FC2ブログ

Entries

休暇届事由

忘れていました。本日、2月28日は「バカヤローの日」でした。そんな訳で、僕の身の回りの「バカヤロー」である、「残念な社長」のお話。昼に勤める「残念な会社」には、「有給休暇」と言うものがありません。「必要な時に必要な分、休んで良い」と、「残念な社長」は言いますが、休むと文句を言われる、この理不尽さ。そんな訳で、滅多に休暇は取りませんが、ちょいとした私的な用事があって、休暇をお願いしました。「休暇届、書...

辛い鍋

「中国に「火鍋」と言う料理があるのだが、あれが本当に美味しいんだ。」自称・食通で、世界のあらゆる料理を食べて来たと豪語する、おなじみの「残念な社長」。寒い昼に温かいものが食べたいと、「お昼の強制連行」です。再び、某中華料理屋へ行きました。ランチメニューに「辛味鍋」的な日本語訳がついたモノがありました。豆板醤や花椒で辛い味付けがされた鍋なのでしょう。「残念な社長」は、そんな「辛味鍋」を注文して、上記...

絞るデザート

「新しくできた店に行こう。」と、毎度の「残念な社長」が行う「お昼の強制連行」。本日もまた、駅前にできたと言う中華料理屋へ行きました。ランチメニューを見ると、「スープとサラダ、デザート付き」とあります。さすがに中華麺的なメニューにはスープは付きませんが、サラダとデザートは付いてくるようです。土鍋で煮込んだ「豚バラ肉の中華煮込み鍋」を頼んだ「残念な社長」。出て来たランチには、メインの「豚バラ肉の中華煮...

魯肉飯(ルーロウファン)

「残念な社長」に昼飯を強要された僕。坦坦麺と麻婆飯が人気の、某チェーン店へ「強制連行」されました。「残念な社長」が、ことある毎に誘う、お気に入りの店です。最近、「魯肉飯(ルーロゥファン)」と言う、台湾の「煮込み豚肉かけご飯」が、新メニューとして登場し、「今度はこれを食べよう」と言っていたのは先週のお話です。「お、魯肉飯なんてあるんだ。今度はこれを食べよう。」先週に続き、今週もまた「今度食べよう発言...

大掃除と忘年会

昼に勤める「残念な会社」は、今日が仕事納め。いつも長い長期休暇ですが、今回は12日間と言う長い長期休暇。おかげで、大変な量の仕事を一気に終わらせないといけない。それでも、休みが長いのは魅力です。ヒーコラ言いながら、なんとか仕事終了。今年の仕事納めは、夕方より忘年会開催と言うスケジュール。社員の日程があわず、ぎりぎり「最後の日」に忘年会となりました。昼から大掃除が始まり、夕方6時には忘年会会場である「...

蕎麦の食べ方

「専務は、蕎麦を食べる時、『ずぞぞぞぞ~』って、凄い音を立てるんだぞ。あれは一緒に飯食ってて恥ずかしいよな。」おぉ、、、、またまた「おかしな事」を言い出したぞ「残念な社長」。昼に勤める「残念な会社」の、おなじみ「残念な社長」ですが、事ある毎に専務を嘲笑います。「あいつは仕事ができない」「耳が遠くて、会話ができない」等、自分の方が格上だと言いたいがために、人を蹴落とす非情の行為。それが「残念な社長」...

メモ

毎度の事ながら、「残念な社長」に昼食のお供を「強要させられた僕」。近所の定食屋へ。「i-phone5とはなんだ?」と、言い出した「残念な社長」。相変わらずの馬鹿っぷりです。「知らないから馬鹿」と言う訳ではありません。過去何度も同じ質問を繰り返し、先週も同じ事を説明したはず。聞いておきながら、覚えようとしないのが「馬鹿の所業」と考えます。基本、「残念な社長」は、「人の話を聞かない」ので、説明する側としても、...

牡蠣の産地

「世界中のあらゆる料理を食べた」と豪語する、自称・食通である「残念な社長」。僕が昼に勤める会社の「残念な社長」に、ランチに誘われてしまいました。断ると、人格否定まで叫び、怒鳴りつけ、理不尽にキレる、あの「残念な社長」なので、付き合う事に。 会社近所にある定食屋へ行きました。「牡蠣の美味い時期だから、『カキフライ』と昼前から決めていたんだ。」「残念な社長」は、牡蠣の産地・広島で育ったらしく、「牡蠣」...

気になる木

昼に勤める「残念な会社」の「残念な社長」に、居酒屋へ誘われてしまいました。「自称・食通」「世界のあらゆる料理を食べて来た」と豪語するが、未だにほうれん草と小松菜の違いがわからない。無知で傲慢、非常識、そんなヤツです。ホッピーセットを飲みながら、今時の子どもについて、教育論を語りだした「残念な社長」。「反面教師」の意味を知らず、「続く」を「つずく」と何度も入力して「漢字が出ない。このパソコンは壊れて...

しめじそば After

※まずは、こちらの「しめじそば」の話をご確認ください。先日、「椎茸か、エノキの入った『しめじそば』が美味い」と、訳のわからない薦め方を、「残念な社長」にされた僕。それは、会社の目の前にある蕎麦屋のメニュー「しめじそば」のお話です。「自称食通」「世界のあらゆる料理を食べてきたと豪語する」そんな事を自慢げに語る「残念な社長」です。「しめじそば」なのに、椎茸かエノキが入っていると言う謎。もしかしたら「し...

納豆の新レシピ

「とある事情により、現在の我が家には納豆が大量にあり、納豆を使った料理を考えています。」昼に勤める「残念な会社」にて、終業間際に「残念な社長」と世間話をしていました。ひょんな事から、食の話になり、上記の説明をした僕。「食通」「世界のあらゆる料理を食べてきた」「わがままな舌の持ち主」、数々の言葉を「自分で修飾」している「残念な社長」。「料理の事なら俺に聞け。」と言わんばかりに、「納豆を使ったとってお...

しめじそば

お昼に、会社近所の蕎麦屋へ入ると、後から「残念な社長」が来やがりました。当然のように相席となってしまい、そして「自称食通のうんちく」が始まります。「この店はかなり足を運んでいる」「ほとんどのメニューは食べた」そう豪語しながら、「残念な社長」が不思議な事を言い始めました。それは、メニューにある「しめじそば」を指差しながら。「この蕎麦も美味いぞ。しいたけだったかな?えのきか?なんかきのこが入った蕎麦な...

マナー考察「骨」

「テーブルの上に骨を吐くってのは、文化が低い証拠だ。」「某国への出張」から帰ってきた、おなじみの「残念な社長」。昼食に誘われてしまい、「サバの塩焼き定食」を食べながら、そんな話をされた僕。某国で、鶏料理を食べたそうなのですが、他のテーブルに座っていた「現地の人」の食事作法が凄かったそうです。骨付きの鶏を口にほおばり、残った「鶏の骨」を、テーブルの隅に「プッと吐く」ので、食べ終わる頃には、テーブルの...

中華料理絶対主義

自称「食通」で「世界のあらゆる料理を食べてきた」と豪語する「残念な社長」。世界中の料理の中で、「中華料理は歴史が長く、洗練された素晴らしい世界一の料理だ。」と言っていました。「中華料理が美味しい」と言うのは構わないが、それは「料理人の腕」や「個人的な味の好みや育ち」があるでしょう。料理に「絶対的な美味」と言うものは、僕はないと思っています。そんな事を言うと、「何故、中華料理が一番じゃないのだ?お前...

セイロ蒸し賛辞

二日続けて、「残念な社長」のお昼に付き合わされた僕。一日目に「残念な社長」自身が食べた「豚セイロ蒸し」が美味しかったらしく、「明日はお前(僕)が食べろ」と、翌日も付き合うハメに。自称「食通」で、世界のあらゆる料理を食べてきたと豪語する「残念な社長」です。「オレが美味いと言ったら美味いんだ。だから食べろ。どうだ美味いだろう。美味いはずだ。オレが美味いと言ったんだからな。」この理屈です。豚薄切り肉のセ...

活きが悪い

「『さんまの開き』を2つ。食べないのか?」自称「食通」で、世の中のあらゆる料理を食べてきたと言う「残念な社長」に、居酒屋に誘われた夜。さんざん飲み食いした中盤過ぎの注文。さすがに量が多いので、「僕の分はイイですから、食べたかったどうぞ。」と、軽くスルーしようと思ったら、「じゃぁ、1つ頼んで、半分づつ食べよう。」と提案。基本「残念な社長」は、「人の話を聞いていない」。店員が持ってきた「さんまの開き」を...

注文

昼に勤める「残念な会社」の仕事終わり、「残念な社長」に酒に誘われてしまいました。早く帰りたいところですが、「俺の酒が飲めないのか!?」と怒られるので、付き合う事に。「どこ行きます?」と聞いた所、以前行った中華料理屋の愚痴をこぼされました。「(某中華料理屋)な、二人で会計1万円なんだぞ!あんなもん、ボッタクリだよ。」中華料理で酒を飲んで料理を食べたら、場合によっては1万円いく事もあります。「へぇ、、、そ...

鯖の生き腐れ

「そういうのを『鯖の生き腐れ』って言うんだ。」毎度おなじみ、「残念な社長」に昼食に誘われました。「鯖の塩焼き定食」を食べたのですが、鯖が臭いと言う残念な結果。定食屋を出て会社に戻るまでに、そんな話をしたら、「鯖の話」になりました。「昔、船で鯖を釣りに行ってな。釣った鯖を、船の水槽に入れておくんだけど、帰る頃には鯖が水槽の中で泳いでいるんだけど、臭いんだよ。生きているのに腐った臭いがするのは鯖だけな...

加入とレコーダー

「残念な社長」の「残念な会社」にて、忘年会がありました。が、それは「忘年会当日のお昼」の出来事です。「ブルーレイディスクレコーダーが、ネット通販で19000円だったので注文した。」と言う「残念な社長」。うーん、、、どこのメーカーだろうか?19000円前後でBDレコーダーがあるのだろうか?「パナソニックのだ。イイ買い物をしただろう。」「俺の買い物上手っぷりは素晴らしいだろ。」と自慢げです。録画機能もない「プレー...

従順な犬のヒエラルヒー

「犬はヒエラルヒー(ピラミッド型の階級構造)を作る」と言います。野生の犬は、本来「群れで生活する」ので、リーダーを頂点としたヒエラルヒーを作るそうで、それは「飼い犬」も然り。家族内での順位、そしてその中に「自分がどの順位にいるか?」立場を決めるらしい。犬は飼った事がないので詳しくわかりませんが、飼い主である家族「父・母・子ども・祖父母」、そして自分(犬自身)に順位をつけるそうです。「犬は従順で可愛...

ネットとアンテナ

「同じ年代の人間の中では、俺はパソコンは使いこなしている方だ。」と豪語する「残念な社長」。「傲慢で無知」。「人の不幸が大好き」。人間として「反面教師」にしかならない「残念な社長」。ちなみに、「おい、反面教師ってなんだ?」と聞いてきた無知っぷり。とても僕の倍以上生きているとは思えません。そんな「残念な社長」にお昼に誘われた日。無作法で飯をボロボロこぼす「残念な社長」と外食すると大変恥ずかしい。しかし...

冷やし坦坦麺のたれ

「美味しい冷やし坦々麺を食べてきたよ。今度、昼飯にどうだ?」昼に勤める会社の昼休み。あの「残念な社長」が、爪楊枝を加えながら会社に戻ってきた際、そんな話を出してきた数日前。久しぶりの「残念な社長」シリーズ。「滅茶苦茶に美味しい」「こんな料理があるとは知らなかった」と絶賛する、「自称・食通」で「世界のあらゆる料理を食べてきた」そんな残念な社長。昨今、冷やし坦々麺もメジャーになって来ただろうと思うので...

冷奴の素

「最近、料理をしているんだよ。大した料理はできないけどな。」毎度の「残念な社長」に、そんな事を言われました。珍しい。お前、料理をしているのか。僕にとっては「どうでもイイ情報」なんなんだけどな。「料理に大した事ないってのはないです。美味しかったらそれでイイ訳ですから。」なんて営業的フォローを入れつつ、「何をつくったのか?」聞いてみました。「豆腐を皿に出して、『冷奴の素』をかけるだけなんだけどさ。 こ...

ビールの味わい

自称「食通」で、「俺の舌はわがままだ」と豪語する「残念な社長」。お前自身の全てが「わがままの塊」だと思いつつ、飲みたくもない某チェーン系居酒屋に連れて行かれました。「お前、あれは美味しくないぞ。」自称「食通」で、美食家だと「勘違い」している「残念な社長」。トリスハイボールを飲みながら、酒の味について語り始めたのです。そう、あの「シャンパンをワインのカクテルだと勘違いしている」そんな奴がです。家で酒...

聞いてない

昼に勤める会社の「残念な社長」が、台湾出張から帰って来た。4泊5日。おかげで「平穏無事な日々」を過して来たのに、残念。「土産話をする気満々」の「残念な社長」、当然のように「昼飯」に誘われました。「恥ずかしい食べ方」をする「残念な社長」です。一緒に昼飯を食べるだけでも本当に恥ずかしいのに、今回は+「聞きたくもない土産話」が付いてきます。「自称・食通」と豪語する「残念な社長」。最近、台湾で流行っている食...

ワインのカクテル

「最近、料理人が代わって美味しくなった中華料理屋があるんだ」と、「残念な社長」に酒を誘われた、金曜の夜。「自称食通で、世界のあらゆる料理を食べてきた」と豪語する割に、「白髪ネギをニンニクの芽と間違う」、そんな人間が、「残念な社長」です。そんな奴が絶賛する中華料理は、当然不味い。「台湾へ出張に行った際、飛行機の中で『ワインの炭酸割り』を飲んだけど、美味しかったなぁ。」そんな話をし出した「残念な社長」...

電子書籍

「三国志の1巻を読み終えたので、次の巻をダウンロードしてくれ。」昼に勤める残念な会社に行くと、毎度おなじみの「残念な社長」に言われました。最近、ネットブックで「電子書籍」を読むのが、「残念な社長の流行り」らしい。基本、本は「アナログな文庫本」がしっくりくる僕。ノートパソコンやタブレット端末の類を持っていない僕にとって、読書はポケットに入るサイズの文庫本に限ります。特に電子書籍を否定する訳でもないし...

コース料理

「日頃の労を労ってやろう」が、昼に勤める会社の「残念な社長」の流行りなのかもしれない。再び「飲みに誘われてしまった僕」。ちなみに断ると、「俺の酒が飲めないのか!?」とキレます。さすがに「二日かけて三回も行った中華屋」は「飽きた」との事で、違う店に行こう、、、、と、「残念な社長」が選んだ店は「餃子が美味しい中華屋」。やっぱり中華屋かよっ!「2時間飲み放題で料理が8品付くからオトクよっ!」なんて、店のオ...

多忙に中華屋

昼に勤める会社の仕事が、「異常」な程に忙しくなってしまった。笑いながら僕の仕事を増やす、「残念な社長」の一挙手一投足が腹立たしい。「はっはっはっ、忙しいのに、また仕事が増えたぞ。」と、笑顔で仕事を振る「残念な社長」には、正直、閉口する。お前が増やしているのではないか。そして僕が忙しく仕事をしている時に「出会いパーティの会」の紹介サイトを見るな!登録しようとするな!そんな訳で、残業だった夜。残業が終...

残念な忘年会2010

昼に勤める「残念な社長」の会社の忘年会。会社近所の「世界の山ちゃん」で行われました。「絶対参加、不参加迫害」の強制的忘年会。基本、「残念な社長」と飲みたくないのは、「一緒にいると恥ずかしい」からです。自分の立場を利用して、酒の飲めないパートのオバちゃんにも強引に酒を飲ませ、自分の酒は進まないと言う強権。見ていて腹立たしい。無言で、目の前にある料理と酒に集中して、モグモグしていた。「ホッピーってどう...

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ