Entries

パン天

昭和30年代を綴った漫画「三丁目の夕日」が好きで、よく読んでいます。そこにあったのが「パン天」と言う縁日メニュー。夏祭りの露店にて、子ども達が買って食べているシーンがあるのだが、、、「パン天」とはなんだ?作中に2コマ程度しか登場せず、一瞬で消えた「パン天」なので、細かな情報はない。調べてみても、「パン天」の情報がなく、わからないまま。是非、食べてみたい「パン天」。こんなものか?とつくってみた。刻んだ...

チンジャオロースー麺

「菊水・寒干ラーメン」が大量にある我が家。これもまた消費しなくてはいけない。メンマもいっぱいある。会社近所のラーメン屋には「チンジャオロースー麺」なんてメニューがあり、これが、、、イマイチ。そのラーメン屋、本当に美味しいものがない。長ネギと生姜はみじん切り。鶏胸肉とピーマン、メンマを細く切って炒め、オイスターソースで味付けしたら、寒干ラーメンのスープを投入。水溶き片栗粉でトロミをつけて、茹でた麺の...

ラムときのこのカレー

風邪気味で鼻水が出始めた。「風邪のひき始めは薬ではなく、カレー」である。カレーのスパイス(漢方薬)で、体調を整えよう。冷凍庫に「出汁と醤油で煮たラム肉」が凍っていた。解凍して鍋に入れ、切ったしいたけ、えのき、と一緒に煮込みます。先日つくったデミソースと塩コショウ、カレー粉を入れて味を調えてできあがり。「きのことラム肉のカレー」です。きのこもまた「身体の抵抗力をつける」なんて、聞いていた。これで、ゆ...

5年目

あれ?「始めたのいつだっけか?」なんて、一番最初のネタを見たら2006年10月28日。めでたいのか、めでたくないのか?よくわかりませんが4年の月日が経ち、晴れて5年目に突入しました。思えば、「備忘録」として始めたブログも、いつの間にか「料理メイン」のブログになり、嘘ばかりついているような気がします。ダラダラと、よく続いたものです。4年前の僕は何をしていたのだろうか?と、読み返してみたら4年前の10月29日は、「佐...

ハヤシさんの誘惑(嘘付き)

北海道の酪農家・ハヤシさん夫妻が、全国を旅する僧侶に、ご飯を振舞ったの始まりだとか。僧侶は「殺生はいけない」と拒んだのですが、あまりの美味しそうな匂いに、ついつい食べてしまった。それが「ハヤシさんの誘惑」と言う料理です。、、、、嘘ですけど。長くご来訪いただいている方でしたら、すでにお気づきかと思いますが、全部嘘です。すみません。北欧料理「ヤンソンの誘惑」のアレンジです。ジャガ芋の皮を剥いて、レンジ...

さよなら豆苗

3回目の収穫を楽しみにしていた「我が家の豆苗」ですが、「飲み歩き」等の不摂生、ずぼらな性格が災いし、見事に、、、失敗しました。ヘロヘロな苗の下に、しなびた苗。そして、、、苗の下のカビ。残念、3回目の収穫は未遂に終わってしまいました。もっと元気に育つものかと思っていたのですが、残念です。「なんもだ。庭に植えてたら、グングン育ってきたんだわ。」以前、父がそう言って「行者ニンニク(アイヌネギ、キトピロ)」...

富田林ライス(トンダ・ハヤシライス)

先日、いつもお世話になっております「のんうさぎ」さんが、とっても美味しそうな「ハヤシライス」を紹介していました。僕も食べたくなったので、先日つくった「バケ」さん直伝の「デミソース」でつくってみました「ハヤシライス」、、、豚肉で。基本的には牛肉が苦手なので、豚肉でつくるのが「あひる課長流」。ついでに「豚だハヤシライス」なんて、富田林市にまつわる嘘歴史でもつくろうかな?と思ったのですが、地元の方に怒ら...

ミートボール煮込み

先日、いつもご訪問いただいております「バケ」さんに、「おたふくソースを使ったデミソース」を教えていただきました。つくってみよう。毎度のレシピは本家「バケ」さんにおまかせ。そして、ちょっぴり「僕アレンジ」。刻んだタマネギをバターで炒め、そこに米粉を加えてトロミを出してみました。甘めが好きなので、砂糖もチョッピリ。できあがったデミソースに、レンジでチンしたジャガイモと人参、合い挽き肉を揚げて作った「ミ...

ジンたれ料理「あひる課長鍋2010~甘め~編」

ベル食品「成吉思汗(ジンギスカン)たれ」をジンギスカン以外で使えないか料理考察。第4章74品目。今年も「鍋の季節」がやって来たなぁ、、、。と、しみじみ思いつつ、毎年恒例の「あれ」をやろうか、と、画策。今年も考察してみました。ベル食品「成吉思汗(ジンギスカン)たれ」を使った「あひる課長鍋」です。焼き肉のたれを使った「井上鍋」に出会って数年。真似をして、過去に何度も失敗しているジンたれの「あひる課長鍋」。...

ジンたれ料理「ホタテザンギ編」

ベル食品「成吉思汗(ジンギスカン)たれ」をジンギスカン以外で使えないか料理考察。第4章73品目。水で1.5倍程度に薄めたベル食品「成吉思汗(ジンギスカン)たれ」で、ベビーホタテを漬け込みます。数十分漬け込んだら、溶き卵と片栗粉を入れて揉み込み、中温の油で適度な色になるように揚げてできあがり。「ホタテザンギ」です。鶏肉の「正調ザンギ」の他、「タコザンギ」や「さんまザンギ」は聞いた事があったが、「ホタテザンギ...

北の醤油チャーハン

先日食べた「日清・北の塩焼きそば」ですが、、、いつもお世話になっております「もーりー」さんとネタがカブりました。なんだか「オホーツク北見塩焼きそば・勝手に応援隊」のような状態ですが、それだけで終わらない「もーりー」さん。さすがです。「北の醤油チャーハン」なる素晴らしいレシピを紹介していまして、これまた「ツボにハマった」ので、真似して作る事に。毎度のレシピは本家「もーりー」さんにおまかせしますが、ち...

テバミソ

「サバミソ」があるなら、「テバミソ」があってもイイのではないだろうか?魚御法度の我が家では、魚は極力使わないようにしている。そんな訳で、手羽先を使った「手羽みそ」。手羽先をスライスしたショウガと一緒に煮込みます。味噌、砂糖、酒、醤油、刻んだ長ネギを混ぜ、手羽先の茹で汁を入れて溶かします。手羽先がやわらかくなったら、溶いた味噌を入れて、トロリとするまで煮て、できあがり。「手羽みそ」です。じゃが芋と大...

長女猫のワクチン2010秋

昼に勤める会社から帰った夜。長女猫「みー」のワクチン接種のために、近所にあるF動物病院へ行きました。相変わらずの「みーの嫌がりっぷり」で、カゴに入れるまでが大変だったが、病院の待合室にやって来た長女猫「みー」は、降参したのか大人しくしています。「わー、お腹がプニプニで気持ちイイ。」ワクチン前の触診で、F先生が一言。でぶっちょの長女猫「みー」。それでも、キャットフードを変えてから、ほんの少しは痩せたよ...

津軽弁の日

10月23日は「津軽弁の日」なのだそうです。青森県が誇る方言詩人・高木恭造さんの命日にあたるらしい。元・北海道民の僕だが、「津軽弁」は昔から身近に感じていた方言。それは、子どもの頃から、よく津軽のマルチタレント「伊奈かっぺい」さんのトークライブCDを聞いていたからもある。津軽に伝わる昔話や、津軽の早口言葉、「文字として表記不可」な方言等、大爆笑していた。「な、けっ!」祖父は函館から少し遠い「松前郡福島町...

日清・北の塩焼きそば

以前、お世話になっております「のんうさぎ」さんに教えてもらった「日清・オホーツク北見塩焼きそば」を、今更ながら食べてみました。どうもインスタント麺は食べる機会がない僕。このカップ焼きそばも数週間前に買っていたのですが、食べていませんでした。中を見ると普通の焼きそば、そしてカヤクに「ほたてとキャベツ、パプリカ」でしょうか?当然、玉ねぎも入っているらしい、、、気づかなかったけど。普通につくって食べてみ...

鶏手羽ソース煮

いつもお世話になっております「Mie」さんに素敵コメントをいただきまして、気づきました。余っている「おたふく・焼きそばソース」、これをどうしようか?そうです、そんな時こそ「考察」するのが僕です。「おたふく考察」始めました。そう言えば、どこかのHPで「ソース煮」なんてレシピを見た事があった。あまり覚えていないのだが、適当に煮込んでみよう。スライス生姜、長ネギの青い部分等と一緒に鶏手羽を茹で、アクを取りな...

ピザライス

北埼玉にある喫茶店が発祥の「ピザライス」と言うものがあるらしい。食べた事はないのだが、どうやら「ピザのトッピングのようなドリア状のもの」なのだそうだ。そんな漠然としたデータだけですが、つくってみよう「ピザライス」。要は冷蔵庫を物色したら「ピザっぽい具材が残っていた」だけの事なのだが、実践。適当な幅に切った玉ねぎ、ピーマン、ベーコンを炒め、塩コショウで薄く味をつけておきます。「めんつゆバターライス」...

CP考察「五味焼きそば」

マイバイブル・クッキングパパのレシピを試してみようの「CP(Cooking Papa)考察」。なんだか久しぶりですが、今回は15巻。営業二課の現・主任「けいこ」さんの家の引っ越しで、皆が思い出を語りながら「引っ越しそば」代わりに食べた「五味焼きそば」なるものがあります。豚バラ、キャベツ、ニンニクの芽、青海苔、紅ショウガのシンプルな「五味焼きそば」。うえやまとち先生は「おたふくソースが美味い」と語っています。実は「...

腹毛と放屁

猫の「腹毛」は柔らかく、とっても好きな僕。たまに顔を埋めて、悦に入ったりします。特に長男猫「でぃん」は長毛種なので、その「ふわふわ感」が心地よい。そして「でぃん」のオットリした性格。「やめて」と嫌がらず、「もふもふ」させてくれる。ちなみに長女猫「みー」は、あきらかに「嫌です」と言うようなビブラートのかかった声で鳴き、次男猫「さい」は逃げます。「にゃー」まったりとTVを見ていたら、寝床(段ボール箱)か...

ジンたれ料理「なんだこれ編」

ベル食品「成吉思汗(ジンギスカン)たれ」をジンギスカン以外で使えないか料理考察。第4章72品目。冷蔵庫に余っていたチャーシュー、にんにくの芽、長ネギ、キャベツ。適当に刻んでレンジでチン。「第6代自家製ラー油」とベル食品「成吉思汗(ジンギスカン)たれ」をかけて和えてみた。「なんだこれ?」料理らしい料理と言う感じはしない。冷蔵庫の余りものを温めて和えただけで、料理名すらサッパリ思いつかない料理。まさしく「な...

王(ワン)さんの誘惑

北欧の料理に「ヤンソンの誘惑」と言う料理があります。ジャガイモとタマネギのミルク焼きと言った所でしょうか?アンチョビが入ってる。「中華風のグラタンはできないだろうか?」と思い、色々と悩んでいたのですが、この「ヤンソンの誘惑」を中華風にアレンジできるのではないでしょうか?先日も「鶏と白菜のクリーム煮」をつくったのですが、試してみたい「ミルク系中華料理」。そしてこのネタ、もちろん「名前先考」型です。「...

ヤンソンの誘惑

北欧料理に「ヤンソンの誘惑」と言う、じゃがいもと玉ねぎ、アンチョビを使ったミルク焼き的料理があります。宗教家・ヤンソンさんが、誘惑に負けてしまい、ついつい口にしてしまったと言う料理。なんだか、、、、「名前の由来」にえらく好感を持ってしまう僕がいます。「でも、ヤンソンさんが誘惑に負けたんだから、「ヤンソンを誘惑」とか、「誘惑されたヤンソン」じゃないだろうか?」そんな思いは割愛します。適当に切った玉ね...

天バラ

久しぶりに「やっちまった」。酔っ払って記憶を無くしつつ帰った昨夜、どうやらスーパーで「長ネギとささみのかき揚げ(見切り品の惣菜)」を買って帰ったようです。酔っ払うと、スーパーで半額になった惣菜を大量に買って帰ってしまう僕。もっと考察すべき事がたくさんあると言うのに、、、しかも、「スーパーの揚げ物」は苦手じゃないか、自分!「食彩の王国(土曜9:30~10:00 テレビ朝日系)」を見ていたら、美味しそうなメニ...

おらモス・ザンギバーガー

いつもご訪問いただいております「Kaz」さんが、再現度の高い凄く美味しそうな「自家製モス・ザンギ(から揚げ)バーガー」を紹介していました。しかもパンからつくると言う素晴らしさ。「おらモス会(モスバーガーを自宅でつくろう会)」の一員としては、追従したい思いです。そんな訳で「おらモス・ザンギバーガー」をつくってみました。鶏もも肉を醤油・酒・おろし生姜・ニンニクの漬け汁に漬けておきます。取り出した鶏もも肉...

今週の課長(60)

10月15日は「きのこの日」なんだそうです。きのこの需要が高まる10月、その月の真ん中15日を記念日としたらしいのですが、、、記念日?僕の父は山菜採りが大好きな「山男」です。毎年、秋になると山に登り、たくさんのきのこをビニル袋に入れて帰ってくる。家に帰って「きのこ仕分け」をするのですが、そんな父の姿を見て「秋」を感じていた幼少の頃の僕。「秘密の場所があるから、お前が大人になったら教えてやる。」なんて言って...

肉味噌風納豆和え

キューピー「具のソース うまみ肉味噌風」のレシピコンテスト(クックパッド版)は、毎度の事ながら「不発」に終わってしまいました。まだまだ連敗記録は続いていくようです。それでも余っている「具のソース うまみ肉味噌風」。兎角、一人暮らしの食事と言うものは、なんでも「余る」のが常。先日、クッキングパパ仲間の「とっすぃぃぃ先生」が、「肉味噌と納豆は良く合います♪」と「簡単☆はさみ焼き」を紹介していました。納豆と...

鶏と白菜のクリーム焼きそば

「タカラ 料理のための紹興酒」をいただいたので、コンテスト応募用にレシピ考察。鶏もも肉100gは一口大に切り、白菜2枚は食べやすい大きさに短冊切り、しめじ1/2袋は裂いておきます。鶏がらスープ100ccとエバミルク50cc、紹興酒小さじ2を混ぜてスープを作っておきます。鳥もも肉をフライパンで焼き、焼き色がついたら白菜としめじを入れて炒めます。スープを加えて5分ほど煮たら、塩コショウで味付け。小さじ3程度の片栗粉を...

「ニラおこ」と「嘘」

「ニラの生産地・高知県では、キャベツの代わりにニラを使った『ニラお好み焼き(ニラおこ)』と言うものがあるらしい。」さすがに高知県の方に怒られそうだ。高知県の事を知らない元道民のくせに、、、。「韓国から来た留学生が、下宿先のお婆ちゃんに振舞ったのが『ニラお好み焼き(ニラおこ)』で、歯の悪いお婆ちゃんでも食べられるように刻んで、お好み焼きのように焼いたのが始まり。」強引だなぁ、、、お婆ちゃんに振舞った...

秋のBBQ大会

深夜12時前。よく行く立石の居酒屋「こちたて」へ行き、ちょこちょことお酒を飲みつつ、閉店時間を待っていました。それは、今年から始まった恒例行事「秋のBBQ大会」に参加するため。居酒屋「こちたて」の常連仲間と集まって、車でキャンプ場等に出向き、酒をガバガバ飲みながらBBQを楽しむ会なのです。毎年、「海の日」に行うのだが、今年からは「秋もやろう」と言う事になり、今年二度目の「BBQ大会」。そんな訳で、千葉県の富...

ジンたれ料理「豆苗ナムル編」

ベル食品「成吉思汗(ジンギスカン)たれ」をジンギスカン以外で使えないか料理考察。第4章71品目。9月は「ジンたれ料理強化月間」と称しておきながら、8品しかつくらず、更には「安定感ある料理でお茶を濁した」そんな事が多かった僕。これでは「ベルジンタリスト(ベル・ジンたれを使う人)」の称号も泣くってなもんです。今年の秋はもっとつくろう。そして記念すべき「ネタ」を披露しようと考えていたのだが、、、なんとも進まず...

豚とニンニクの芽の炒め物

毎度の「タカラ 料理のための紹興酒」で中華料理考察。豚ももスライス(2枚分)を細く切って、「タカラ 料理のための紹興酒」を加え、揉み込みます。しばし漬けておく間に、ニンニクの芽は4cm程度に切り、もやしは洗って水気を切ります。紹興酒:オイスターソース:醤油を1:2:1の割合で合わせて「たれ」をつくっておきます。フライパンで油を熱し、もも肉を投入したら「ほぐすように」炒めます。ほぐれたら、ニンニクの芽ともや...

荷物2010秋

「野菜、送るけど。迷惑でしょうか?」そんなメールが、実家の母から届いたのは先週の出来事。「とんでもない!ありがたくいただきます。」と返信した。実家の母は、僕が料理をして、「こんなバカな料理ブログ」を続けている事を知らない。たぶん、知ったとしても、ブログなんてわからないだろう。そして今日、実家から荷物が届いた。じゃがいも、たまねぎ、かぼちゃ、、、なんとも「北海道らしい」。そしてバーコードや値札が付い...

豚の唐揚げリベンジ

「タカラ 料理のための紹興酒」をいただいたので、コンテスト応募用にレシピ考察。先日失敗した「豚の唐揚げ」。リベンジしておかなくては、と考察です。いつもお世話になっております「Mie」さんから素敵アドバイスをいただきました。ありがとうございます。前回は「漬けた豚コマに、そのまま小麦粉を混ぜて揚げた」のですが、「漬け汁から取り出して粉を付けるとイイ」との事。今回は、油も少ない「生姜焼き用豚もも肉」を使いま...

坦仔素麺

台湾には「坦仔麺(タンツーメン)」と言う麺料理があるそうだ。豚挽肉メインの軽い量で出されると言う麺で、台湾ラーメンの原形になったとかならないとか、、、。紹興酒で麺料理を作っていなかったので、考察。僕らしい簡単な「坦仔麺」をつくろう。豚挽肉とおろし生姜、鶏ガラスープを鍋に入れて火にかけます。アクを取りながら、挽肉を煮込んで10分程度。漉して、茹で汁を別にしておきます。鍋に挽肉を戻し、ごま油、干しえび、...

食漫vol.18

毎月恒例「別冊漫画ゴラク増刊・食漫」の発売日。いつも使う駅の一駅隣ホームの売店で買ってきた。マイバイブル的クッキング漫画「クッキングパパ」の作者・うえやまとち先生が!まさか「食漫」に、とち先生が漫画を描くとは思いもよらず、なんだか非常に嬉しい。もちろん、「クッキングパパ」が掲載されている訳ではない。先日行われた「第5回B-1グランプリ厚木大会」のレポート漫画。巻頭カラーから、レポート漫画まで。やっぱり...

芦別名物ガタタンラーメン

いつもお世話になっております「草月愛弓」さんが先日、北海道芦別市の名物「ガタタンラーメン」を紹介していまして、とっても美味しそうだったので作ってみました。調べてみると、「ガタタン(含多湯)」とは、10種類以上の具を入れて、トロミをつけた塩味の中華スープなのだそうです。店によって、入れる具も料理自体も違うらしい。炒飯だったり、普通のスープだったり、もちろんラーメンだったり、、、。冷蔵庫に余っていた9種...

チキラーとんかつ

台所の棚の奥から、「しけったチキンラーメン」が出てきた。細かく砕いて、ポリポリ食べながら酒を飲んだりするのだが、さすがに「しけって」しまうと、それもどうか?そう思って、とんかつの衣に使ってみた。薄い生姜焼き用豚もも肉に塩コショウをし、シソとチーズを挟んで、つなぎ、「細かく砕いたチキンラーメンの衣」をつけて、普通に揚げてできあがり。「チキラーとんかつ」です。ちなみに、収穫した豆苗を千切りキャベツと一...

豆苗のびた

先日買った豆苗。切り取った根っこを水につけておけば、また苗が生えて収穫ができると聞き、水につけておいたのだが、、、育っている。すくすくと伸びる様に、植物の生命力を感じます。少し感動。本当に伸びて、また収穫できるんだ!思えば、猫に食べられる事なく、しっかり育ったものです。そりゃ栄養もあるでしょう。豆苗が一袋128円。それが育った事で倍の量食べる訳だから、豆苗一袋分64円の計算。しかも豆苗は「2~3度収穫で...

豚肉の唐揚げ

マイバイブル的漫画「クッキングパパ」同様に、「マスターキートン」と言う漫画も、僕にとってはバイブルだったりします。そんな漫画を読み直していた秋の夜長。ロンドンにある中華料理屋のお話があり、そこに「豚肉の唐揚げ」が紹介されていました。「白人には本当の中華料理はつくれない」と語る中国人シェフに、店自慢の「豚肉の唐揚げ」をつくって出すイギリス人のコック見習い。実は「隠し味にイギリスの伝統・ウィスキー」が...

豚とキノコの炒め物

「タカラ 料理のための紹興酒」をいただいたので、コンテスト応募用にレシピ考察。紹興酒とオイスターソース、醤油があれば、なんでも「中華風炒め物」になるのだ。そんな訳で豚肉ときのこを炒めてみました。紹興酒でお肉を揉みこんで臭み消し。紹興酒:オイスター:醤油を3:2:1。そんな「あわせダレ」。炒めた最後に「ゴマ油」をたらり。もう、これさえ用意すれば、きのこがブロッコリーに変わっても、長ネギやキャベツ、もやし...

土鍋チキンライス

いつもお世話になっておりますお師匠さん「ちい♪」さんが、素敵な「中華風土鍋チキンライス」を紹介していました。紹興酒やオイスターソースを使った土鍋ライス。「やらずにはいられない」そう思って、つくってみました。レシピはお師匠さんにおまかせ。手羽元を圧力鍋で柔らかく煮込み、さらに甘口醤油を使うと言う、「この技」。我が家ではできないので、手っ取り早く、鶏胸肉をコトコトと煮て、普通の醤油を使ってみました。う...

切干大根の台湾風オムレツ

「タカラ 料理のための紹興酒」をいただいたので、コンテスト応募用にレシピ考察。 台湾料理は、どちらかと言えば「一般的」ではないかな?なんて思い、「切干大根のオムレツ」をつくってみた。切り干し大根、台湾では塩漬けしたものを干すのだそうだが、そこは日本。通常の切り干し大根を使ってみた。30分程、水に漬けて戻した切り干し大根(一つまみ)と、細ネギ2本を刻みます。タマゴ2個に切り干し大根と細ネギ、片栗粉小さじ1/...

上海焼きそば

紹興酒とオイスターソースがあれば、簡単な「中華風」が仕上がるのではないだろうか?そんな訳で「上海焼きそば」をつくってみた。味付けは「醤油、紹興酒、オイスターソース」。ついでに「第6代自家製ラー油」も加えて。結局普通に仕上がって面白くもなんともない結果だったが、、、うーん、美味しい。ラー油の複雑な旨みと辛味、そして紹興酒の香り、オイスターソースの旨み、普通に美味しいぞ。たまには「ソース味」ではない焼...

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

Top Food Blog

月別アーカイブ