥取の郷土料理「豆腐飯」をアレンジ。「辛味噌豆腐飯」です。麻婆豆腐の炊き込みご飯と言った感じでしょうか?「豆腐飯」は、調べてみると「群馬県の郷土料理」としても存在しているようです。「豆板醤と味噌の...

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ