Entries

庶民のメンチカツ

20170415menchi.jpg
休日、近所のスーパーでは、お惣菜が安くなっている事が多いようです。
そうなると、必然的に「お惣菜率が上がってしまう休日」になります。

今夜も購入してきました、68円のメンチカツを2個
ただし、このままでは長く酒が飲めないので、千切りキャベツを添えて。
キャベツ1玉の方が、メンチカツ2個より高い昨今。なんだか、違和感を感じます。

マヨネーズとソースをかけて、濃い味付けに。
チビリチビリと、メンチカツをつまみ、わさっと千切りキャベツを頬張り、チューハイをグビリ。

イイねぇ、、、昭和だねぇ、、、

クッキングパパでも、主人公・荒岩さんの上司「東山常務(食通)」が、「メンチは庶民の味なんじゃ〜!」と力説するシーンがあります。
常務、その気持ちはわかります。メンチカツって、イイですよね。

コッペパンに合うのは、とんかつではなく、メンチカツだと思う、庶民派の僕
海苔弁を買ったら、思いがけず「揚げ物が白身魚フライではなく、メンチ」だった事に、特別感を感じる、庶民派の僕
2個もあったら、「メンチ1/2個でチューハイ1杯だから、4杯飲める!」と皮算用してしまう、庶民派の僕

↑庶民的なクリックしていただけましたら、昭和庶民の僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

鶏と人参のたぬき混ぜご飯

20170414ninjingohan.jpg
おじさん(僕)のお弁当は、本当に簡単なものです。

ご飯に少しのおかずをタッパーに。インスタントの味噌汁を会社で作って出来上がり。
実家から送られてきた「冷凍された焼魚」「煮物」。休日に作ったきんぴら等を、ご飯の上に乗せただけの、とても簡単なお弁当

そんなお弁当に、混ぜご飯は、本当に便利です。

ご飯に混ぜるだけで、おかずが要らない。混ぜるものも、暇な時に作っておけばイイ。

のご飯用に買っておいた、鶏胸肉。そして、人参。
余ったものを細かく刻み、めんつゆ、酒、みりんで煮込んでおきました。

朝、刻んだ万能ねぎと、頂き物の揚げ玉。煮ておいた鶏胸肉と人参を混ぜて、「鶏と人参のたぬき混ぜご飯」の出来上がりです。
鶏肉の旨味、人参の甘み、ネギの香り、揚げ玉のコク。おかずがなくても、単品で美味しい。

おじさん(僕)のお弁当は、本当に簡単なものなのです。

最近の僕。朝のお弁当づくりは、「混ぜるだけ」が流行りらしい。

↑簡単なクリックしていただけましたら、文句のない僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

一緒盛り肉野菜炒めライス普及委員会

20170413nikuyasaiitamerice.jpg
豚ひき肉と余っていた野菜を炒めて、「にんつゆ炒め」に。
ご飯の上に乗せたら、「肉野菜炒めライス」の完成です。

このフォルム。ご飯の上におかずを乗せた、この形が好きな僕
過去にも、「朝食の提案」として、ネタを書いた事があります
僕以外にも、このフォルムが好きな方はいるのではないでしょうか。

豚ひき肉に野菜。とろみをつけた、あんかけご飯風ですが、「肉野菜炒めライス」です。。

このフォルムを調べてみると、あまり世間では見かけないようです。
某世界的検索サイトにて、画像検索をしてみましたが、このフォルムはあまり登場しませんでした。
うーん、、、もやしたっぷりの肉野菜炒め。「別盛り」が定番なのはわかりますが、ここまで市民権がないと言うのは、なんだか淋しい

一緒盛りの「肉野菜炒めライス」。もっと浸透させたい。
そう思って、オシャレ感を出そうと、「上から写真」を撮ってみました。

、、、さすが、です。オシャレ感のないオジサンですから、当然、オシャレ感は出ません。

もうちょっと、頑張ってみよう。そして、浸透させよう、一緒盛りの「肉野菜炒めライス」

↑一緒に盛るようにクリックしていただけましたら、ご飯一緒盛りが好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

ミニストップ「お肉ドーン!っと弁当」

20170412nikuben000.jpg
ミニストップで新発売されるお弁当が、ネットニュースでも話題になっていました。
「お肉ドーン!っと弁当(税込598円)」と言う、お肉たっぷりな弁当。何よりも話題性が高かったのが、お肉ではなく、「ご飯の少なさ」なのです。
炭水化物オフを考えた、驚きの弁当。

自宅近所のミニストップへ行き、早速購入してみました。
598円と言うと、少し高価な晩ご飯(我が家基準)なのですが、酒のつまみとして考えると、少しリーズナブルでしょうか。

さすがの「ご飯の少なさ」です。ポテサラが添えてあるのか?と勘違いするくらいの少量
このご飯の少なさに、たっぷりのおかずは、お弁当を食べると言うよりも、「酒のつまみにイイ」と感じてしまいます。
一口で、ご飯を完食。お漬け物少しで食べたら、お弁当には「おかず」しか残りません

生姜焼きには、少し多めの野菜が付いています。生姜焼きたれに絡んだ野菜が美味しい。
チキンカツには、トマトソースがたっぷり。酸味のあるソースで、他の甘辛いおかずと、良いバランスです。

その他、メンチカツ大きなハンバーグ粒マスタード付きのソーセージ
どれも、コンビニ弁当らしい味わいです。酒のつまみに、肉肉プレートで楽しんだ夜。

コンビニのおかずは、どれも濃い目の味付けではないでしょうか。
少量のご飯を食べた後、味付けの濃いおかずをつまみつつ、焼酎を飲む僕。

、、、異常な程に、白米が食べたくなったのは、僕だけではないはずです。

↑ドーン!っとクリックしていただけましたら、野菜不足の僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

いつかのにゅうめん

20170411newmen.jpg
食品棚の中に、素麺があります。これは、いつのだろうか?
「美味しいものは、保存しておく」そんなクセがある、貧乏人の僕ですが、思い起こせば、この素麺は1〜2年前の夏の頂き物だったかと思います。

食べよう。サクッとカンタンに、「にゅうめん」にして食べよう。

薄めのおつゆに、そのまま素麺を入れて、アクを取り、茹で上がったら器へ。
頂き物の揚げ玉や、刻んでおいたネギ、白ごまを乗せて、「にゅうめん」の出来上がりです。
茹で汁もおつゆにしてしまう、雑な所業。なんのなんの、男の料理とは、こんなものです。

素麺自体に、塩分があるので、薄めのおつゆで良かったようです。
程良い塩梅になり、美味しい

1〜2分で茹で上がる、この手軽さ
立ち蕎麦屋さんうどん屋さんは多いのに、何故「そうめん屋」さんは、ないのでしょうか。
サクっと食べられる、立ち食いのそうめん専門店があっても、おかしくありません。

サッと茹でて、温かいおつゆでも、冷たくしても、サラリと食べられてしまう。
トッピングで色々と楽しめるし、蕎麦やうどんに並ぶ、そんな立ちそうめん屋があっても、良いのではないでしょうか。生蕎麦と違い、素麺ならば、保存も効くので、店的にはピッタリ。

いつか、僕が立ち蕎麦屋をオープンしたら、素麺も提供してやろう
、、、オープンする予定は、全くありませんが。

↑手軽にクリックしていただけましたら、蕎麦もうどんも素麺も好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

ぶ丼のアタマ

20170410taninnoatama.jpg
先日作った「豚皿(豚バラと玉ねぎの煮込み)」に人参を加えて一煮立ち。
卵でとじて、揚げ玉と万能ネギを散らせば、「ぶ丼のアタマ」の出来上がりです。

以前つくりました、「ぶ丼(豚たぬき丼)」の「アタマ(上に乗った具)」

酒を飲んで晩ご飯を終わらせてしまう、そんな酒飲み(僕)にとって、「アタマ」は、つまみとしての利便性が高く、ちょくちょく多用します。
要は、「卵でとじる」です。

ご飯があれば、煮汁を吸う役目があるのですが、ご飯がないので、揚げ玉に吸わせます。
このトロッとした揚げ玉もまた美味しい。「豚天とじ」と言ったところでしょうか。

「ぶ丼のアタマ」、、、何やら、不思議な暗号のようでもあります。
朝の出がけに、「今夜は、『ぶどんのあたま』だからね〜!」なんて言われようものなら、気になって、仕事に手がつかないのではないでしょうか。
なんだよ、「ぶどんのあたま」って? 知らない人なら、間違いなく、そう思うはずです。

いつか、だれかに作ってあげよう「ぶどんのあたま」

↑暗号を解読するようにクリックしていただけましたら、アタマ好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

豚皿で王様気分

20170409butadonnoatama.jpg
冷凍庫に、豚バラスライスが凍っています。
たっぷりあるので、全部湯がいてしまおう。なんだったら、全部煮込んでしまおう。

玉ねぎをたっぷり、くし切りに。
めんつゆに酒、みりんと一緒に軽く煮込んだら、火を止めます。
冷めるまでジッと待ち、冷めたら再び加熱して出来上がり。

「豚皿」の完成です。

豆腐を加えたら、肉豆腐に。卵でとじたら、他人丼の頭に。
ご飯に乗せても、混ぜ込んでも、お弁当に入れても良いし、もちろん、そのままでもイイ。

紅生姜を乗せて、小鉢にたっぷり。
焼酎を用意したら、至福の時間です。一味唐辛子をたっぷりふって、パクリと食べる休日のお昼

やっぱり、「豚皿」はイイ。たっぷり作った豚皿。こんもり盛ると、「今日は王様気分」です。

数百円で過ごす、至福の時間。とても、「王様気分」とは見えないでしょうが、僕にとっては、「食べても食べても、まだ豚皿がある」そんな状態は、「王様気分」なのです。

さてさて、焼酎を買ってこよう。

↑至福のクリックしていただけましたら、酒と豚皿があれば幸せな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

ジンたれ料理「鶏野菜のピリ辛炒め編」

20170408jintarebakudan.jpg
ベル食品「成吉思汗(ジンギスカン)たれ」を使って、ジンギスカン以外の料理を考えよう。そんな、「ジンたれ料理考察」

のご飯用に買っておいた、鳥ささみ肉があります。
ちょっと拝借して、今夜の晩御飯にしよう。

細切りにして、野菜と炒め、豆板醤を加えたジンたれ(ベル食品「成吉思汗(ジンギスカン)たれ」)を混ぜたたれで味付けして出来上がり。
少し、「日高屋のバクダン炒め」っぽいフォルムもあります、、、あれは、豚肉だったはずですが。

うーん、、、まぁまぁ、美味しい
基本、肉野菜炒めにベル食品「成吉思汗(ジンギスカン)たれ」の味付けは、当然美味しい。
豆板醤の旨味により、味わいも変わるかと思いますが、なんとも「中途半端に美味しい」。

食べられない事はありません。酒のつまみにもピッタリです。
ただ、僕以外の人に披露できるか?と言えば、ちょっと考えてしまいます。もっと、他に美味しいジンたれ(ベル食品「成吉思汗(ジンギスカン)たれ」)の使い方があるはずです。

45点としよう。
もうちょっと、たれの調合を考えたら、もっと美味しいはず。

↑調合するようにクリックしていただけましたら、まぁまぁの僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。


もりうどん

20170407zaruudon.jpg
知り合いから頂いた「生うどん」が、我が家の冷凍庫の中にあります。
冷凍した状態でいただいたので、そのまま冷凍しておきました。どうやら、生うどんは冷凍が出来て、凍ったまま茹でるのが良いらしい。そんな話を聞きました。

たっぷりのお湯を沸かし、冷凍したままのうどんを投入。
しっかり茹でたら、冷水で締めて「もりうどん」の完成です。
水で割っためんつゆに、万能ネギ、白ごま、生卵、これまた頂き物の揚げ玉も添えて。

わ、、、美味しい。しっかりしたコシの強い、美味しいうどんです。

噛むと、跳ね返る力強さがあります。それは、冷水で締めた事で、さらに弾力を生んでいるようです。
半透明の少しベージュがかった、細めのうどん。そばつゆに生卵、美味しい揚げ玉のコクが良い塩梅です。
ズルルっとすすり、もむもむと噛んでゴクン。早々に完食してしまいました。

知り合いの兄さん夫婦、本当にありがとうございます
そして、美味しい揚げ玉を頂いた、行きつけのうどん屋さん、本当にありがとうございます

生うどんを頂き、揚げ玉も頂き、そんな晩御飯を頂いた夜。

↑コシのあるクリックをしていただけましたら、蕎麦もうどんも好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

継続

20170406currypizza.jpg
自宅最寄り駅の近くに、たまに行くピザ酒場があります。
2周年を迎えた店では、「感謝キャンペーン」として、お酒の類を安く提供しており、酒の濃い緑茶ハイも290円と、通常より安く提供しています。

濃い緑茶割りが、3杯飲んでも1000円しないお得っぷり
そんなキャンペーンも、本日が最終日だそうです。

ここは、行かなくてはいけないでしょう。
店長も楽しいし、ピザは当然美味しい

そんな訳で、「緑茶割りとカレーピザ」を注文した僕。
もっちり感のあるピザ生地に、カレーとチーズが良く合います。550円の安さも魅力的です。

それにしても、今日でキャンペーンが終了か、、、貧乏人の客としては、とても残念です。
でも、カレーピザは大好きなので、また店に伺いますね。

なんて話をしたら、店長は衝撃発言です。

「(オーナーの意向により)キャンペーンは継続するみたいですよ。」

うそーんっ!

また来よう。「緑茶割りとカレーピザ」を食べに、また来よう。
※写真は、以前食べたカレーピザですが、今日も同じものを食べました。

↑もっちり感のあるクリックをしていただけましたら、ピザも大好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

立ち蕎麦行脚「ゆで太郎人形町2丁目店のちょい呑みセット」

20170405yudenomi.jpg
無料クーポン配布中ですし、久しぶりに、「ゆで呑み」でもしようか?

立ち蕎麦チェーン「ゆで太郎」の一部店舗では、お酒の提供もしております。
人形町2丁目店も、そんな「お酒提供店舗」。500円で、お酒と天ぬき2品、大根おろしがセットの「ちょい呑みセット」が提供されています。

鳥天、舞茸天の天ぬき。お酒は、むぎ焼酎で。それが、僕のいつものパターンです。
無料クーポンで、「かき揚げ」も追加。

昨今ブームになった「ちょい呑み」のおかげで、立ち蕎麦チェーンでも、お酒提供の店が多くなっております。
ただ、、、バイトのおじさん達は、「突然始まった、酒提供のシステム」に、未だ慣れない様子。
ちょいちょい、「不具合」があります。

個人的な希望ですが、焼酎も缶チューハイにグラス、氷提供が便利だと思います。
そばちょこに入ったむぎ焼酎、氷もなく、そのまま飲む人は少ないはずです。

酒提供は、何故か時間がかかり、僕の後に注文した客も、全て調理終了しております。
やはり、「ちょい呑み」のシステムに、慣れていないようです。僕の後に入った客が注文した「かき揚げそば」は、すでに提供されているのに、先に注文した僕のかき揚げは、未だ揚がっていません

そんな事よりも、大変重要な不具合が、写真からも見て取れます。


、、、オヤジ、大根おろしっ!忘れてるぞ!

僕の立ち蕎麦行脚は、まだまだ続きます。

↑大根をおろすようにクリックをしていただけましたら、むぎ焼酎派の僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

ジンたれ料理「にんつゆと混ぜる編」

20170404hikinikunintsuyu.jpg
にんつゆ(めんつゆ+おろしにんにく)を多用する、昨今の僕
そして、ベル食品「成吉思汗(ジンギスカン)たれ」がソウル調味料である、元道民の僕

足したら、美味しいのではないでしょうか?

「にんつゆ」「ベル食品「成吉思汗(ジンギスカン)たれ」」どちらも美味しいタレですから、足せば抜群に美味しくなるはずです。

豚ひき肉を炒め、もやしとニラを投入。
「にんつゆ」とベル食品「成吉思汗(ジンギスカン)たれ」で味付けしたら、完成です。
「豚ひき肉ともやしの、にんつゆジンたれ炒め」です。

、、、、うん、美味しくない

「美味しい」+「美味しい」=「より美味しい」
それは、必ず成立すると言う方程式ではないんだなぁ、、、なんとも、妙な味わいです。

「混ぜるな危険」と言う程ではありませんが、「にんつゆ」と「ベル食品「成吉思汗(ジンギスカン)たれ」」は、混ぜない方が良いとわかった夜。

20点でも、高い気がする「にんつゆジンたれ炒め」

↑混ぜずにクリックをしていただけましたら、混ぜてしまった僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

Top Food Blog

月別アーカイブ