Entries

スープ餃子with第7代自家製ラー油

餃子を軽く茹でて粉を落とし、ベル食品「ラーメンスープ華味・しょうゆ味」に刻みネギと刻み生姜を加えたスープに入れて、煮込んだらできあがり。「スープ餃子」です。第7代自家製ラー油を加えてみました。シンプルに美味しい。生姜の効いた醤油スープが温まる。第7代自家製ラー油に入った「酒盗」が、味に深みを与えてくれているようです。美味しい。市販の餃子でも十分満足な美味しさです。と、すれば、ゴマ油で炒めた「酒盗」を...

リケンのチキンライス

リケンのノンオイル「青じそ」をいただいてので、レシピ考察。「上沼恵美子のおしゃべりクッキング(テレビ朝日系列・毎週月~金曜・13:05放送)」の公式サイトで、美味しそうな「中華風チキンライス」を発見。実践してみました。実践したのですが、ただ単に「人様のもの」を、そのまま作るのも面白くない。番組では、たれにナンプラーを使っていましたが、リケンのノンオイル「青じそ」とオイスターソースを混ぜたものでアレンジ...

思い出の焼き肉屋

飲み仲間・Mと久しぶりに、近所の焼き肉屋へ行った。今年初の焼き肉。そもそも、牛肉が苦手な僕は、あまり「焼き肉をいっぱい食べたい」と言う気持ちがない。1枚2枚、少しだけハラミを食べたら、後は十分。タン塩は好きだが、レモンがっつり絞りたい。生野菜と一緒じゃないと、長く焼き肉をしているのが難しい。いつの間にか、そんな「身体」になってしまった。大量の油と肉汁がしたたる牛肉、見ているだけでお腹いっぱいだ。なら...

麻婆芋(まぼいも・嘘付き)

17世紀、中国から「唐芋(サツマイモ)」が九州・沖縄へ伝わった際、「麻婆豆腐」もまた伝わったのだそうです。江戸時代、薩摩藩から、角切りの唐芋を麻婆の食材に使った「麻婆芋(まぼいも)」と言う料理が江戸幕府に献上され、これが東京に広がった、、、、なんて嘘は、イマイチでしょうか?あってもおかしくない「まぼいも」。江戸時代に「お江戸料理百珍」なる本が出版されていたら、掲載されて、、、いないよなぁ。毎度の嘘で...

切干大根のオムレツ2

実家から「冷凍された切干大根の煮物」が送られてきたのだが、、、そう言えば、いつもお世話になっております「てぱてぱ」さんも、「最近ハマっている」と話していた、オムレツを焼いてみた。台湾料理です。「切り干し大根の煮物」を小鉢一人分に対し、卵一個と刻んだ万能ネギを片手で一つまみ。空気が入るようにふんわりとかき混ぜ、多めの油を強火で熱したフライパンで一気に焼き上げてできあがり。強火で一気に焼き上げた事で、...

豚まんバーガー

「551蓬莱」のサイトには、「豚まん」を使ったミニレシピが紹介されていて、ちょっとビックリ。色々な食べ方があるのだなぁ、、、と眺めていたのですが、折角だから試してみよう。ミニレシピ。「横に二分割してハンバーガーに」これが、僕のツボにガッツリハマったので、ハンバーガーをつくってみました。横に切った「551蓬莱の豚まん」をグリルで焼いて、チーズ、キャベツの千切り、ケチャップ、マヨネーズ、辛子を挟んで「豚まん...

御国ラーメン考察

久しぶりに「豚骨醤油ラーメン」を食べた。肉野菜を炒めてスープを加え、豚骨醤油ラーメンの素で味付け。やっぱり元・道民。炒めた肉野菜にスープを加えるのがベストと考えます。普通に美味しい。最近、気になったラーメンがあった。某有名ポータルサイトで知った「プノンペンそば」。大阪のラーメン屋「プノンペン」で出されていると言う。トマトやセロリ、ニンニク、杓子菜が入っているのだそうで、とっても美味しそうだった。考...

魔が差した豚まん

まさに「魔が差した」とは、この事です。「551蓬莱の豚まん」がまだまだあります。こんなにも「551蓬莱の豚まん」がある事は嬉しい。「何かアレンジして食べてみよう」なんて考えてしまう、僕の「元道民なフロンティアスピリット」。そして多忙な故に疲れてしまった身体。なんだか無駄に忙しい仕事が増えているような気がしないでもない。そのほとんどが、毎度の「残念な社長」のせいなのだが。「簡単なものを作ってサックリと終わ...

リケンの青じそ香る重ね蒸し

リケンのノンオイル「青じそ」をいただいてので、レシピ考察。数年前、「豚コマと白菜の重ね蒸し鍋」が、僕の中で流行ったのですが、付けダレにリケンのノンオイル「青じそ」を使っていました。これが本当に美味しく、我が家の常備ドレッシングとなるきっかけになったのも、この料理です。ただ、重ね蒸し鍋の付けダレだけだと面白くないので、ここは「少し」手を加えてみよう。ほんの「少し」」です。そしてできた「白菜と豚バラの...

麻婆白菜と○○

晩ご飯を簡単に済ませようと思い、余っていた白菜や豚挽肉等で、「麻婆白菜」をつくった。ご飯に乗せた「麻婆白菜丼」。豆板醤はないので、「第7代自家製ラー油」で辛味と旨みを加えてつくったのだが、あの強烈な「赤」がないのが、少し淋しい。ただ、白菜の甘みが、麻婆の辛味に合って美味しい。それにしても、「麻婆の包容力」だ。カレーにも負けないくらい、どんな素材にも合う「包容力」があります。カレーや麻婆に負けないく...

551蓬莱の豚まん

大阪へ転勤になった飲み仲間が、引越し準備のために東京に戻っていた。「こちたてで待ってます」と、メールをいただいたので、仕事終わり、居酒屋「こちたて」へ。そして「お土産」と言っていただいた「551蓬莱の豚まん」である。これが、たまらなく美味しい。関西ちっくに辛子と酢醤油でいただいた。初めて「551蓬莱の豚まん」を食べたのはいつだっただろうか?あまりの美味しさに感動した事がある。上京後の事かもしれない。それ...

豚汁withカレーラー油

先日、お土産でいただいた食べるカレーラー油。ちょうど「野菜たっぷりの豚汁」をつくったので、かけてみた。島とうがらしが入っていると言うので、「激辛」を想定したのですが、ほのかな辛味で、あまり辛くない。どちらかと言えば、カレー粉の香りが強く、、、美味しい。豚汁もちょっとしたカレー汁になるくらい。やっぱりカレー粉、包容力は高い。一人暮らしだと、料理が大量に余ります。豚汁も然りで、少しづつの野菜でも、入れ...

リケンの青じそ香る生姜焼き

リケンのノンオイル「青じそ」をいただいてので、レシピ考察。以前、「新しい豚の生姜焼き」と称して、「うめんつゆ」で焼いたのですが、酸味のあるタレがさっぱり美味しい結果でした。リケンのノンオイル「青じそ」でも、簡単にできるのではないだろうか?と思い、焼いてみました。豚コマに酒と片栗粉を加えて揉み込み、フライパンで焼きます。すりおろした生姜をリケンのノンオイル「青じそ」に加えたタレをかけて絡め、できあが...

痛い表現考察

アントニオ猪木さんが急性胆嚢炎、胆管炎、胆のう結石症で入院され、先日退院したそうですが、「失恋したときくらいの痛みだった。」と語っていました。猪木さん、詩人だなぁ、、、と思いつつ、それは、、、確かに痛い。「痛い表現」とは、「いかに万人に共通する表現であるか?」が重要、と思います。以前、同棲していた元カノが、月一で襲ってくる「女性ならではの痛み」に対し、「錆びたカッターナイフで内側から切り裂かれた感...

リケンの青じそ香る油淋鶏

リケンのノンオイル「青じそ」をいただいたので、レシピ考察。リケンのノンオイル「青じそ」に、長ネギやパプリカ、ゴマを混ぜたソースで仕上げた、簡単な油淋鶏。「青じそ香るサッパリ油淋鶏」です。パプリカが美味しい。これは昔、会社近所にあった中華屋さんの油淋鶏を参考にしました。黄色もあると、より華やかになると思いますが、一人暮らしのオジサンは、赤だけで十分な量。荒挽きコショウなんかでパンチを効かせても良いか...

黒豆入れちゃいました炒飯

実家から「黒豆」が送られてきました。さて、どうしようか?なんて考えてしまう、僕の「脳内レシピ研究部」。何よりも今現在、フル活動している部署です。黒豆を使ったレシピを考えよう。「黒豆のほのかな甘味を楽しめるもの。」と、考えて思い出した。「あれ」ができるのではないだろうか?以前、「甘栗のほのかな甘味が楽しい」と、僕の中でヒットした「甘栗炒飯」。黒豆でも良いのではないだろうか?そう思って、黒豆、、、入れ...

食べる沖縄カレーラー油

居酒屋「こちたて」の娘が、修学旅行で沖縄に行っていた。おこづかいは無制限と聞いたので、餞別をあげたのだが、「その御礼に」と、お土産をいただいた。ちゃんとしている律儀な子だ。ナンポー通商さんの「食べる沖縄カレーラー油」です。フライドガーリックに島唐辛子、カレー粉が入ったスパイシーなラー油だそうです。「食べ方自在の万能ラー油」との事。娘、ありがとう。沖縄ちっくに「タマナーチャンプルー」にでもして食べよ...

酒盗で豚キムチ煮込みうどん

「酒盗」のレシピコンテストも終了してしまいましたが、我が家にはまだまだ酒盗が余っているので、何かに使ってみよう。そう思って作った「豚キムチ煮込みうどん」。ゴマ油で生姜と「酒盗」を炒め、そこへ豚肉と長ネギ、白菜、きのこを投入。火が通ったら、お出汁と「キムチ鍋の素」を加えて一煮立ち。汁が沸騰した所にうどんを入れて煮込んでみました。見た目にも、特に特徴がない「豚キムチ煮込みうどん」ですが、「酒盗」の香り...

荷物2011~塊~

実家から荷物が届いた。「今年のニシン漬けは(回りからの)評判が良い。」と、言っていた母。今年もニシン漬けが送られてきました。その他にも「鮭の飯寿司」「切り干し大根の煮物」や「昆布巻き」「黒豆」、、、「紅鮭の塊」。半身の半分、1/4カットの紅鮭。「切って食べなさい」と、母は話していた。母は、僕が「料理をする」事を知っているので、そんな塊を寄越したようだが、、、母よ。何度も言うが、我が家は「魚御法度」な...

餃子鍋会

飲み仲間・H志さんと「鍋会をやろう」と話していて、今夜はH志さん宅で鍋会。「餃子鍋」をいただきました。毎度、場所と料理を提供していただくので、なんだか申し訳ない。酒とつまみ(市販の刺身)を持って、家へ伺ったのだが、参加メンバーが誰一人として現れず、とりあえず、刺身や乾きもの、H志さんの作った「砂肝の煮物」等を食べつつ、酒を飲んだ。遅くなって鍋会メンバーが集まり、さて餃子鍋。今回は「皆で餃子を包もう」...

リケンのノンオイル「青じそ」

毎度お馴染み「クックパッド」のモニタープレゼントにて、「リケンのノンオイル「青じそ」」に当選しました。嬉しい。「リケンのノンオイルドレッシング」は、我が家に欠かせないドレッシングでもあります。ありがとうございます。毎度の事だが、「クックパッド」のモニタープレゼントに当選、と言う事は、「オリジナルレシピコンテスト」に参加しなくてはいけない。しかも「たし算レシピコンテスト」。「たし算レシピ」ってなんだ...

誕生日会のルール

飲み仲間・Kちゃんの誕生日翌日、毎度の居酒屋「こちたて」にて、誕生日会があったので、仕事帰りに店へ行った。平日と言う事もあって、遅くに集まった飲み仲間達だが、集まったのならば、やらざるを得ない「英語禁止大会」。飲み仲間が集まっての飲み会は、必ず「英語・外来語を使ったら罰金」の時間が設けられます。去年は11万程度集まり、それを全て年末の有馬記念に突っ込むと言う、バカ騒ぎ。今年は是非、11万以上軍資金を集...

玉なます

正月のなますが余っています。賞味期限とか大丈夫だろうか?いささか心配ではありますが、捨てる前に考察しようと考える僕。多少の賞味期限切れは「見なかった事」にします。漬け酢をしぼったなますをざく切り。適当に切った細ネギと紅生姜を一緒に、溶き卵に混ぜます。ついでに塩少々。卵焼き器で焼いてできあがり。「玉なます」です。以前、台湾料理「切干大根の入ったオムレツ」をつくったのですが、切干大根のジャクジャクが美...

赤いトレーナー

飲み仲間・Tは、お気に入りの赤いトレーナーをよく着ている。衿回りが少しくたびれた赤いトレーナー。それは「お気に入り」だから、やっぱり「よく着る」のでしょう。お気に入りと言う訳ではないが、服に無頓着な僕はもまた、同じ服をよく着ている。5枚のシャツを着回し続けて数年。ここ3~4年程、服は買っていないのではないだろうか?服がすり切れるまで着続け、着られなくなったら買い足す。そのため、時流に合った「流行りの服...

白菜と豚のカレーうどん

昨日食べた「白菜豚丼」の具が余っています。一人前をかさ増しして二人前にしたのだ。そりゃ、余っているでしょう。そばつゆに千切り生姜、きのこ、「白菜豚丼の具」を入れて煮込みます。カレールーの素を加えて、うどんを加え、「白菜と豚のカレーうどん」にした。これまた美味しい。千切り生姜で今日もポカポカです。そういえば、「カレーうどん」の出現率が高い。それはきっと、「余った料理はカレーに」と考える、僕の浅い考え...

白菜豚丼(嘘付き)

今では一般的な白菜も、明治時代初期には栽培の難しい野菜だったのだそうです。大正時代、白菜の栽培に成功した宮城県では、「白菜をより一般的にするため」に、色々な白菜料理も考案されました。東京で板前修業をしていたと言う料理人・斉藤清作さんは、当時から東京で人気だった「吉野家」の牛丼をヒントに、白菜を入れた牛丼を考案。それが現在「すき焼きに白菜を入れるようになる」きっかけだった、、、と言う「作り話」は、も...

醤油生姜鍋

猫に布団を取られたまま寝てしまい、少々寒かったので、ここは身体に温かいものを食べようと、生姜鍋をつくった。数年前、「豚バラ、白菜、千切りショウガ、鶏ガラスープの素(顆粒)を重ね、酒をかけて弱火でことこと煮る」そんな生姜鍋を、某プロレスラーが紹介していて、我が家でも作るようになったのだが、今回は余った野菜や鶏肉を入れて、醤油系でまとめてみようと画策。余った野菜(白菜、ごぼう、大根、人参、春菊、えのき...

昔ながらのせち焼き風

マルちゃん「昔ながらのとんこつラーメン」に当選しまして、レシピコンテストに参加するべく、「昔ながら料理考察」。とんこつスープはソースとの相性も良いらしく、焼きラーメンは「煮詰めた豚骨スープ」と「ウスターソース」で味付けするらしい。それはクッキングパパで知りました。先日、和歌山県御坊市の名物「せち焼き」と言う、「焼きそばを卵でまとめた料理」を作ったのですが、インスタントラーメンでも「せち焼き風」なも...

今週の課長(63)

1月9日は、「一休(1・9)さん」にちなんで、「とんちの日・クイズの日」なのだそうです。高校生の頃、ちょっとしたバイトで、親戚の子どもの勉強を見てあげた事がある。「算数を教えてあげてくれないか?」と。算数ができないと言う「いとこ」に対し、僕が教えた事は「ひとつ」です。「算数の答えと言うのは一つしかない。言わば正解が一つしかない「クイズ」です。クイズと思って解いてみよう。」公式と言うヒントを元に、パズル...

自家製ラー油vol.7

「第6代自家製ラー油」も消費したので、今年初めて、ラー油をつくりました。今回で7度目となる「ラー油つくり」。今回は刻んだ長ネギと小エビ、おろし生姜に醤油と酒盗を加えてみました。油で煮てから、刻んだフライドガーリックを加えて、できあがり。やっぱり酒盗です。油で炒めると水分が出て、、、爆発します。パンパン飛び跳ねて危ないので、フタをした方がよろしいかと思います。でも、酒盗の香りがラー油にいい具合です。美...

なま酢飯

我が家では、正月食材「なます」が余っています。これはどうしたら良いか?考えてた時に、「ふっ」と思ったのは、「甘酢で漬けてある」と言う事だ。ご飯に「なますの漬け汁」と「お酢」を1:1に混ぜた合わせ酢をかけ、ご飯を冷ましながら混ぜて「酢飯」をつくります。刻んだ「なます」と、これまた余っていた株式会社三幸の「黄金ままかり」を混ぜます。錦糸卵やごまをふってできあがり。「ままかり入りなま酢飯」です。なますでつ...

塩バターチキンバーガー・ペッパー風味

コインランドリーで洗濯中、久しぶりにモスバーガーへ行った。アジア同時発売と言う、期間限定「塩バターチキンバーガー・ペッパー風味」を食べてみました。美味しい。塩バターソースがコッテリかと思えば、ほのかに香る柚子の香りがさわやかさ良い塩梅です。サクッと上がったポテトがボリューム感を加え、ジューシーなチキンとの相性もイイ。ただ、「揚げたペッパー」のペッパー風味がサッパリ。個人的には、もっとペッパーペッパ...

七草粥2011

昆布出汁とすりゴマをたっぷり入れた「七草粥」。昨年、師匠と敬う「ちい♪」さんに、「肝臓に直接届いて抗酸化作用を発揮する」と教えられたすりゴマ。我が家の「七草粥」には、すりゴマが入る。香ばしいゴマの香りがイイ。土鍋に生米と昆布出汁、すりゴマを入れ、弱火で炊いて「お粥」のできあがり。フリーズドライの七草は、お粥が出来上がったら加えて混ぜるだけらしい。できあがったお粥に加えてみた。やっぱり生の七草とは違...

七草ショック2011

今年こそ、「七草がゆを作って食べよう」と、心に決めていた僕。2009年は「七草の日」自体を忘れ、2010年は「当日の夜に七草を求めてスーパーに行ったが、当然売り切れ」と言う残念な結果。今年こそ、ちゃんと七草を「前日までに」買って、つくろう。そう思っていた1月6日の夕方。本日より、昼に勤める会社は営業、仕事始めです。仕事帰りに買って帰ろうと思ったら、思いがけず「残念な社長」から「飲み」に誘われてしまった。断れ...

おら寄せ鍋

正月用の食材が大量に余っています。これはどうにかしなくては!と思いつつ、まずはダメになりそうな野菜や肉を処理しよう。なんて思い、余った「雑煮用の汁」を土鍋に入れ、余った野菜や肉をぶち込んで、醤油味の「寄せ鍋」にしてみました。久しぶりに食べた寄せ鍋は美味しい。実家では、鍋と言えば「醤油味の寄せ鍋」。ポン酢で食べる「水炊き」等は食べた記憶がない。そして、我が家の寄せ鍋。大事なのが「シマエビ」です。シマ...

上うな重

昼に勤める会社は1月6日から営業です。そんな訳で、年末年始の休暇は本日まで。よろず屋稼業は年末年始も営業していましたが、また「残念な社長」の元で働くと思うと、、、気が滅入ります。せっかく最後の休み。何か特別な事でもしようか?と思い、近所の鰻屋に行って、昼から酒を飲んでいました。鰻の半助(頭)を刺して煮た、「かぶと焼き(一本150円)」をつまみに、酒を飲んだ後、〆に「上うな重(1540円)」。スーパーで鰻を...

送別会

飲み仲間・K君が大阪へ転勤になると言う事で、送別会を開きました。毎度おなじみ立石の居酒屋「こちたて」で夕方から開催。「どうせ、会議とかで毎月のように東京に戻ってくるから、送別会なんて申し訳ないから、しないで下さい。」なんて言っていたK君。「馬鹿者!お祝いはちゃんとやるのが我々ではないか!」と言いながら、単に「何かしらの理由をつけて、酒が飲みたいだけ」の仲間だったりします。毎度の事で、どんちゃん騒ぎの...

筑前カレー

まだまだ「筑前煮」が余っています。これはもう、、、「あれ」にするしかない。ジップロックに入ったままの「冷えた筑前煮」にトリガラスープとカレールー、おらカレー粉を入れて、レンジでチンします。取り出してかき混ぜたら、もう一度レンジでチンしてできあがり。「筑前カレー」です。鶏肉がホロホロに崩れるのは、煮込み煮込んだからでしょう。カレーのスパイシーさに、筑前煮の甘さが加わって、これはこれで好きな味。美味し...

力うどんwith筑前煮

「筑前煮」を鍋いっぱいに作ったものだから、大量に余っています。さて、、、どうしようか?めんつゆを貼った鍋にうどんと一緒に筑前煮を煮てみました。ついでに焼いた餅も乗せて「力うどん」に。これならば「筑前煮うどんwith焼餅」だろうか?特に目新しいことはないが、煮込まれた野菜が美味しい。そう言えば、似たようなうどんを、会社近所にある蕎麦屋で食べたような気がする。あれは「田舎煮込みうどんセット」だったろうか?...

黒豆

おせちと言えば、黒豆が好きな僕。ちょびちょび食べながら、添えた「ちょろぎ」も一かじり。焼酎をくいっと。子どもの頃は、やっぱり嫌いだった黒豆。地味な黒豆よりも、豪華な栗きんとんやエビの鬼瓦焼き、松風なんかが好きだった。今は美味しい、大好きな黒豆。子どもの頃、病院で正月を迎えた事がある。クリスマスに入院し、年を迎えて数日後に退院。「急性虫垂炎」による腹部の激痛。つまりは「もうちょう」です。子どもの頃か...

今年の筑前煮

毎年、年末に「筑前煮」をつくる僕。何故だか他のものは手を抜くが、「筑前煮」だけはつくる。大好きと言う訳ではないが、「あれでしょ?大晦日って筑前煮、またつくるんでしょ?」な台詞を、もう一人の自分が言っています。毎年、芋類を入れる事で、ドロドロにしていた筑前煮。今年は芋類、絶対に入れないぞっ!と、心に決め、代わりに大根を入れてみました。味の滲みた大根もまた美味しい。元カノと同棲していた頃は、しっかりお...

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ