FC2ブログ

Entries

あってりという名のラーメン

務めるお店の定休日は、火曜日です。休みなのですが、仕込みがあるので、お店には行きますし、仕事もします。定休日なので、お客さんが来る事はなく、仕込み作業も余裕を持って出来ます。高温の石窯を使う事もありませんので、、、お酒を飲みながらでも出来る。そして、途中で店から抜け出せるのも、定休日に行う仕込み作業の良い所です。久しぶりに、近所にある人気のラーメン屋さんへ行ってきました。以前から、ちょくちょく行っ...

日高屋賛辞(京成立石店のモツ野菜ラーメン)

最近、仕事帰りに日高屋へ行く事が多いなぁ、、、特別「悪い事」ではありませんが、マンネリな感じもあります。そんなマンネリを解消してくれるのが、「期間限定メニュー」です。期間を過ぎれば無くなってしまう、儚いメニュー。新しく登場した期間限定メニュー「モツ野菜ラーメン(610円)」を食べよう。キャベツとニラ、人参。そして、たっぷりの豚モツ。豚モツ独特の臭みがあり、好みが分かれるかもしれません。平打ちちぢれ麺...

日高屋賛辞(京成立石店のバクダン炒め)

仕事終わりと言えば、「コンビニ弁当」か「日高屋で酒」。この二択が、最近の定番です。そして本日は、日高屋へ寄って、軽く飲酒。久しぶりに、「バクダン炒め(510円)」を注文しました。調べてみると、前回食べたのは、2017年11月8日。実に、10ヶ月ぶりのバクダン炒めです。写真で確認すると、以前は玉ねぎが入っていたようですが、今は入っていないのでしょうか。野菜の価格高騰が、ここにも出ているのかもしれません。それにし...

日高屋賛辞(京成立石店の野菜たっぷりタンメン)

務める飲食店の営業が終わるのは、遅い時間です。閉店作業後、深夜営業している「日高屋・京成立石店」で、軽い日高屋飲酒です。しっかり飲んだ後、最後に「野菜たっぷりタンメン(520円)」を注文。そういえば、ここ最近は、しっかり野菜を食べていないなぁ、、、「野菜350gが摂れる!」メニューには、そう謳われているタンメン。野菜たっぷりです。炒め野菜から滲み出た野菜の旨味がスープに溶け、優しい味わい。コショウをしっ...

日高屋賛辞(京成立石店の酸辣きのこ湯麺)

務める飲食店の営業が終わるのは、遅い時間です。閉店作業後、ちょっと外で酒が飲みたい。そんな時は、「日高屋」です。給料日という事もあり、懐も温かい。そんな事もあって、ちょいと飲みすぎた夜。仕上げに、期間限定メニュー「酸辣きのこ湯麺(610円)」を注文です。たっぷりのきのこに、ふわふわ卵とニラ。豚肉も見えます。仕上げの辣油が彩りの良い、酸辣湯麺。酸味と甘みが程よく、これもまた美味しい。イイなぁ。しこたま...

日高屋賛辞(京成立石店のエビ辛とんこつつけ麺)

務める飲食店の営業が終わるのは、遅い時間です。閉店作業後、ちょっと外で酒が飲みたい。そんな時は、「日高屋」です。遅い時間まで営業している「日高屋」さん。久しぶりに、日高屋飲酒です。しっかり飲んだ後、ついつい期間限定メニューを注文してしまいました。「エビ辛とんこつつけ麺(600円)」を注文です。たっぷりの麺に、煮卵とメンマ。おつゆは、熱々でラー油たっぷり。ぷりぷりエビの身が入っている訳ではありませんが...

タンタン風味噌ラーメン

たまに行く町中華の店で、「タンタン風みそらーめん(750円)」を注文。優しいお母さんが運んできてくれました。たっぷりのもやしとひき肉を炒めた、王道の味噌ラーメンに、豆板醤ベースの辛味を加えたラーメン。美味しい。町中華の「野菜たっぷりぶり」は、本当に嬉しい。野菜不足が気になる、一人暮らしのオジサンにとって、お母さんの優しさが伝わります。ただ、暑い時期には厳しいのが、熱々のラーメンです。汗をかき、臭いが...

町中華・冷やし中華

たまに行く町中華のお店も、「冷やし中華始めました」の貼紙が貼られていました。これは食べておかなくてはと思い、店に入り、「冷やし中華(770円)」を注文です。冷し中華は、「ハム・卵・きゅうり」があればイイ。もちろん、それ以上にたくさんの具が乗っても嬉しいのですが、シンプルな3種だけでも、十分満足な僕。ただし、店のお母さんが作る冷し中華は、具沢山でした。初めて注文しましたが、チャーシューに錦糸卵、きゅうり...

優しい餃子

「ビール、頂いて良いですか?」たまに行く町中華のお店で、厨房で鍋をふるお母さんにそうお願いしたオジサン。それは、僕です。たまに見かける常連さん達に習って、僕も自分で冷ケースから瓶ビールを取り出して頂きます。ビールのつまみに、「餃子(430円)」を注文。たまに見かける常連さん達が、「餃子」を頼んでいると、ついつい僕も頼みたくなってしまう。餃子とは、そんなものだと思います。甘めの皮の、少し大きめの自家製餃...

もやしの躍動感

真っ直ぐに「すんっ」とのびたもやしもありますが、野趣溢れるような、ひんまがったもやしもたまに見かけます。食材の扱い易さから言えば、真っ直ぐ均一に伸びたもやしの方が良いのでしょう。四方八方にわさわさっと曲がったもやしは、たまに絡まる事もあります。ただ、この曲がったもやしを見と、僕は、岡本太郎さんを思うのです。「太陽の塔」や、「明日への神話」。たくさんの作品と名言で、世間に衝撃を与えた、あの芸術家です...

日高屋賛辞(京成立石店の黒酢しょうゆ冷し麺)

今年もまた、「冷やし中華の季節」がやって来ました。たまに行く「日高屋・京成立石店」で、「黒酢しょうゆ冷し麺(530円)」を注文です。日高屋の冷し中華は、具材が別皿になっています。いつも不思議なのですが、盛りつけを省く事で、素早く提供できるからでしょうか。自分で麺の上にわっさり乗せて、頂きます。美味しい。冷し中華は、「ハム、きゅうり、卵」があれば、他に何もいらない。そう感じてしまいます。少し辛子を溶か...

お母さんの焼きそば

お母さんが一人頑張る「町中華」のお店で、焼きそばを注文した僕。焼きそばは、主食でもありますが、町中華で注文すると、一気に「酒のつまみ」に寄らないでしょうか。茶色に染まった焼きそば麺をひとつまみ。キャベツ等の野菜とお肉で、「野菜炒め」としてひとつまみ。そして、瓶ビールをグイッと。、、、美味しい。焼きそばが好きで、焼きそば麺だけで「生ベビースター」等と言い切って酒を飲む。そんな僕だからでしょうか。町中...

日高屋賛辞(京成立石店の磯辺揚げ)

あ。久しぶりに日高屋へ行くと、メニューが変わっていました。大好きだった、季節限定「チゲ味噌ラーメン」は、季節が変わり、なくなってしまいまいした。それは、季節限定ですから、問題ないのですが、全体的に、少し値上げしたようです。中華そばや餃子等、10円から30円前後でしょうか。そして、酒飲みの僕には大事な「おつまみメニュー」がリニューアル変更となりました。個人的に好きだった「ポテトサラダ」はなくなり、「マカ...

青戸長寿庵の中華そば

400年の歴史がある蕎麦屋「長寿庵」さんは、長寿庵協同組合で組織化されており、「釆女会」「十日会」「四之橋会」「実成会」の4会派に別れています。東京都葛飾区にある、四之橋会派の「青戸長寿庵」さんにて、アジフライで酒を飲んでいたお昼。締めに、「中華そば(650円)」を注文です。手もみ感のある、少しウェーブがかかった細麺。タネは、バラ巻きチャーシュー、茹でほうれん草、メンマにナルト、海苔、小口切りの長ネギ。...

マーボーめん

たまに行く町中華の店で、「マーボーめん(650円)」。滅多に食べないメニューですが、なんだか食べたくなる、それが「麻婆麺」です。麻婆豆腐を作り、ラーメンを作り、それをあわせる。そんな手間のかかるものを、自宅で作る事はほぼありません。このブログを調べてみても、麻婆麺に関するネタは、数度。それも、焼きそば等が多く、2006年から続いているこのブログの中で、汁物としての麻婆麺は、1度しか作っていないようです。豚...

日高屋賛辞(京成立石店のチャーハン)

あれ?日高屋で、久しぶりに「チャーハン(430円)」を頼んだのですが、昔から「鶏肉」だったでしょうか。長ネギと玉子、そして刻んだ鶏肉のチャーハン。なんとも、親子の構成です。中華屋さんのチャーハンとしては、珍しい気がします。一般的に「チャーハンの具」と言えば、チャーシュー、ナルトが多いのではないでしょうか。不味い訳ではありません。久しぶりに食べた日高屋のチャーハンは、滋味深く美味しい。パラパラに仕上が...

生そば恵比寿のラーメンライス

お昼に立石を徘徊。よく行く中華屋さん、気になっていた中華屋さんに降られ、昼食ジプシー状態で隣町・四ツ木まで来てしまいました。地区センター近くに、蕎麦屋があったはずです。きっと、中華そばも提供しているでしょう。そんなヤマをかけて入店したのが、「生そば恵比寿」さんです。蕎麦屋ですが、ラーメンが食べたい。今日のお昼は、なんだか「ラーメン」の気分だったのです。メニューを確認して、「中華そば(500円)」を注...

海華立石本店の閉店

京成立石駅の連続立体交差事業のため、立石駅と線路周りの店舗が、次々に閉店しています。立石の地で長く営業していた中華料理屋「海華」も、本日で閉店です。最終日に、一杯だけ食べていこう。10数年前まで、よくランチを食べていた店です。安くてボリュームもあり、店のお母さんの感じも良く、良いお店でした。久しぶりに店に入り、「五目そば(680円)」を注文です。塩と醤油が選べるようで、醤油を選択しました。店内のメニュ...

中華料理栄屋のラーメン

中川に近い、住宅街の中に、昔ながらの中華屋さんがあります。店の半分は蕎麦屋の暖簾があがり、なんとも不思議な店です。昼過ぎに入ると、常連客らしきオヤジさんが一人、店のオヤジさんと談笑していました。メニューを確認し、「ラーメン(510円)」を注文です。しばらくして出てきたラーメンは、昔ながらの懐かしい一杯でした。タネはチャーシュー、ナルト、板海苔、茹でほうれん草、メンマに長ネギ。板海苔は、炙ってはおらず、...

日高屋賛辞(京成立石店のピリ辛とんこつラーメン)

日高屋の「とんこつラーメン」が、420円。トッピングの「細切りネギ」が110円。さて、「ピリ辛とんこつネギラーメン」です。山盛りのネギと、ラー油でピリッと辛味を加えた、とんこつベースのラーメン。こちらは、560円です。とんこつラーメンにネギトッピングで、530円。ラー油の辛味、、、って、これは卓上のラー油をかけたら、完成するんじゃないだろうか?ネギトッピングに、卓上ラー油を使用すれば、30円安く「ピリ辛とんこつ...

京島やぶ成のたぬきそば

最近見つけた、京島の良い蕎麦屋さん「京島やぶ成」。無料のお通しがボリュームいっぱいの、素敵な店です。開店時間の11時を少し過ぎた時間。やっぱり、店へ行ってきました。「麦ハイ(350円)」を注文すると、本日も3品のお通しが、、、今日は「冷奴」と「野菜かき揚げ」と、、、「分厚い中トロ」!冷凍ものでスジも入っていますが、脂がすごい美味しい中トロです。これが無料なのは、本当に嬉しい。おかわりの「麦ハイ」を頼んだ...

お食事処更科ゆたかのたぬきそば

所用を済ませた昼前。どこか近所でご飯でも、、、と、以前から気になっていた、青戸の「ゆたか」へ行きました。「さつま揚げ(480円)」をつまみに、「瓶ビール(600円)」を楽しみながら、メニューを確認です。ちなみに、「中生とつまみのセット」がある事を、後で知りました。ちゃんと確認しておけばよかった、、、「この店は、たしかラーメン提供だったはず」以前、調べた時には、しっかり中華系のメニューがあったのですが、メ...

日高屋賛辞(京成立石店のワンタン麺)

ちょい飲みに活用する「日高屋」さんですが、新しい期間限定メニューが登場したようです。気になっていたので、ついつい京成立石店に寄った仕事帰り。餃子でホッピーを数杯飲んだ後、締めの「ワンタン麺(590円)」を注文です。そう、今回の期間限定メニューは、「ワンタン麺(590円)」です。「中華そば(390円)」をベースに、ひき肉たっぷりのワンタンが7つ。煮卵が1/2個。海苔と、メンマ。チャーシューがないのは少々残念です...

日高屋賛辞(京成立石店の担担麺)

僕が「熱烈食堂 日高屋」に行く時。それは、ラーメンを食べる時ではなく、「お酒を飲みに行く時」です。260円のチューハイを2杯、餃子を6個(220円)頼んでも、合計で740円。1000円以内に収まるからです。そんな「日高屋呑み」を楽しむ僕ですが、たまにはラーメンも食べたくなります。酔っ払って来ると、チューハイの量は増え、〆のラーメンまで注文してしますダメなパターンです。「チゲ味噌(590円)」は美味しいのですが、同じ...

青戸長寿庵のたぬきそば

300年の歴史がある蕎麦屋「長寿庵」。長寿庵共同組合により組織化され、4会派に分かれています。この会派を調べてるだけでも、とても面白い。※詳しくは、■「長寿庵協同組合」会派系図をご覧ください。酒飲みの聖地と呼ばれる「葛飾区立石」。その隣町である、青戸にも長寿庵があります。昼酒を飲もうと、自転車でお店へ。青戸長寿庵も歴史が長いお蕎麦屋さん。店内の雰囲気もまた、趣があります。「サバのみそ煮(550円)」で、「...

いしくら家本店の「たぬきそば・かやくご飯セット」

未だ昼に勤める残念な会社にて、久しぶりに「昼食の誘い」。残念な社長と共に、「いしくら家本店」へ。ごくごく普通の、昔からある「町の蕎麦屋」さん。卸問屋街にある店で、昼の混雑ぶりが凄い。少し時間をずらして入り、「たぬきそば・かやくご飯セット(650円)」を注文です。いしくら家のかやくご飯は、薄味でしみじみと美味しい。細かく刻まれた干し椎茸、人参、油揚げがうっすら入った、優しいかやくご飯です。蕎麦のおつゆ...

光陽楼のうまにそば

葛飾区立石に、長く営む中華屋さんがあります。少しわかりにくい場所にあるのですが、飲み仲間に聞くと、「うまにそばが美味い」と評判のお店です。否定的な意見を全く聞かない、「光陽楼」さんと言うお店。席に座り、「うまにそば(800円)」を注文です。さすが、人気メニュー。他のお客さんも、多くが「うまにそば(800円)」を注文しています。「時と場合によっては、具材の構成が変わる」と噂がある「うまに」。豚、エビ、イカ...

美可和屋のラーメン

気になっていた蕎麦屋さんが、自宅から少し歩いた場所に、あります。野暮用で、近所を徘徊していたのですが、やっと行く事ができた土曜日の昼。それが、「美可和屋」さんと言う、小さなお蕎麦屋さんです。開店してすぐの時間、誰もいない店内で、ひとまず「瓶ビール(600円)」を注文。メニューの冊子はなく、壁に貼られた短冊メニューだけのようです。ビールのつまみに眺めていたら、「ラーメン」の類、「カレーライス」もありま...

チャーシューメンの特別感

子どもの頃、チャーシューメンと言えば、ご馳走でした。普段食べるものよりも、チャーシューが数枚多い、この豪華さ。店によっては、どんぶりに敷き詰められ、器からはみ出る事もあります。チャーシューメンはなかなか手が出せず、特別な時に食べるものと刷り込まれています。やっぱり、チャーシューの枚数と比例して、個人的喜びも倍増していくのではないでしょうか。さて、今現在のオジサンになった僕です。確かに、チャーシュー...

そば処赤坂長寿庵京島支店のもりそば

300年の歴史がある蕎麦屋「長寿庵」ですが、しっかりとした組合があり、現在は「釆女会」「四之橋会」「十日会」「実成会」と4つの会派に別れています。この系譜を見るだけでも楽しく、どの会派から調べるのも、ライフワークのひとつとしています。「赤坂長寿庵京島支店」は、その名の通り「赤坂長寿庵」から暖簾分けのようです。昭和2年、吉田寅次郎氏(茅場町長寿庵)から暖簾分けした渡辺藤蔵氏が開業した「赤坂長寿庵」。「赤...

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ