Entries

エゴマチアオ

20170719egomachiao.jpg
先日、お世話になっている方に、「エゴマの葉」を頂きました。
さてさて、どうやって食べようか?

エゴマの葉には、独特の香りがあります。
先日は、生のまま千切りにして、サラダに混ぜてみましたが、この香りに違和感を感じざるをえません。
韓国料理では、サムギョプサル等でサンチュと共に包んだりするそうで、もしかしたら、脂との相性が良いのでしょうか?

タイには、「カイチアオ」と言う家庭料理があります。
揚げ焼きした卵焼きと言った所でしょうか。ちょくちょく作る料理です。
たっぷりの油でサクッと仕上げる、豚挽肉入りの卵焼き、、、エゴマと相性が良いかもしれません。

そんな事を思い、みじん切りしたエゴマの葉、豚挽肉、長ネギを卵に加え、揚げ焼きしてみました。
「エゴマチアオ」の完成です。

サラダにした時よりは、香りが抑えられたでしょうか。
卵や長ネギのおかげもあり、ずいぶんと食べやすくなりましたが、、、やはり香る「エゴマの香り」。これは、あっさり醤油で食べるよりも、オイスターソースを塗る等した方が良かったかもしれません。
どちらにせよ、エゴマの葉と脂を合わせるのは、良いと言う事です。
ようし、もっと脂を合わせた料理を考察してみよう。エゴマの葉、高血圧にも良いらしいし。

、、、なんて思ったのですが、残念

いただいたエゴマの葉、全てなくなってしまいました。
残ったのは、エゴマの葉の醤油漬けとなりました。これは、ご飯に乗せて食べよう。

↑エゴマのように香るクリックをしていただけましたら、卵焼き好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。


★★★レシピ★★★
材料(1人分)
1.卵・・・2個
2.豚挽肉・・・50g
3.青ネギ(小口切り)・・・5cm程度
4.エゴマの葉(みじん切り)・・・3枚
5.塩コショウ・・・少々
6.砂糖・・・ひとつまみ
7.サラダ油・・・大さじ2
8.オイスターソース・・・お好みで

#1
フライパンにサラダ油を小さじ1程度入れ、中火で豚挽肉を炒めます。
ポロポロの状態になったら、火を止めて、ボゥルに入れます。
※フライパンは焦げ付くので、豚挽肉を炒めた後、一度洗った方が良いです。

#2
豚挽肉の入ったボゥルに、卵を割り入れ、小口切りした青ネギ、みじん切りのエゴマの葉を加えます。
塩コショウ、砂糖で下味をつけ、しっかりかき混ぜます。

#3
フライパンに、残りのサラダ油を入れて、中火で温めます。
油が温まったら、#2をジュワリと流し入れ、丸く平たく焼きます。
両面に焼き色をがついたら、お皿に盛り、オイスターソースを塗って出来上がり。
※オイスターソースがなかったら、醤油やめんつゆを塗ってください。
※お好みで、干しえびなんかを加えると、よりオリエンタルに美味しいかと思います。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ahirukacho.blog81.fc2.com/tb.php/5297-278b61ea

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ