Entries

僕がいなくなる日

さすがにドン引きした「残念な社長失踪事件」。GW明けには、会社に戻ると言う事なのですが、さすがにこんな会社はダメだろう。辞めてやろう。

そう、心に決め、GW中も職探しを探していた僕ですが、辞める前にやらないといけない事があります。
それは、「辞めます」と宣言する事です。

退職2週間前の宣言は、労働基準法でも定められています。そもそも労働基準法を守らない残念な会社ですが、個人的には筋を通したい。

どうせ、残念な社長です。
過去に辞めていった人の例も考えたら、一筋縄ではいかないでしょう。
「拾った恩を忘れたか!」と怒鳴られた人もいます。明らかに残念な社長の態度が変わりキツい2週間を過ごした人もいます。
そんな残念な社長ですから、事前に防衛対策を考えられるだけシュミレーション。

そんな時に役立つのが、「NPO法人労働相談センター」です。
弁護士さんの相談が無料で、色々と教えてくれます。失業保険に関する事、労働基準法に関わる事も含め、大変有り難い。

そんな下準備をして出社。残念な社長が何事もなかったかのようにニヤニヤしながら話しかけてきます。
軽く仕事をした後、社長室に呼ばれたのでチャンスです。

「転職先が決まり次第、辞めます。薄給で福利厚生もない状態で2人分、3人分の仕事が当たり前。15年払わなくては受け取れない厚生年金を、一切払ってくれない状態です。会社も傾き、専務が私財をつぎ込む状態を、半年以上も続けられないでしょう。改善策もない状態の今、会社辞めます。」

こうやって文章に書くと、全く酷い会社だ。
福利厚生がないと言うデメリットは、入社前によく考えるべきでした。オジサン(僕)反省。

さて、そんな退職宣言に対し、残念な社長はどう反応するのか?と、見ていると、思いがけず低姿勢
会社が倒産寸前と言う事もあり、静かに納得しているようです。
「あの時、もっと○○しておけば」等と、たらればの話を延々と続けていますが、それを今言っても仕方ないだろう。改善策を考えなさい。

「それにしても、厚生年金の事とか、そういう風に思っていたとは知らなかった。」

、、、お前、バカにしてんのか?
そんな発言をかました残念な社長。これもまた、NPO法人労働相談センターへ相談しよう。

↑電話相談するようにクリックをしていただけましたら、職探しに精を出す僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ahirukacho.blog81.fc2.com/tb.php/4385-4fd89a23

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ