Entries

続・旅立ち

20180504me.jpg
※先に、こちらの内容をご確認いただけましたら、幸いです。→☆☆☆

次男が虹の橋を渡った頃。
「こちらで、身体を綺麗に拭かせてください」と、獣医先生に言われて引き取る準備をしていた時です。

朝から動物病院にいた長女も、突然、容態が急変しました。
給餌していた流動食を突如吐き出し、身体を全く動かさない状態。
次男に続き、酸素マスク、心電図のプラグをつけられました。

腎臓癌が見つかり、抗ガン剤が効かずに、癌転移の可能性もあった長女です。
そんな弱った身体に、風邪のウィルスが入り、次男共々、辛い状況だったと思います。

ほんの少しの心臓の動きが見えますが、「もって、5分、10分かと思います。自宅に連れて帰りますか?」そう言われたのですが、帰宅途中で亡くなるかもしれません。
そのまま、病院で看取る事にしました。


生後数日で、軽トラの荷台に捨てられていたのが長女です。
目も開いていない、ズボンのポケットに入りそうな長女を引き取って、数時間に1回の授乳を行いました。
「生きるか死ぬか、わからない」と言われていた子が、気づけば15歳になりました。

注射や抗生剤の投薬、強制給餌も、ストレスになったのかもしれません。
それも、これで終了です。
癌と戦い、頑張った長女ですが、次男の後を追うように、虹の橋を渡って行きました。

お疲れ様、長女
思えば、ここ数週間。僕が寝ると、毎晩、フガフガ言いながら、僕の上に乗って寝ていました
あれはきっと、最期がわかった長女の、最後の甘えだったんだと思います。

また会おう。

同じタイミングで、二匹を看取った事に、「どんな仲良しだよ」と力なく突っ込んでしまった、そんなバカ飼い主(僕)。

ahiru-gb.jpg

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ahirukacho.blog81.fc2.com/tb.php/5718-7f33f780

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ