FC2ブログ

Entries

津軽弁の日

10月23日は「津軽弁の日」なのだそうです。
青森県が誇る方言詩人・高木恭造さんの命日にあたるらしい。

元・北海道民の僕だが、「津軽弁」は昔から身近に感じていた方言。
それは、子どもの頃から、よく津軽のマルチタレント「伊奈かっぺい」さんのトークライブCDを聞いていたからもある。
津軽に伝わる昔話や、津軽の早口言葉、「文字として表記不可」な方言等、大爆笑していた。

「な、けっ!」

祖父は函館から少し遠い「松前郡福島町」の小さな漁村で生まれ育った「イカ釣り漁師」だった。
その祖父が、何故か「津軽弁が混じっていた」のだ。

僕が生まれた頃には漁師を辞め、現在、僕の両親が住む札幌にやって来た祖父。おじいちゃん子で、よく幼稚園のバスの送り迎えには祖父が来てくれたのは、今となっては懐かしい。

そんな祖父の言葉には、なぜだか「津軽弁」が混じっている。
幼い頃、「な、けっ!」と落雁を差し出されたのだが、それが「どういった意味なのか?」さっぱりわからなかった。

「な(お前)、けっ!(食べろ)」

「泣けっ!(泣きなさい)」と言っている訳ではなく、「これ、食べなさい」と言っていたのだ。母の「翻訳」でわかった当時の僕。
幼い僕は「不思議な言葉を使うものだ」と、訳もわからず思っていたものだったが、、、

今現在の僕は、なぜだか「大阪弁と京都弁と神戸弁の入り交じった東京弁を使う道弁ベース」と言う、祖父以上のおかしな言語を使用しています。

方言のような温かみのあるクリックをしていただけると、節操のない方言を使う僕は嬉しいです。
すみません、ありがとうございますm(_ _)m
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ahirukacho.blog81.fc2.com/tb.php/2356-3c7cfb7d

0件のトラックバック

2件のコメント

[C8337] イクマムさんへ

こんにちは。

結構、北海道には青森訛りが入ってきているでしょうか、、、
イクマムさんも「入って」いるんですね(^^)

「こ」が付くの、わかりますわかります(笑)
漬物のこと、「香っこ」とか、言ってましたねぇ、、、うわぁ、なんだか懐かしい。

道民丸出しでポチ!っと、応援っこ(^^)本当にありがとうございます!
いやぁ、やっぱり訛りってイイもんでないかい♪

[C8334]

私の祖母の母親(曾祖母)は青森の人だったそうで
祖母には訛りが残っているようです。

なので見ず知らずの方に『あんた青森かい?』って
言われたことも数知れずらしく。
私にはどの言葉がそうかは判別不能ですが
八戸に訪れた時にみんながわからない話が
普通にわかったのがその証しなのかも?です。

唯一、私に受け継がれたのは何でも『こ』をつけて話したくなる所かな?

お粥っこ、飴っこ、太郎っこ(息子の名前)…アハハ

応援っこして帰るべさ!の道民丸出しでポチ!
  • 2010-10-23
  • イクマム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ