FC2ブログ

Entries

かしわ飯弁当

20180302kashiwameshi.jpg
体調の悪い、我が家の次男に、せめて好きなものを食べさせてあげたい。
そう思って買った「鳥肩肉」が余っています。100gだけでも、に与えるには大量で、賞味期限も早いので余ります。余った鶏肩肉は、もちろん、飼い主(僕)のお腹へ。

めんつゆとみりんに漬け込んだ鳥肩肉と、刻んだきのこ。
水に浸けておいた米に乗せ、水で薄めためんつゆとゴマ油で炊きます。
炊き上がったご飯に、青ネギと白ネギを乗せて混ぜたら、「かしわ飯」の完成です。

前日にお米を炊き、翌朝に温め直して青ネギと白ゴマを。
少し冷ましてから、お弁当箱に詰めます。今日のお昼は、そんな「かしわ飯弁当」です。
沢庵インスタントの味噌汁があれば、十分です。弁当とは、そんなものだと思います。

かしわ飯って、いいなぁ。

胸とももの間くらいの食感である、この鶏肩肉。
これがまた、固めに炊いたかしわ飯にはぴったりです。

鶏肩のかしわ飯、、、これは美味い。人に勧められるメニューです。


↑肩肉を炊くようにクリックをしていただけましたら、鶏肩肉が流行りの僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。


★★★レシピ★★★
材料(1人分)
1.米・・・1合
2.鶏肩肉・・・50g
3.きのこ(しめじ、まいたけ、えのき等)・・・片手にわさっと
4.A.めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ1
5.A.みりん・・・小さじ2
6.B.めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ2〜3
7.B.水・・・めんつゆと合わせて、1合になるように
8.ゴマ油・・・小さじ1
9.青ネギ(小口切り)・・・ひとつまみ
10.白ごま・・・ひとつまみ

#1
米をさっと水で研ぎ、30分以上水に浸して給水させます。
鶏肩肉は荒く刻み、A.を絡めて、30分以上漬けておきます。
きのこは、粗みじん切りにしておきます。

#2
給水した米の水を切り、土鍋に入れます。
B.とゴマ油を入れて軽くかき混ぜたら、鶏肩肉ときのこを乗せます。
蓋をして、中火にかけます。

#3
沸騰したら、ごくごく弱火にして、10〜12分炊きます。
土鍋の蓋の穴から「チリチリ」と音がして、香ばしい香りがしたら、火を止めます。
10〜12時間ほど、そのまま蒸らします。蓋を開け、ネギと白ネギを加え、しっかり混ぜたら出来上がり。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ahirukacho.blog81.fc2.com/tb.php/5625-9b151a06

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ