Entries

流血

朝起きると、部屋中に血痕があり、、、、流血した長男猫「でぃん」が座っています。おぉいっ!!耳血腫と診断されて3ヶ月、どうやら膿んでいるようで、先日の診察から抗生物質を投与していました。膿んでパンパンに膨れ上がった耳。長男猫「でぃん」も、煩わしかったのでしょう。自分の後ろ足で掻いたのか、耳が傷付いて流血。血まみれです。これはさすがにイカン。 今日も動物病院に連絡です。「膿が流れ出たのは、不幸中の幸いと...

かさむ

長男猫「でぃん」の耳血腫が未だ治らず、病院通いが続いています。なんとも可哀想ですが、治らないので致し方ない。最近では気配を察し、こたつに「頭だけ隠れる」と言う、可愛い状態である事も多い。通常、耳への注射は暴れるそうで、3ヶ月も続くと「まず、飼い主の心が折れる」のだそうです。そして、麻酔をかけて手術するらしい。のですが、我が家の長男猫「でぃん」は大人しく、可愛い看護士さんに抱かれてノーリアクションだ...

プックリ再発

すでに2ヶ月。我が家の長男猫「でぃん」の通院生活が続いております。先日いただいたステロイドの飲み薬を飲んでいた所、耳に血が溜まる事なく、このまま快方に向かうか?、、、と思っていたのですが、飲み薬を止めた途端、再び血が溜まって「ぷっくり」です。自宅近所にあるF動物病院にて、状況を細かく説明すると、「まだハッキリとしませんが、、、」と補足をつけながらですが、「アトピーの発症ではないか?」と診断されました...

ペコリ継続

8月下旬より、外耳炎で内出血している、我が家の長男猫「でぃん」。未だに血が溜まり、左耳がぷっくりペッコリしております。うーん、、、本人(猫)は、元気でご飯も食べているし、痛そうにしている訳ではないのですが、やっぱり気になってしまう飼い主。さすがに1ヶ月以上も血を抜いて薬剤投与の連続と言うのも、可哀想です。近所にあるF動物病院へ行き、本日も診断してもらいました。「(血腫を)気にして首をふる」「後ろ足で...

ペコリ

外耳炎のため、左耳に血が溜まってしまった長男猫「でぃん」。何度か動物病院に通い、溜まった血を抜いては薬を注入を繰り返しています。治療の際、動物病院の先生が話していたのが「耳の形が変わる」と言う事です。コンテストに出場する猫達は、耳の形も審査対象になるようで、大掛かりな手術を行うのだそうです。ただし、我が家の長男猫は、コンテストに出場する事はなく、特に耳の形が変わろうと、我が家の長男猫である事に変わ...

ぷっくり猫の反応

あれ? お前、そんな耳してたっけ?お昼前に、長男猫「でぃん」の顔を覗いたら、左耳がなんだか垂れています。水ぶくれのような感じでプックリ晴れている左耳。 なんだろう?これ。さっそく、近所にあるF動物病院へ行ってきました。「ヘルペス等のウィルスによる外耳炎ではないか?」その可能性が高いとF先生。外耳炎で内出血し、血液が耳の中にぷっくりとたまっていのでしょう。注射で血液を抜いた後、薬を注射すれば、早くて2...

夏の血液検査大作戦2012

長男猫「でぃん」を、近所のF動物病院に連れて行きました。4月の血液検査で、コレステロールやGPTの数値が高いとの事で、しばらく様子を見ていたのですが、再び血液検査。「若干コレステロール値が高いですけど、問題なさそうですね。」と、F先生からお墨付きをいただきました。良かったな「でぃん」。4月に行った血液検査、きっと「ご飯を食べた後」だったから、数値が高かったのではないでしょうか。検査を忘れ、普通に朝ごはん...

「馬鹿飼い主」と「しずく」

あ。しずく、、、付いてるよ。我が家の長女猫「みー」は、何故か「水を飲むのがヘタクソ」です。水の入ったお椀周りを水浸しにし、そして必ず「お弁当」を付けています。水だから「お弁当」ではなく、これは「水筒」だろうか?テーブルの上、ちょうどパソコンの前に鎮座する、「水筒を付けた猫」。邪魔なのだが、、、っんもうっ! 愛おしいっ!可愛いぞ、お前!ついつい「おみじゅ、ちゅいてましゅよ」なんて赤ちゃん言葉で拭いて...

減量

我が家にて一番のでぶっちょである長女猫「みー」。健康のためにも、ダイエットさせようと思い、近所のF動物病院の先生にアドバイスをいただきました。「キャットフードの常設」を止め、「1時間の設置、そして撤収」を始めた我が家。万が一病気になった際の「食事の管理」も、「1時間だけの設置」を習慣づかせるとラクだと聞きました。それから1ヶ月。健康診断と爪切りのため、今月も長女猫「みー」を動物病院へ連れて行きました。...

規則的考察

「ご飯を1時間で片付けてしまうとイイかもしれませんよ。」長女猫「みー」の爪切りと健康診断でF動物病院へ行きました。体重を量ると、順調に体重を増やしている長女猫「みー」。7kgの大台に乗ってしまったので、これはさすがに問題でしょう。そんな時にF先生の提案。万が一、猫が病気になって食事制限をするような事があった場合、「常にご飯を置いた状態」と言うのは、管理が難しいようです。「ご飯を出したら、1時間程で片付け...

エコー検査

先日、長男猫「でぃん」の血液検査をしたのですが、検査結果が出ました。「肝臓の数値とコレステロールが高い」とのお話で、「エコー検査をしたい」とかかりつけのF動物病院の先生。そんな訳で再び検査へ行ってきました。「肝臓の数値(GTP)が少し高いのですが、肝臓の肥大は見当たらないので、肝炎の心配はないと思います。」エコーの映像を見ながら、そう話すF先生。検査で数値が高くても、実は再検査すると問題ないと言う事も...

血液検査

長男猫「でぃん」が今年10歳となったので、今年から血液検査をしようとF動物病院へ行きました。血液検査はF先生の勧め。そして「4月は安い」との情報。「いやぁ、、、白くて可愛い!」長男猫「でぃん」は、F動物病院の看護士さんに評判がイイ。今日も二人の看護士さんに抱えられて採血。、、、羨ましい。長男猫は何故にこんなに女性に持てるのでしょう。羨ましい限りです。ヒゲもクニャクニャひん曲がっているし、顔もデカイ。挙動...

8歳になりました

次男猫「さい」が8歳になりました。と言っても、本当の誕生日はわかりません。台風の夜、我が家の網戸にへばり付いていた日が夏の「23日」。僕も長男猫、長女猫とも3月生まれだったので、次男猫も「一緒に3月生まれにしておこう」と言う「勝手な理由」です。拾った当時、動物病院の先生に聞いた所、「生後数ヶ月といった所でしょうか?」とお話いただきました。実は「近所を徘徊している姿」を、数ヶ月前から見ていた僕。生まれて...

9歳になりました

長女猫「みー」が9歳になりました。と言っても、本当の誕生日はわかりません。拾った時が、「目の開いていない手の平に乗るような生まれたて」だったので、その前日を生まれた日と勝手に決めた僕。生まれて間もなく捨てられ、動物病院でも「生きるか死ぬか50%」と言われた子です。生きてくれているだけでも、オジサンは嬉しい。いつも寝てばかりいる子ですが、たまに、僕のこめかみを毛繕いしてくれます。僕の布団に入ってきます...

10歳になりました

長男猫「でぃん」が10歳になりました。10年前、里親募集で出会ったのが生後数週間。そして3ヶ月後に我が家にやって来た長男猫「でぃん」。よちよち歩きながら、トイレ代わりの洗面器に向かって行った事も、掃除機のホースに絡まりながら爆睡していた事も、ついこの間の事のように思い出せます。頼りなく部屋をオロオロする、ボケボケした姿。おかげで、他の元気な兄弟が次々に里親先を決定する中、、、一匹だけ残っていた「でぃん...

再び猫

自宅で仕事をしていて、気付いたら寝てしまったようだ。すっかり夕方。部屋を見渡すと、、、、長男猫「でぃん」が、再び嘔吐していました。これはイカン。毎度のF動物病院へ電話を入れたら、すごく混んでいるようです。2時間後なら時間が取れるかもしれないとの事。そんな「家での待ち時間」に、今度は次男猫「さい」が再び嘔吐。キャリーバックは1匹分しかないし、相談した所「一匹づつ連れて行く」事になりました。長男猫「でぃ...

再び長男

昨夜、動物病院から帰ってから長男猫「でぃん」の食欲も出てきたようです。が、会社から帰ってくると、やっぱり吐いていました。即座に近所のF動物病院へ連絡をしたのですが、「今日も予約がいっぱいで、時間かかりますけど」との事でした。そうは言っても長男猫「でぃん」は心配なので、再び通院。「うーん、今度下痢しているようでしたら、便を持って来てください。ウィルスの可能性もありますんで。」とF先生。先生も僕も心配な...

長男も一緒

次男猫「さい」の体調も戻った昨今。今度は長男猫「でぃん」の具合が悪い。朝から透明な液体をゲーゲー吐いています。便の方も若干緩い。いつもお世話になっている近所のF動物病院へ。「多頭飼いの場合、胃腸炎になる子が1匹ってのはよくありますけど、2匹ってのは滅多にないですよ。」、、、そうですよねぇ、、、。我が家の場合3匹ですので、6割以上の確率。それは高い。「一応注射して、しばらくご飯も水も外して様子を見てくだ...

急性胃腸炎(かなぁ?)

急性胃腸炎の疑いがあってから4日目。昨夜、午前1時頃にも下痢をしており、ご飯も食べなかった次男猫「さい」ですが、ようやく通常のご飯を食べるようになりました。そんな症状を伝えるために、毎度おなじみ近所のF動物病院に朝から電話。「今日1日、しばらく様子を見ましょう。また下痢をするようでしたら、ご連絡ください。」了解しました。さすがF先生。とっても親切で丁寧です。約8年お世話になっております。「再び下痢をする...

急性胃腸炎(なのか?)

親知らずを抜いた後、買い物をして家に帰ると、猫トイレから流れる汚物がありました。次男猫「さい」が、下痢をしたようです。おかしい。急性胃腸炎であれば、間もなく元気になるはずだ。今朝方は元気に走り回り、おもちゃにも食いつく、少し快方に向かった姿を見せてくれただけに、飼い主としてはショックです。「うーん、、、固いウ○コを出そうと急いでしまい、下痢になると言う事はあるんです。一度、浣腸してみましょうか。」F...

急性胃腸炎(のよう)

次男猫「さい」の元気がないので、F動物病院へ行った昨夜。「急性胃腸炎ではないか?」と言う話で、注射を3夜打つ予定で、本日が2日目。待合室で順番を待っている間、ペットキャリーに次男猫「さい」を入れている訳ですが、、、、「キャリーから出たい力」が凄い。基本、病院が嫌いで逃げ出したい気持ち満々の超ビビリな次男猫「さい」です。昨夜(1日目)は力なく、鳴き声も弱かったのが、今夜は頭で「キャリーの蓋」をグイグイ押...

急性胃腸炎(のはず)

次男猫「さい」が、昨日から食欲もなく、胃液を吐いていた。まさか、数年前に経験した、あの忌まわしき「誤飲」だろうか?なんだか同じ症状です。心配になったので、近所のF動物病院へ行きました。「この時期は『急性胃腸炎』になる子が多いんですよ。」と、F先生。「ご飯を食べない」「小皿一杯程度の綺麗な山吹色をした胃液を吐く」という症状で、「急性胃腸炎」ではないか?と言う。別の病気だと、胃液の色が別の色をしたり、量...

健康診断(次男猫版)

次男猫「さい」の健康診断のために、朝からF動物病院へ行きました。長男猫「でぃん」もビビリのため、病院でかなり鳴いていたのですが、次男猫「さい」は違います。「超びびり」です。ペットキャリーの中からでも伝わる「震え」は、武者震いではないはずです。鳴きながら震えている姿は大変心苦しいのですが、お前の健康のためだ。我慢なさい。特に健康には問題ないのですが、次男猫「さい」は、奥歯に歯垢がたまっています。それ...

健康診断

長男猫「でぃん」の健康診断のため、朝から近所のF動物病院へ。久しぶりの診察に、長男猫「でぃん」はビビりまくりの鳴きまくりです。「あ、来年10歳ですね。」長男猫「でぃん」が我が家にやって来て10年。来年、10歳になります。平均寿命が10~20歳の猫、すっかりお爺ちゃんになりました。「そろそろ血液検査等を年1回定期的に行った方が良いかと思いますよ。4月頃は検査機関も時間あって、安く調べる事ができますし。」なんて、...

猫の愛情表現考察「額とおふっ」

「猫が額をこすりつける動作」と言うのは、「愛情表現のひとつ」なのだそうです。なるほど、多頭飼いの我が家では猫同士でたまに見られる光景。あの動作には、そういった意味があったのか。布団に入った夜。「さて寝ようか」と思ったのですが、なんだか寝苦しく、何度も起きてしまいます。寝ては起き、を繰り返し、、、、午前3時頃。暑さで目が覚めると、長男猫「でぃん」が、僕のお腹に一生懸命「ヘッドバット(頭突き)」を食ら...

毛布の場所

そろそろ暑くなってきたので、布団を一枚減らそう。そう思って、毛布を一枚外したのですが、、、この毛布。さて、問題は「仕舞う場所」です。我が家には収納スペースが少ない。押入れは「猫の遊び場所」になっているので、仕舞う事はできない。かと言って、ダンボールに仕舞うにも、結局は邪魔だ。うーん、どうしようか?なんて、折り畳んで悩んでいたところで、「これ」です。長女猫「みー」がデーンと寝転がっています。隣に「猫...

ケトリーナ・リラックスシーナ

春は「猫達の抜け毛の季節」。ブラッシングはしていますが、部屋中が「いつも以上に毛だらけ」。そんな訳で最近は「Lion ケトリーナ」を吹きかけています。スプレーしてブラッシングするだけで、抜け毛がしっかり取れて、臭いもスッキリ。うるおい成分コラーゲン配合で、そして、、、イイ香り。飼い主の僕よりもイイ香りがします。猫達は「濡れるのが嫌い」なので、スプレーを嫌がりますが、僕はイイ香りでリラックスできます。猫...

歯垢取られ猫

最近、次男猫「さい」の「牛乳の飲みっぷり」が、あまりにも汚く、お世話になっております「bake」さんから、「それは口の中の病気かもしれない」とアドバイスいただきました。そんな訳で、近所のF動物病院へ。「口の横からよだれなんか出たり、食べ方がこぼれる場合は、口内炎とか歯周病の危険があったりするんです。でも、牛乳をこぼすってのは、、、あまり聞いた事ないですねぇ、、、。」なんて言っていたF先生。次男猫「さい」...

7歳になりました

嵐の夜に拾った次男猫「さい」が7歳になりました。おめでとう「さい」。7歳になった所で、「独特のアウトロー感は失わない」のが「さい」です。今日も一匹、すやすやと寝ています。最近覚えた技「後ろ足二本で立ち、甘えた声で鳴きながら、僕の足にすがる」そんな姿を見ると、バカ飼い主ながら「可愛い」と感じてしまいます。キャットフードとペット用牛乳を交互に食べ飲みする姿に、笑顔になってしまう僕。以前は上手に牛乳を飲ん...

8歳になりました

長女猫「みー」が8歳になりました。生まれたての頃は「生きるか死ぬかわからない」と言われていた子が、今年で8歳に。なんとも感慨深いものを感じてしまいます。甘やかして、わがままに育った長女猫ですが、動物病院への「通院歴」は一番。単に「爪切り」に行くだけだが、それも慣れたのか、最近では病院に行っても泣かなくなりました。強く育ったものです。先生の健康診断後、話を聞いている間は、そっと僕に寄り添い、先生を警戒...

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ