Entries

ひじきの他人丼

hijikinotanindon.jpg作っておいた「ひじきの煮物」と、豚挽肉をめんつゆで煮込み、卵でとじてご飯に乗せたら出来上がり。
「ひじきの他人丼」が、今日の晩ご飯です。

卵焼きに加える事が多い「ひじきの煮物」ですが、今回は「他人丼」に。
ひじきの煮物のおかげでボリュームもたっぷり。混ぜご飯とも違う「卵とじどんぶり」もまた美味しい。

最近、たまに「牛丼屋」に行くようになりました。
牛丼だけでなく、バラエティになったメニューは、個人的に嬉しく、チョクチョク行ったりします。そこで気になるのが「スプーンの存在」です。

昔は、どこの店にもスプーンがありませんでしたが、現在は何処へ行っても「スプーンがある状態」。これはきっと「女性や子ども客」を相手としたサービスかと思います。

男であるならば、どんぶりは片手に持って箸でワサワサ、ガッシャガッシャとかっ込むのが作法だと、昭和生まれのオジサンは思う訳です。
オッサンがチビチビとスプーンで丼を食べる姿。更に「クッチャクッチャ」と音を立てていると、説教したくなります。お前は日本男児か?と。

もちろん、そんな説教が正しい訳ではないので、黙っていますが、「僕の親父じゃなくて、本当に良かった」と思ってしいます。
まぁまぁ、スプーンの存在もまた、「時代の流れ」なのでしょう。

ただ、僕は「箸でガッツリ、ワッシワッシとかっ込みます」。時代遅れの何が悪い。

なんて、かっ込んだら、口の中を火傷してしまいました。
卵でとじた具が「蓋代わり」となって、ご飯が熱々に蒸らされているんだよなぁ、、、、注意しよう。

↑ワッシワッシとクリックをしていただけると、火傷した僕は冷たい麦茶をガブガブ飲みます。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ahirukacho.blog81.fc2.com/tb.php/3628-a7ef7e30

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ