Entries

かけそばの方向性

20170322nattocheesesoba.jpg
自宅で「かけそば」を作る際に、気になる事があります。
それは、「つゆの量」です。

「めんつゆ至上主義者」である僕は、市販の「めんつゆ」を使い、約400cc程度のかけつゆを温めるのですが、400ccも必要でしょうか?
全て飲み干せば、「塩分過多だ」と医者に止められるでしょう。
かと言って、つゆを残すのは勿体ない。貧乏人根性が染み付いた僕には、「残す」事が出来ません

簡単な解決方法があります。それは、「最初から、かけつゆを減らす」と言う事です。
最初から、かけつゆ自体を減らせば、塩分過多にもならず、残す事もありません。
そんな訳で、約200ccのかけつゆを作り、市販の茹でそばを入れて温めます。
器も、どんぶりではなく、カレー皿に変更。納豆と粉チーズ、青海苔を乗せて、出来上がりです。

どんぶりで食べると、昔ながらのフォルムが、どこか古くささを感じさせます。かけつゆも少ない分、どんぶりは適さないと思います。

こうやって、カレー皿に盛る事で、昔ながらの立ち蕎麦感がなくなり、どこか「奇をてらった、渋谷のお洒落な立ち蕎麦屋」のようにも感じられないでしょうか。
粉チーズと納豆の組み合せもまた、「奇をてらった、麻布のお洒落な立ち飲み出来る蕎麦屋」っぽくもあります。
浅野忠信さんを意識したような店長が、「シャンパンに合う」等と言いながら、出しそうです。

そんなお洒落な店僕は大嫌いです。
シャンパンに合う茹でそばって、なんだよ。蕎麦粉のガレットでも、出しておきなさい。

、、、等と、「存在しない、お洒落な立ち蕎麦屋」の、「ヒゲ面おしゃれ店長」に憤慨する、無精髭を生やしたオジサン(僕)

妄想に憤慨するとは、心が病んでいるようです。気をつけよう。
ってか、皿に盛った蕎麦、別にお洒落じゃないよ、自分

↑妄想でクリックしていただけましたら、心が壊れかけの僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。


★★★レシピ★★★
材料(1人分)
1.茹でそば・・・1玉
2.めんつゆ(三倍濃縮)・・・大さじ3
3.水・・・150cc程度
4.納豆・・・1パック
5.青海苔・・・小さじ1/2
6.白ごま・・・ひとつまみ
7.粉チーズ・・・お好みで
8.長ネギ(小口切り)・・・ひとつまみ

#1
鍋に、めんつゆと水を入れ、中火で温めます。
温めている間に、納豆を混ぜ、青海苔、白ごま、付属のたれを加えて更に混ぜます。

#2
つゆが温まったら、茹でそばを入れて温めます。
30秒から1分、温めたら、茹でそばを箸で軽く混ぜます。

#3
カレー皿のような、深めで大きなさらに#2を盛り、混ぜた納豆、粉チーズ、小口切りした長ネギを乗せたら出来上がり。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ahirukacho.blog81.fc2.com/tb.php/5163-e5030d85

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ