Entries

一膳めし2017

20170225ichizenmeshi.jpg
久しぶりに、「一膳めし」を作りました。

明治後期、東京の「吉野家」をまねて、北海道で展開された「その日に余った根菜を醤油で煮込んだぶっかけ飯」
、、、等と、嘘歴史も作った、我が家定番の「一膳めし」です。

ちょうど、ごぼうも安く購入できたし、我が家に常備してある白滝、乾物のひじき。
冷凍庫には、のご飯用に茹でて余った鶏肉や、油揚げも入っています。

細かく切ってゴマ油で炒め、めんつゆ、砂糖、酒、みりんで煮込んで出来上がりです。

ガーッとかっこめば、数分で食べられる「オトコ飯」です。
一人暮らしのオジサンですから、健康にも気遣い、白滝やごぼうもたっぷり。
美味しい。

そして便利なのが、「温かいご飯に混ぜ込めば、適度にご飯も冷め、おかずのいらない弁当になる」と言う事です。
お弁当にご飯を詰める際、適度にご飯を冷まさないと、弁当箱の中で汗をかいてべちゃべちゃになってしまいます。
冷蔵庫で冷されたこの「茶色(一膳めしの素)」を混ぜ込めば、適度に冷めてくれる利便性。

たっぷり作ったので、来週は弁当にたっぷり持って行こう

↑ご飯を冷ますようにクリックしていただけましたら、「茶色は美味しい」と思う僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。


★★★レシピ★★★
材料(2〜3人分)
1.切り干し大根・人参・ひじき・・・片手にわっさり
2.鶏胸肉・・・50g
3.ささがきごぼう・・・1/2本分
4.白滝・・・1/2袋
5.酒・・・大さじ3〜4
6.みりん・・・大さじ3〜4
7.めんつゆ(三倍濃縮)・・・50cc
8.水・・・ひたひたになる程度
9.ゴマ油・・・大さじ1

#1
乾物は水で戻し、水気を切っておきます。鶏胸肉は茹でて細かく裂きます。
白滝は塩揉みしてから水で洗い、短く切っておきます。
ささがきごぼうは水にさらしてアクを抜き、水気を切っておきます。

#2
鍋にゴマ油を敷き、中火で#1の材料を炒めます。
油が全体に回ったら、水と酒、みりん、めんつゆを加えます。

#3
アクを取りながら煮込み、めんつゆで味を調整して出来上がり。
※お好みで、輪切りにした鷹の爪や白ごまを加えてください。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ahirukacho.blog81.fc2.com/tb.php/5134-1ba27edf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ