Entries

猫のイボ

20170128me.jpg
我が家の長女猫「みー」の定期健診と爪切りに、近所の某動物病院へ行った際、最近気になっていた「首のイボ」について聞いてみました。これ、なんですかね?

調べてもらった所、「皮膚性の肥満細胞腫」だとの事でした。老猫にちょくちょく出るデキモノだそうです。
猫の場合は、皮膚性の細胞腫は、悪性である事が少ないそうですが、小さいうちに取っておいた方が、局所麻酔で安心だと、先生は言います。大きくなってしまってからでは、全身麻酔で少々手間がかかる分、経費もかかるそう。

そんな訳で、手術の予約を入れた本日長女猫「みー」の手術となりました。
前日の21時から断食となった長女猫他の子にあげると、間違いなく「長女猫が奪う」ので、他の子も断食です。それでは、さすがに可哀想なので、そんな時は「飼い主(僕)」も断食です。朝から白湯で過ごし、手術の時間を待ちます。

昼前に来院し、手術開始です。
局所麻酔で、意識もある状態での切除作業。僕も、その作業を見させていただきました。
なるほど、特殊な機械で円形状に切って、切除。縫合も、こんな風にするんだなぁ、、、等と、感心しながら、長女猫「みー」の様子を見る「何も出来ないバカ飼い主(僕)」

無事、手術も終わったので、帰宅後にさっそくご飯をあげました。
お疲れさん、長女猫「みー」

※猫の病気には、獣医さんそれぞれに判断が違います。イボが気になった場合は、早急に獣医さんに診断してもらう事を、強くお勧めします。また、診断結果は獣医さんによって違いますので、ご理解ください

↑切除するようにクリックをしていただけましたら、手術中、見ている事しか出来なかった僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ahirukacho.blog81.fc2.com/tb.php/5101-9742f6c0

0件のトラックバック

2件のコメント

[C26657] leeanさんへ

こんばんは^^
お気遣いの言葉、本当にありがとうございます。
飼い主の僕は、ただただ、横にいて「がんばれ〜」と撫でてあげる事しかできませんでしたが、無事手術も終わりました。

「みー」は以前、目頭のあたりにもイボがあったんです。
「様子見ましょう」なんて言われて、しばらしくしたらなくなったんですけど、、、人間だって、イボとか出来ますもんね^^;

獣医さんによって、診断結果や薬、手術の観念が違いますからね。
野良猫の避妊相談した時も、何軒か回ったのですが、手術の方法も、値段も、全く違ってました。
自分のベストを選ぶのもまた、飼い主の責任ですよね。

お気遣いの言葉、本当にありがとうございます。
今年は僕も本厄なので、猫達に厄が飛ばないよう、注意していこうと思います^^

[C26656]

こんばんは。
みーちゃんの手術、お疲れさまでした。無事に終わって何よりです。

ウチのネコお額にも、数年前から2ミリほどのできものあります。
大きくならないので、ずっと様子見ですが多分このままです。
確かに、獣医さんによって診断は違いますね。

人と同じで、年を重ねるといろんな病気が現れますね。
どうぞお大事になさってください。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

Top Food Blog

月別アーカイブ