FC2ブログ

Entries

クンネチュプ(嘘付き)

20080401kunnechup.jpg
「クンネチュプ」と言う料理。
アイヌ語で「月」と言う意味で、丸い形から満月を連想させた、クレープのようなトルティーヤのような、そんな食べ物です。

この「クンネチュプ」に焼いたシシャモや鮭、行者にんにくやその他の野菜をのせて包み、最後に笹でくるむのが本来の食べ方。
味付けは基本「塩」なのですが、味噌やソース等、家庭によっても味付けが違う「クンネチュプ」は、北海道の一部地域で浸透しています。

なんてを考えてみました。そう、全部「嘘」です。
本当なのは「クンネチュプ=月」という事だけ。意味以外は全部、適当に考えた僕の「嘘」です。

日本各地に、それぞれの郷土料理があります。
定義は色々とあるりますが、「主食になる」「地元民に愛されている」「安い」これがひとつの定義ではないだろうか?と考えた僕。

はたして、北海道にそんな安くて愛されているものがあるでしょうか?

例えば「ジンギスカン」
確かに地元民に愛され、主食にもなります。ただ、、、安いでしょうか?
1食100円とか300円で食べられるものではありません。

僕定義の中で「安い」は「100円~300円」だと思うのです。
讃岐うどんは1杯その程度だし、壱銭洋食やもんじゃ焼き、きゃべつ焼き等も本来安いもの。そう言った安さがないといけないのではと考えます。
チャンチャン焼き豚丼ザンギも然り。

例えば「三平汁」です。
愛されているし、たぶん1杯200円程度でしょうう。ただし、「主食にならない」のです。
残念、いももちなんか入れたら主食になるかもしれない。
それでも「ちょっと帰りに三平汁飲んで行くか」的な手軽さはありません。しかも季節がある。

そんな訳で「北海道好き過ぎーず」および「北海道弁守ろう会」の僕としてはそんな3つの定義にあった、新しい「郷土料理」を考案してみようと思った次第です。

↑嘘をつくようにクリックしていただけましたら、嘘つきの僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

※この記事は、2016年12月に加筆修正しております。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ahirukacho.blog81.fc2.com/tb.php/615-4a7446e7

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ