fc2ブログ

Entries

旅立ち

20211023chonanneko.jpg
長く闘病中だった、我が家の長男猫が、虹の橋を渡りました。
一緒に寝ていたのですが、朝起きると、長男猫は、固くなっていました。

19歳と7ヶ月。「よく頑張ったね。」と、頭を撫でた朝。

東京に上京して、一番長い付き合いになったのが、我が家の長男猫です。
楽しい時間も、辛い日々も、一緒に過ごしてきました。

数ヶ月前に発作を起こし、それからは投薬続き。
仕事のある日は、動物病院へ、あずけていました。
仕事が休みの日は、外出を控え、一緒にいる日々。常に、「誰かが、側にいなくては」そんな状態でした。

ここ最近は、毎日点滴を続けていて、前足には点滴の針がついたまま
少しずつ痩せ細り、オムツが必要になり、前足には点滴の針。見ているだけで、少々辛い。
それでも、ご飯を食べる姿を見ると、「まだ生きる気持ちがある」と思い、なんとか拙い手伝いをしていました。

ご飯の給仕、下の世話、シャンプー、介護を続けて、数ヶ月

長男猫を抱え、一緒に寝ていたのですが、とうとうお迎えが来たようです。
日々の闘病、本当に、よく頑張ったよ、長男猫。
本当に、お疲れ様。そして、ありがとう。



動物病院へ行き、点滴の針を抜いてもらい、身体を拭いてもらいました。
その後、ペット専用の火葬場へ連絡して、火葬の手配。
お供え物に、パンや海苔を買ってきました。
長男猫が好きだったモノです。体調の事もあり、海苔等は、与える事ができない状態が続きましたが、今やっと、与える事ができます。

一緒に生活した19年と少し、本当に楽しかったよ、長男猫。
ありがとう、長男猫。

あの世で、ゆっくり、のんびりしてほしい。
他の子達と遭えたら、イイね。

またね、長男猫。


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ahirukacho.blog81.fc2.com/tb.php/7108-1d32dcc8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

月別アーカイブ