fc2ブログ

Entries

デニム

20081006denim.jpg
長年同じ服、同じズボンを履いていると、「傷みが早い」なんて、言います。
たぶん、本当なんだと思います。

いつも履いているデニムが、ボロボロになってしまいました。

我が家の猫達が引っ掻いた跡もありますが、そんな事よりも、常に履いているからなのだろうと、思います。
ももの部分や、ポケットのほつれ、普段から手を入れたり、擦れる所は一緒なので、「その辺」に穴が開いたりしています
それも、1個2個の穴ではなく


椅子に座って、必ず設置する部分、つまり「お尻部分」もまた、生地が傷み易い場所であり、当然「穴」が開いています、1個2個

おしりのように、パックリ割れている訳ではなく、臀部下あたりに「ちょいっ」と開いているのですが、ここからは当然「パンツ」が見えてしまいます。

「もう、そこまでなったら履くのやめなよ!」
と、僕の中のお母さん的思考は、脳内で言うのですが、特に気にしない僕もいます。
男は、身なりを気にしなくなったら「終わり」とも思います、オス的に。

ですが、「それでいいや」と諦めのような感情がある事。
そして、「お金がもったいない、まだ履ける」と言う、貧乏性
馬鹿がつくくらいの頑固さ。

そんな人間、僕は嫌いじゃないので、自分もそうなってしまいます。

つまり、「お前のパンツが見えていようが、そこまで誰も気にしてねーよ。女の子じゃあるまいし。」って感じで、出会う人出会う人、誰もそれを注意しないものなのです。

そう、ほっとかれる事を、僕は「優しさ」と考えて、今日もそのデニムを履いています

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

月別アーカイブ