Entries

レバニラから抜く

20150507hidakaya.jpg
自宅最寄り駅である京成立石駅の商店街の中に、「そこそこの値段でそこそこの味」を提供する大好きな店「日高屋」があります。
仕事帰り、日高屋に寄って1000円ちょっとの晩酌をやるのがお気に入りです。

チューハイを数杯、餃子3個におつまみ唐揚げ等を注文して、愛読書である週刊プロレスを取り出す僕。
小1時間ちょっとの至福の時間です。これで1000円ちょっとですから、十分に安い。

カウンター席で酒を飲んでいると、隣に大学生くらいのお兄ちゃんが座りました。
座って速攻、尋常ではない貧乏ゆすりに驚愕しました。ただの貧乏ゆすりではありません。両足を揃えた16ビートオーバー。
そんな貧乏ゆすりを、僕は今まで生きて来た39年間で、初めて見ました。兄ちゃん、色々な意味ですげーな、おい。

そんな貧乏ゆすりに驚いたのですが、さらにお兄ちゃんは驚く発言をかましてくれます。

「中華そばと、、、レバニラ炒めのレバー抜き!

おぉっ!すげーぞ、兄ちゃん!レバニラ炒めでレバー抜きって、そりゃニラ炒めじゃないかっ!
確かに、日高屋では「ニラ炒め」と言うメニューはありませんが、ニラと共に主役を飾るレバーを抜いてしまう力技。

「最近の若い者の考える事はサッパリわからん。」

そう思ってしまった齢39。現在求職中のオジサン。それは、です。
チューハイを飲みつつ、週刊プロレスの「アンドレ・ザ・ジャイアント特集」を読んでいた、夜の出来事

※日本のマナーとして、本来は「出された皿を重ねる行為は、マナー違反」とされています。
 行儀の悪い写真である事を、深くお詫び致します。

↑貧乏ゆすりするようにクリックをしていただけましたら、人生から幸せが抜けている僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ahirukacho.blog81.fc2.com/tb.php/4390-e7958bca

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ