Entries

町中華で昼酒大会

お昼前、お世話になっている方に誘われて、東四つ木にある中華屋さんへ。地元の方々が愛する、昔ながらの町中華なお店です。店に入ると、知り合いが先に来ていたのですが、、、大混雑です。数組のお客さんが、入れずに帰っていく勢い。凄い人気だなぁ、、、。知り合いと一緒に、瓶ビールで乾杯。満員大混雑の店内ですから、料理の注文は、落ち着いてからにしよう、、、と話しつつ、お通しの沢庵を食べながら、昼酒。酔いも、早そう...

宝盛庵のたぬきそば

僕が住む酒飲みの街「葛飾区立石」より、京成押上線に乗って3駅。「京成曳舟駅」があります。そんな「京成曳舟駅」の近くにある、「宝盛庵」へ行きました。

敷居の低い、下町によくある地元密着型のお蕎麦屋さんで、
以前から気になっていたのです。「鳥焼・たれ(500円)」で蕎麦前。日本酒が苦手なので、ここは「ウーロンハイ(450円)」を。下町らしく、焼酎が濃くて良いです。串打ちしていない「鳥焼」は、ボリュームもありま...

京島やぶ成のラーメン

良い店を見つけました。残念な会社へ休日出勤した帰り。お昼前の時間、京成曳舟駅で途中下車し、「京島やぶ成」へ。ラーメン提供のあるお蕎麦屋さんですが、ラーメンを注文する前に酒を飲もうと「瓶ビール(450円)」を注文したら、お通しが3皿出てきました。冷凍のマグロ2切れ、きのこ入りもずく酢、炒めた豚バラ。お通しで600円くらい取られるのかな?と思ったら、酒を頼むと無料で付くようです。さすが下町。さすが曳舟。この大...

日高屋京成立石店のネギ中華そば

いつも、ちょい呑みに使う日高屋さんですが、たまにはラーメンも食べます。「チゲ味噌ラーメン(590円)」は好きですし、「中華そば(390円)」の安さも魅力です。ですが、たまにはトッピングをしてみようと思い、「ネギ中華そば(500円)」を注文。トッピングのネギは、別皿提供です。長ネギ、、、多いなぁ。批判しているのではありません。野菜がまだまだ高い昨今、このネギの量はとても嬉しいのですが、100円で半量でも問題ないと...

大村庵の中華そば

お蕎麦屋さんで提供される「中華そば」は、なんだか美味しい。昭和的フォルムと、独特の臭みが、中毒性を与えてくれる気がします。お昼の時間を少し過ぎた時間。少し遅くなりましたが、お昼にしようと思い、東上野の大村庵へ。店に入ると、テーブル席がいっぱいでした。酔客もいます。壁の端にあるカウンター席に座り、「中華そば(550円)」を注文です。蕎麦屋らしい、中太のもっちりしたストレート麺。柔らかめに茹でられた麺が...

浅野屋(奥戸街道)の肉南ばんそば

葛飾区立石の奥戸街道沿いに、数件の蕎麦屋さんがあります。昔からある、古い蕎麦屋さんですが、行った事がなかった「浅野屋」さんへ来店。壁のメニューを眺めがらしばらく悩み、「肉南ばんそば(750円)」を注文です。どうやら、老夫婦がお二人で営んでいる様子です。厨房の中は全くわかりませんが、店内はおばぁちゃんが担当しています。出てきた「肉南ばん」は、豚肉がたっぷり、美味しそうなお蕎麦でした。タネは豚肉、長ネギ...

満留賀のラーメンライス

京成お花茶屋駅より南下。少し歩いた白鳥会館近くに、「満留賀」さんがあります。
老夫婦が営む、昔ながらの蕎麦屋さん。店内は荷物がたくさん置いてあり、コカコーラの昔の自販機も置いてあります。
壁のメニューを見ると、下丸子の「満留賀本店」さんから送られた立派なメニューが飾られています。

メニューから、「ラーメン(450円)」を注文。
「半ライスありますか?」と聞くと、「ミニ(200円)がありますよ。」とお母さん。一...

チャンポンの形

ちゃんぽんと言えば、一番メジャー感漂うのが、長崎ちゃんぽんでしょう。白濁スープに、たくさんの具材、独特のちゃんぽん麺。全国チェーン「リンガーハット」の功績も大きいのではないでしょうか。滋賀県彦根市には、和風スープの「近江ちゃんぽん」がありますし、沖縄で「ちゃんぽん」と言えば、ご飯です。「ちゃんぽん=混ぜる」の語源が素ですから、色々なちゃんぽんがあるのもわかります。たまに行く、中華屋さんで、「醤油ち...

らーめんほうらいのニラ炒め

野菜が高い。そんな昨今。ニラだけでも、1束200円すると、なかなか手が出ません。一人暮らしの貧乏人には、本当に痛い、野菜の価格高騰。そんな時は、町中華です。昔ながら、下町に馴染む町の中華屋さん。仕事帰り、今夜もついつい寄ってしまいました。瓶ビールに、「ニラ炒め(540円)」を注文です。もやし、ニラ、人参に豚コマ、キクラゲ。、、、おおぉ、、野菜たっぷりです。ニラが1束200円の、この時期。540円はニラ2束以上の...

餃子の王将京成曳舟駅前店

昨年、京成曳舟駅の高架下に、「餃子の王将 京成曳舟駅前店」がオープンしました(※2017年10月5日オープン)。ウォーキング途中、京成曳舟駅で見かけ、気になっていたのです。そういえば、王将の餃子を、久しく食べていません。仕事帰り、京成曳舟駅に途中下車。店に入り、「生ビール(税込486円)」「餃子(税込259円)」「油淋鶏ジャストサイズ(税込340円)」を、口頭注文です。ちなみに、「ジャストサイズ」は、一人用にピッタ...

日高屋立石店の野菜たっぷりタンメン

野菜が高い。こんなにも高いと、さすがに自炊も悩んでしまいます。一人暮らしのオジサン。そんなに大量の野菜を買いませんので、割高な少量パックを買ったりしますが、高い。貧乏人は、野菜の摂取も厳しいと言う事でしょうか。そんな時、町のチェーン店はありがたいものです。蕎麦ばかり食べていた昨今。無性に、ラーメンが食べたくなり、自宅最寄駅の近くにある「日高屋立石店」にて、「野菜たっぷりタンメン(500円)」を注文で...

良い塩梅のチャーハン

「少し、味薄くない?」「食べ進めるうちに、ちょうど良い塩梅になりますよ。」先日読んだ漫画の中で、そんな話がありました。店で朝食を食べる初老のオジサンに、優しくて綺麗な女性店主が、そう返します。そこには、「塩分過多」を考えた、店主の優しさが伺える台詞。塩加減と言うのは、最初から最後まで一緒と言う訳ではありません。その時の体調や舌の状態、微妙な変化で味わいは変わります。最初は「少し薄いかな?」と思いな...

我が町中華のタンメン

そこは、「タンメン」なのだと思います。野菜の価格が高騰し、一人分の野菜を購入するのも厳しい昨今。もやしを主軸として、安い野菜やミックス野菜等を買い、自炊に走るのもまた、わかります。ただし、自炊のわずらわしさと、費用対効果を考えると、一人暮らしのオジサンには「外で食べて良くないか?」と思える事もあるのです。たっぷりのキャベツ、ニラ、もやし、人参に豚コマ。中華スープに麺。調理時のガス代、食器洗浄の費用...

日高屋立石店のチゲ味噌ラーメン

仕事帰り、そのまま自宅に帰りたくない寒い夜もあります。ついつい、駅のそばにある「日高屋・立石店」へ入ってしまいます。そうそう、季節限定メニューを食べておこうと、「チゲ味噌ラーメン(590円)」を注文です。最近、日高屋づいています。真っ赤スープに、豚バラ、玉ねぎ、キムチ、ニラ、溶き卵。麺は、普段の中華そばとは違う、少し太めの平打ち麺です。いやぁ、、、美味しい。チゲ味噌、美味しい。濃い味付けのチゲ味噌は...

中華料理正華の正華ラーメン

曳舟川親水公園のそばに、昔ながらの中華屋さんがあります。ありますが、知りませんでした。休日のお昼前に来店。見ると、老夫婦お二人で営業されているようです。壁に貼られたメニューを見ると、なんともバラエティ。中華料理はもちろん、カレーライスにカツ丼、ハンバーグや白身フライ、とんかつ定食等、、、お酒のつまみも充実しています。「オムライス+ワンタンセット」等、他ではなかなか見ないものも。店の名前を冠した「正...

定食湖洲の「ピリカララーメン」

上京当時に住んでいた、葛飾区青戸。京成青砥駅近くの商店街も、知らないうちに様変わりしているようです。大きなステーキ屋さんはなくなり、酒屋さんはコンビニに。上京当時に通った100円バーガーのお店も、すでに閉店していました。気づけば、数年前に改装したらしい「定食 湖洲」。店舗を縮小し、店の半分をスナックに変えたそうです。15年以上前、よく利用していましたが、壁にいっぱい貼られていた「定食のメニュー」も、知ら...

三好弥賛辞(三好弥・四つ木店)

休日の昼、ふらっと「三好弥四つ木店」へ。明治から続く老舗定食屋グループ「三好弥」。全盛期には約130店舗にまで広がりましたが、どこの店も、高齢化が進み、どんどん店舗数を減らしているようです。四つ木店も然り。老夫婦の営む四つ木店も、いつ閉店してもおかしくない状態。今のうちに、行っておこう。お店には、瓶ビール、日本酒、コーラが置いてあるようです。瓶ビールを注文し、つまみに「とんかつ(並・550円)」を注文。...

満留賀のみそラーメン

「あそこは、味噌ラーメンが美味い」と、ピザ屋さんに教えていただいた、蕎麦屋「満留賀」さん。
なんだかよくわかりませんが、確かめに行こうと、お昼に行ってきました。
お店の綺麗なお姉さんに、「みそラーメン(600円)」を注文です。

あ、確かに美味しい。

濃いスープの中には、ストレートの中太麺。
豚バラ、もやし、人参、ニラ、きくらげをしっかり炒めて作る、正調・札幌味噌スタイルです。
濃い目のスープが、ストレート...

そば処のん㐂(のんき)のラーメン

蕎麦屋のラーメン調べが楽しくなり、ついつい隣町へやって来た僕。お昼前、「のん㐂(のんき)」さんへ行きました。聞く所によると、昭和一桁の時代に開業したと言う、お蕎麦屋さん「のん㐂」。90年程の歴史があるのだそうです。僕が上京して間もない頃、この「のん㐂」さんの近所にあったボロアパートに住んでいました。深夜バイトの給料が入ると、昼前に店へ行き、イカと里芋の煮物で酒を飲んでいた記憶があります。「蕎麦屋で酒...

三好弥賛辞(三好弥・立石店)

...

ばくだん炒めのハードル

「何がいけなかったか?」と言えば、もちろん、僕がいけなかったのです。安く飲める「日高屋飲み」をちょくちょくするのですが、いつも安いつまみとチューハイの僕。500円を越える「バクダン炒め(単品)」を頼んだ事がなかったのです。100円200円のつまみも多い、日高屋。「やきとり(ネギ和え・170円)」や「ポテサラ(190円)」等、リーズナブルなつまみを2品3品注文した方が、バラエティで楽しい。そして、何より「値段」です...

連休明けの町中華

最近お気に入りの、町中華なラーメン屋さん。高橋ひとみさんに似た、優しくて綺麗な女将さんが一人で切り盛りしているのですが、何かの事情で3日間、臨時休業していました。「3日間食べられない」と聞くと、無性に食べたくなってしまうのが、人間の性でしょうか。そんな、3連休が明けた夜。ようし、ラーメンを食べに行こう!、、、と、思ったら、大混雑です。カウンター席、テーブル席はいっぱい。空いたテーブル席には、ついさっ...

元祖つけ麺大王立石店のラーメン半ライス

1973年創業、破綻後、今でもその名称を使い、長く営業している「元祖つけ麺大王」。20年程前、「立石店」で酒を飲んだ思い出があります。昔ながらの赤いカウンター。深夜まで営業。スナックのお姉さんが深夜、ビールに餃子で人生を語り、涙を流していた、場末感満載の「立石店」です。久しぶりに店へ行き、「ラーメン(600円)」「半ライス(220円)」を口頭注文。一人で切り盛りするオヤジさん、テレビを見ながら笑いながら、調理開始...

復活の中華

「皆で、お昼を」と、食事に誘われた僕。中華屋さんの知り合いがいるのですが、オヤジさんの体調不良により、長く休業していました。それが、、、どうやら「再開」したようです。これは、お祝いがてら、食べに行かなくてはいけません。そんな訳で、祝いの宴、、、を口実とした、毎度の昼飲み大会です。誘っていただいて、本当にありがとうございます。雨の降る中、店がある四つ木方面へ。少し迷いながら、「ラーメンデータベース」...

町中華

最近、ちょくちょく中華屋さんへ行きます。昔ながらの中華屋さんで、ラーメンライスを食べるのが好きなのです。ハムエッグやカレーライス等があり、瓶ビールを飲みながら、置いてある漫画を読む。そんな、昔ながらの雰囲気が心地良い、町の中華屋さん。赤いカウンターの店が多いので、「赤カウンター」と呼んでいましたが、どうやら、世間では「町中華」と呼ばれているらしい。なるほど、町中華。「定義がないのが、町中華の定義」...

中華酒房宝塔のラーメン半ライス

京成立石駅近く、線路沿いに「みそ担々麺が美味しい」と言う、中華屋さんがあります。「中華酒房宝塔」と言う、昔からあるお店です。仕事帰り、お店へ。「テレビで紹介された」と、店外店内でアピールしている「みそ担々麺」、、、を横目に、やっぱり「ラーメン(600円)」「半ライス(150円)」を注文。ラーメンライスは、僕にとって「手の届くご馳走」なのです。しばらくして、カウンターの上に置かれた「ラーメン(600円)」は、濃い...

八幡庵の中華そば半ライス

葛飾区役所から近い場所に、昔ながらの「町のお蕎麦屋さん」があります。「八幡庵」と言うお店、ランチメニューに「中華そば半ライス(590円)」があるようです。ラーメンライス大好き人間としては、これは食べておきたいところです。野暮用を済ませた、ちょうどお昼に来店。相席上等大テーブル席に座り、目的である「中華そば半ライス(590円)」を口頭注文です。ちなみに、お昼だと言うのに、先客一人、後客一人。出前がメインでしょ...

そば処鳴子庵の中華そば半ライス

「あそこのラーメンは、特別な美味さがある訳ではないが、たまに食べたくなる中毒性がある。」知り合いに、そう教えられた蕎麦屋さんが、「鳴子庵」さんです。京成立石駅より南下、奥戸街道にある昔ながらの蕎麦屋さん。そうか、、、あそこも、ラーメンも置いているんだ。夜、店へ行き、「中華そば(600円)」「半ライス(150円)」を口頭注文です。「ラーメンライス」は、手の届くご馳走。ついつい、注文してしまいます。少し待って出...

日高屋立石店の生姜焼き

財布の中を見たら、千円札が数枚入っていました。僕にとっては珍しい事なのですが、そんな時は、やっぱり「酒を飲みに行きたい」。ついつい、「日高屋・立石店」へ。いつも、200円前後の安いつまみを2品頼み、チューハイ数杯飲むのが、僕の「日高屋呑みスタイル」なのですが、今回は「ほんの少し」だけ、お金があります。ここは、念願だった「バクダン炒め(単品510円)」を注文しよう!、、、待て待て自分。メニューに並ぶ、「バ...

新鑫のラーメン半ライス

立石の「新鑫」と言えば、地元に愛される中華料理屋さんで、その歴史は結構長いらしい。客の多くは「酒」がメインです。酒を注文すると、大量の茹でもやしや豆腐等が付いてきます。炒め物は、どれも美味しいし、激辛の麻婆春雨は、箸が止まりません。地元の人にとって、「新鑫」は、酒飲みの場所なのです。カウンターに座り、「ラーメン(醤油/520円)」に「半ライス(150円)」を口頭注文。周りを見ても、客は酒を飲み、つまみを食べ...

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ