FC2ブログ

Entries

辛醤油鍋と簡略化

仕事が終わり、深夜に帰宅したオジサン(僕)。今夜も、鍋を煮込んで、酒のつまみにしよう。切っておいたキャベツと、茹でておいた豚肉を入れ、めんつゆと具入りラー油で味付けして煮込んだら、「辛醤油鍋」の完成です。ラー油の辛味と、キャベツの甘みがイイ具合です。もはや、取り分けるお椀すら面倒くさくなってきた、ズボラなオジサン(僕)。一人で食べるし、もう、このままでイイよなぁ、、、と、雪平鍋で煮込んだ豚とキャベ...

お鍋の季節

飲食店で務めてから、自炊の機会が減りました。遅い時間に帰ってくる事。そこから、猫の世話をし、朝は早くから猫の世話。そんなスケジュールなので、夜遅くに調理をする時間が、なかなか取れないのです。ところが、この季節です。 そう、「お鍋の季節」。切った具材を鍋に入れ、ぐつぐつ煮込んで出来上がり。器によそえば、素晴らしい酒のつまみです。具材を切っておけば良いので、時間のある時に切っておいて保存。そして、「自...

ちくわバジル

務める飲食店は、お酒が飲めるピザ屋さんです。ピザは当然ですが、酒のつまみも必要です。店で人気のピザと言えば、「マルゲリータ(700円)」です。トマトソースにバジルとモッツァレラ。 そうです。ナポリ系ピザ屋であれば、フレッシュバジルの常備は当然の事でしょう。そんなフレッシュバジル。 酒のつまみにだって、使って良いじゃないか。ちくわをオリーブオイルで炒め、塩コショウで味付け。刻んだバジルで、香りをつけた...

煮豚に骨が折れる

大きな豚肉の塊が、務める飲食店の冷蔵庫にあった日。冷凍し続ける訳にはいかないので、煮豚を作りました。長ネギとしっかり煮込んで、味をなじませたら、温め直して出来上がりです。それにしても、お店で使うお肉。 、、、でかい。業務用の肉塊というのは、あまり扱う機会がなかったのですが、そこは「お店」です。大きすぎる肉塊と言うのも、調理するには、なんだかテンションが上がりません。包丁を入れても、包丁を通しても、...

ベーコンと大根のコンソメ煮

ブロックベーコンと大根を切り、コンソメ煮に。あらびきコショウをガリガリとふった、シンプルな味付けです。コンソメの美味しさと、ベーコンの旨味を吸った大根が美味しい。寒い夜。旨味を吸った、ほくほくじゃくりの大根を食べる、この幸福感。これからの季節に、良いのではないでしょうか。、、、そう、「これからの季節」なんだよなぁ、、、まだまだ温かい、「今の季節」ではない事に気付いた、ポンコツおじさん。それは、僕で...

シーザーサラダの定義

「温玉が乗っているのが、シーザーサラダ」と、知り合いに言われてしまったのですが、そうでしょうか?僕の中のシーザーサラダは、温玉が乗っていません。何か、カリッとしたものと、粉チーズ、サウザンアイランド的なマヨソースが、シーザーサラダの大事な要素だと思うのです。さて、、、シーザーサラダの定義とは、いったい何なのでしょう?今まで、考えた事もありませんでした。調べてみると、「シーザーサラダ」は、ロメインレ...

おかあさんソース

「おかあさんソース、美味しいよね♪」飲食店仲間と酒を飲んだ際、そんな話をしていました。「おかあさんソース」 それは、何か?読んで字のごとく、それは、「(昭和の)おかあさんが作るソース」であり、単純シンプルなソース。ソースとケチャップを混ぜたものです。過去にも、何度か作っていますが、昭和生まれのオジサン(僕)にとっては、心躍るソースです。まさに、昭和の時代の定番ソース。飲食店仲間と、たまに「酒のつま...

豚酢モツ

「豚酢モツ」は、地味に好きな食べ物です。豚モツのクニクニした食感と、さっぱりした味付け。酒のつまみに抜群の力を発揮します。ただ、この豚モツの臭みが、気になる人には気になるようです。この臭みが苦手だと、聞きます。臭みを消せば、苦手な方にも食べやすいでしょうか。玉ねぎ、万能ネギ、大葉に貝割れ大根。薬味まみれにして、ゆずの香るポン酢で和えたら、「豚酢モツ」の完成です。これで、臭みも抑えられたはずです。よ...

こんちわ、コンチャー

チャーシューにコーン、万能ネギをマヨネーズで和えて、「コーンチャーシュー」の出来上がり。ちょっとしたお野菜と一緒に添えて出す、当店でも程よく人気のメニューです。「コーンチャーシュー」と言うネーミングですが、店内では略称「コンチャー」で呼びます。「あい、コンチャー1つ!」、、、挨拶か?「こんちわ」「コンチャー」、、、呼びやすいから、注文が多いのでしょうか?「美味しいから」とは考えないのが、新米店長(...

年季の入ったかぼちゃサラダ

かぼちゃサラダは、定期的に作るおつまみです。ベーコンと玉ねぎ、おろしにんにくをアクセントにした、マヨネーズタイプの「かぼちゃサラダ」。甘いかぼちゃが美味しい季節。ついつい、今日も作ってしまいました。「かぼちゃサラダ」は、以前、某居酒屋のお通しとして出てきたものが、最初の出会いだったと思います。それは、何十年も前だったでしょうか。美味しくて、おかわりをしてしまった「かぼちゃサラダ」。じっくり味わいな...

カニカマの南蛮漬け

ほぐしたカニカマと、千切り野菜を南蛮液で漬けて、「カニカマの南蛮漬け」完成です。カニカマを和えるだけなので、鯵に衣をつけたり、鶏を揚げたりする必要がありません。ほぐして和えるだけなので、とても簡単。そして、「カネテツのほぼカニ」が、美味しい。「ほぼカニ」の、「ほぼカニ」感が素晴らしい。少しチープで、少しカニを感じるのが、「ほぼカニ」。言ってしまえば、「甘酢漬け」ですから、日持ちもします。カニカマな...

エビのカクテル風

僕が務める飲食店は、ピザ屋さんです。ピザに使うトッピング、、、酒のつまみにも使えます。そんなおつまみを考えよう。シーフードピザ等に使う、バナメイエビがあります。ぷりぷりのエビで、個人的にも好きな食材です。エビと言えば、カクテルが出来るでしょうか。ホワイトソースやトマトソース、バターもあるので、本格的なオーロラソースも作る事は出来ます。ただし、僕はしません。店で出す酒のつまみは、もっとハードルの低い...

ベーコンハニーマスタード

高級缶詰は、今でも流行っているのでしょうか?一時期、色々な場所で見かけた高級缶詰。開けるだけで、オシャレな酒のつまみになってしまう、そんなズルさがあるのが、高級缶詰です。高級缶詰の中において、一番にあがるメニューと言えば、「ベーコンハニーマスタード」だと思います。「高級缶詰」のジャンルが確立されて、この料理を初めて知った方も多いでしょう。僕も、それです。高級缶詰なので、やっぱり高額ですし、なかなか...

厚揚げキーマカレー

豚ひき肉と刻み玉ねぎを炒めたら、カレー粉、めんつゆ、市販のカレールゥで味付け。先に焼いた厚揚げを加えて、しっかり和えたら「厚揚げキーマカレー」の出来上がりです。これもまた、チューハイに良く合う酒のつまみです。カレールゥにめんつゆを加えることで、和風な味わいのカレーになります。厚揚げも、和風な食材。合わない訳がありません。カレー粉を加えて、しっかり香りを加えたのですが、それがいけなかったでしょうか。...

ちょっと厚焼きベーコン

ブロックベーコンを、少し厚めに切って焼いた、そんなおつまみ。久しぶりに提唱しよう、「男とは、肉塊に弱い生き物」です。昨今では、肉塊大好き女子も、多いようです。少し厚めに切って焼いたベーコンは、厚い分だけ柔らかさがあります。一口噛むと、じゅわりとした豚の脂が広がり、少し焦げた香ばしさが、鼻から通り抜けます。美味しい。少し塩分の強いベーコンに、酸味を強めに漬けたコールスローが、程よく合います。別々に食...

豚キムチ煮

務める飲食店は、「立ち飲みが出来るピザ屋」です。ピザをメインに、お酒やおつまみも提供していますが、、、ピザがメインのため、おつまみは「作り置きで、盛り付けだけのもの」「ちょっと和えるだけのもの」等になります。「温め直すだけのもの」もまた、店のおつまみには欠かせないものです。豚バラとキムチ、豆腐を煮込んで、「キムチ鍋」的なものを作りました。寒い夜は、こんなつまみも店では喜ばれるのではないか?そう思っ...

小諸と言う名の小鉢

三大立ち蕎麦チェーンと言えば、「富士そば」「ゆで太郎」、、、そして、「小諸そば」。株式会社三ツ和さんが運営する、小諸そばさんです。僕にとって、小諸そばさんと言えば、それは「冷やしたぬき」です。揚げ玉に、かまぼこときゅうり。この構成が、個人的には一番大好きな「冷やしたぬきの形」です。キングオブ冷やしたぬき、、、と言ってもイイ。さて、、、そんな「小諸そばの冷やしたぬき」。蕎麦がなくても、これは良いおつ...

塩サバの香味和え

塩サバは、焼いたり酒蒸ししたり、行程として手間がかかる。そんなイメージを勝手に持っていたのですが、「電子レンジでチン」という調理方法を知りました。酒をふり、ふんわりラップをしてチンするだけでも、皮に程よく焼き色がつき、美味しく仕上がるのだそうです。チンした塩サバをほぐせば、鯖フレークに。作り置きしておけば、色々使えて便利だとの事です。ネットで調べて、そんな「便利な塩サバ利用法」を知った新米店長が、...

薬味鶏(鶏胸肉の香味和え)

茹でて裂いた鶏胸肉と、貝割れ大根、玉ねぎ、大葉、万能ネギなどの薬味、ポン酢で和えたら、刻み海苔を添えて出来上がり。作り置きしておくと、味が馴染み、酒のつまみにイイ。かいわれ大根や大葉等、普段は主役になれない「脇役の薬味たち」。玉ねぎスライスもまた、そちらの類でしょうか。ただ、、、この薬味たちをわっさり混ぜると、抜群の力を発揮します。鶏胸肉の他、ツナ、塩サバなんかと和えても美味しい。最近、店に常備し...

ツナアボカドのディップ

務める飲食店は、「ピザ屋」さんです。いつも、和風なおつまみばかりを作って提供していますが、たまにはコジャレたものも出しましょう。そんな事を思い、作ったのは「ツナとアボカドのディップ」です。めんつゆを使い、少し和風に仕上げたアボカドディップ。ツナとの相性もイイ。そのままでも美味しいのですが、お店で出すには、もう少し手を加えて「特別感」を出したい。そんな時は、お店で人気の「わさびクリーム」です。和風食...

鶏ピカタの南蛮漬け

鶏肉をピカタにし、南蛮液に漬け込んで、「鶏肉の南蛮漬け」の出来上がりです。少し漬けておいた方が、個人的好み。
本当は、豆アジ等を揚げたいところなのですが、揚げ物は大変です。それならば、鶏肉ピカタを漬け込んでも良いではないか。そんな思いで、漬け込んだ南蛮漬け。人参やピーマン、玉ねぎと、野菜もたっぷりなので、栄養バランスも素晴らしい逸品だと、僕は思います。何よりも、酒のつまみにぴったりなのが、素晴らし...

ミートボールのトマト煮込み

オジサンという生き物は、「子どもっぽい食べ物が好き」。そう考えるのは、僕だけではない気がします。たまに食べる駄菓子。カレーライス。そして、ひき肉料理です。務める飲食店では、毎日違う「おつまみメニュー」を作ります。今回は、「ミートボールのトマト煮込み」です。ピザに使うチーズを隠し味に、コクを出します。しっかり煮込んだら、ドライパセリをふって出来上がり。少し小さめのミートボールを、ゴロゴロとさせると、...

豚とお茄子の甘辛煮

カリッと焼いた豚バラ肉を一度取り出し、残った油でお茄子を焼きます。一緒にして甘辛く炊いて、「豚とお茄子の甘辛煮」の完成です。くったりしたお茄子と、カリッとした豚バラの食感が、良い具合です。甘辛の味付けは美味しい。そんなおつまみを、務める飲食店で作った日。務める飲食店は、ピザがメイン、、、と言うよりも、ピザ屋さんです。甘辛な和風のおつまみを提供する、このアンバランスさ。ピザを焼き、酒を注ぎ、、、そし...

フリカッセとクリーム煮

最近、CMでも見かける「シチューオンライス」。ご飯にシチューをかける行為も、肯定される時代となったのでしょうか。とても嬉しい。
そんなCMを見ていた日。ご飯にかけなくても、酒のツマミに良いだろうと思い、作ってみました「チキンフリカッセ」。務める飲食店での、酒のツマミです。「フリカッセ」とは、フランス語で「白い煮物」と言う意味だとか。
 メニュー表に書いた「チキンフリカッセ」の文字。、、、このネーミングが...

白滝の炒め煮

豚コマとしめじ、白滝を一緒に炒めたら、甘辛く炒め煮に。万能ネギ、一味唐辛子をふると、美味しい。
個人的には、白滝だけでも充分です。ただし、お店で出すには、不充分です。
務める飲食店で作った、「白滝の炒め煮」。豚コマのコク、しめじの旨味も入って、イイ感じになりました。
温玉を添えると、また美味しい。↑炒め煮するようにクリックしていただけましたら、白滝大好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございま...

松前漬の形

松前漬と言えば、昆布とスルメ、人参を混ぜたものです。そもそもは、カズノコが入らないはずなのです。
もっと、違う形の松前漬が出来ないでしょうか。
そんな事を考え、割り干し大根を加えてみました。割り干し大根の松前漬。白菜も入っています。
、、、あまり、「松前漬感」がない気もします。
まぁ、美味しい事は美味しい。昆布とスルメの旨味は、漬物にイイ。
まだまだ、考察しよう。↑松前漬のようにネバネバとクリックしてい...

鶏とジャガイモの煮っ転がし

大きなジャガイモがあったので、適当に切って、弱火でじっくりと火を通し、鶏と一緒に、煮っころがしに。甘辛い味付けの煮っころがしは、なんだか優しい。
鶏カタ肉が、一般的に浸透してきたのでしょうか。最近、色々なスーパーで見かけます。
需要が高くなれば、供給量も増える。供給量が増えると、価格帯が上がってしまう。そうなってしまうのも、仕方のない事です。最近、鶏カタ肉が若干値上げしている気がします。気のせいでし...

鶏胸肉とお茄子ピーマンのトマト煮込み

「トマト煮込み」は、東京へ上京した当時から作っていた料理です。鶏胸肉、お茄子、ピーマンを炒めて、ホールトマトで煮込んだ「トマト煮込み」。チキンコンソメでしっかり味付け。砂糖を隠し味に、甘みとコクをプラス。ローレルとオレガノで、香りを加えた、シンプルなトマト煮込みです。お店で使う、おつまみの完成。鶏胸肉はパサパサしますが、そのパサパサ具合がまた好きだったりします。とろとろに煮込んだお茄子と、くったり...

お茄子のナムル

ナムルといえば、茹でた食材を塩とごま油で和えた、韓国の家庭料理。そう思っていたのですが、調べてみると、色々な味付けがあるようです。しょうゆ味、生姜やニンニクが効いたもの。すりごまを和えたもの、、、そして、酸味あるもの。そうか、、、色々な味付けでイイのだなぁ。レンジ蒸ししたお茄子を裂いて、ポン酢、砂糖、ラー油をベースのたれに漬けて「お茄子のナムル」の出来上がりです。ジュワリと浸みたお茄子が美味しい。...

プチトマトのマリネ

プチトマトは、少量で購入する事ができません。どうしても、「添え物的イメージ」があるプチトマトは、せいぜい1個2個使う程度。それでも、店で売られているプチトマトは、プチではなく、わっさり入っています。添え物では、消費が出来ない、このプチトマト。添え物ではなく、メイン食材にしようじゃないか。そんな訳で、たっぷりのプチトマトを、マリネにしました。酸味の強い、みじん切り玉ねぎを加えたマリネです。お酢を多めに...

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ