FC2ブログ

Entries

つぶ御飯

20171203tsubumeshi.jpg
実家から届いた救援物資の中に、「道産の真つぶ」が冷凍された状態で入っていました。
「刺身用」とは書いてあるのですが、届いたのはかなり以前の話です。冷凍した状態とは言え、生で食べるには、少々怖い

そんな訳で、炊き込みごはんにしてみました。
めんつゆで真つぶを煮たら、煮汁でご飯を炊き、一口大に切った真つぶを混ぜ込んで出来上がり。

噛みしめる度に広がる、「真つぶの旨味」。そうそう、北海道で食べた真つぶは、この香りでした。
つぼ焼きにして食べた時の、あの食感を思い出します。
少し出来たお焦げもまた美味しく、しゃもじや鍋についた飯粒まで、勿体なく思えます。余っていた煮汁もまた、真つぶの旨味が出て美味しい

噛みしめる度に広がる、郷愁の念と共に、つぶご飯をを楽しんだ休日。
大量にあった真つぶは、若干余ってしまったので、それは「酒のつまみ」にしました。

ありがとう実家。真つぶ、堪能しました。

↑堪能するようにクリックしていただけましたら、加齢と共に郷愁の念が強くなる僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。


★★★レシピ★★★
材料(1〜2人分)
1.真つぶ・・・1個
2.米・・・1カップ
3.めんつゆ(三倍濃縮)・・・大さじ3〜4
4.水・・・1カップ程度
5.サラダ油・・・小さじ1

#1
真つぶは洗い、脂を取ってから、一口大程度の適当な大きさに切ります。
米は軽く洗い、水に浸けて30分以上給水させておきます。

#2
鍋にめんつゆと水を入れ、中火で温めます。
沸騰したら弱火にし、切った真つぶを入れて10分程、煮ます。
真つぶが煮えたら取り出します。

#3
土鍋に水気を切ったお米を入れ、1カップの「真つぶの煮汁」と、サラダ油を入れて蓋をします。
中火にかけ、煮汁が沸騰したら、ごくごく弱火にして、10〜12分炊きます。

#4
「チリチリ」と音がして、香ばしい香りがしたら、底に若干のお焦げが出来た状態かと思います。
火を止めて、煮た真つぶをご飯の上にちらし、再び蓋をして10分程蒸らします。
しっかりかき混ぜたら出来上がり。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ahirukacho.blog81.fc2.com/tb.php/5485-b485c288

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ