Entries

肉巻きししとう

20170807nikumakishishi.jpg
「ししとう」が安かったので、1パック買っておいた休日。
焼いて食べようと思ったのですが、それだけでは足りない気がします
今夜も、焼酎を飲む気満々。焼いたししとうだけで、満足な量の晩酌にはならないではないか?

「肉巻き」にすると、「満足な料理感」が生まれます
お茄子やアスパラ、野菜にお肉を巻いて焼くだけで、野菜だけを焼くよりも「料理した」と言う気持ちが生まれます。
一品のボリュームが上がる事も、大変重要な要素です。

作業的に、そこまで大変ではありません。
それなのに、「料理としての満足度が高い」と言う、このコストパフォーマンスの良さ。

「肉巻き」は素晴らしい。

そんな事を考え、今日は「肉巻きししとう」
豚バラスライスをししとう(獅子唐辛子)に巻き、焼いたら甘辛く味付け。最後に、お酢を少々。

「豚で巻いても獅子唐とは、これいかに。」

そんなくだらないつぶやきも出つつ、コロコロと焼いた肉巻きししとう
青臭さと若干の辛味が、夏の夜に爽やかさを与え、冷たい焼酎の麦茶割にも、良く合います。

↑獅子のような勇ましいクリックをしていただけましたら、暑い夏、冷たい焼酎の麦茶割が欠かせない僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

立ち蕎麦行脚「名代富士そば新小岩南口店の朝食セット」

20170807fujisobashinkoiwaminami001.jpg
R新小岩駅南口、ロータリーの先にある商店街の中に、「名代富士そば新小岩南口店」があります。
朝の早い時間に入店。入口脇の券売機で、「朝食セット(390円)」を発券です。

厨房カウンターへ食券を渡し、「冷たい蕎麦で」とお願い
新小岩南口店も、北口の新小岩店と同様、「朝そばは、きつね」「朝食セットは、たぬき」がデフォルトのようです。

見込み茹で置きの蕎麦で、すぐに出て来た「朝食セット」
しっかり冷された「冷やしたぬき」は、やっぱり美味しい。

稲荷寿司がほんのり温かいのは、作り立てでしょうか。お酢がしっかり効いて、これもまた美味しい稲荷でした。

煮干しラーメンセットの他、24時間OKのサービスランチ、ビールに各種揚げたて天ぷらを提供等、ふり幅が広い新小岩南口店
酒飲みには、重宝しそうです。

僕の立ち蕎麦行脚は、まだまだ続きます。

↑ふり幅の広いクリックをしていただけましたら、ふり幅の狭い僕は、嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

茹で豚ポン酢きゅうり

20170806ponzukyuri.jpg
そうだそうだ。
安かったので買っておいたきゅうりポン酢に漬けておいたのでした。

おろしにんにくとラー油を加えたポン酢に、手でぐしゃりと割ったきゅうりを漬けただけの「きゅうりのラー油ポン酢」
酒のつまみにも、ピッタリなので、ちょくちょく作ります。

同じく、「安いから」と購入した「豚バラスライス」があります。
軽く湯がいたら、「ポン酢きゅうり」の中にザブン。豚の脂が固まらない程度に冷したら、器に盛って、「茹で豚ポン酢きゅうり」の出来上がりです。

夏の暑い夜は、ポン酢でさっぱりした料理が、良く合います。
氷を入れた、冷たい「焼酎の麦茶割」もまたイイ。グラスに生まれる滴が、涼感を誘います。

ポリンと一口、キュウリをかじったら、冷たい焼酎をグビリ。
蚊取り線香、扇風機、お笑い特番。なんだか、「夏らしい夜」に、しみじみした僕

↑夏らしいクリックをしていただけましたら、暑い夏、タオル必須の僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

長寿庵調査「亀有ちょうじゅあんの冷したぬき」

20170806kamearichojuan001.jpg
関東に多くある蕎麦屋「長寿庵」を調査しよう。

4会派に別れる「長寿庵」さんですが、ネット上で調べていても、限界があります。
老夫婦で営む、ホームページを持たない店も多く、ほとんどの店が「会派」を公表していません

ただし、暖簾や店の中にヒントが隠されている事もあります。
「赤坂支店」と書いてあれば、それは「十日会」。瓢箪に「実」のマークがあれば、「実成会」。店に行けば、わかる事もあります。

とりあえず、行ける場所から調べてみよう。そう思い、亀有にある「ちょうじゅあん」へ。
平仮名表記にポップなフォントが珍しい、1980年代を彷彿とする「長寿庵」さんです。

冷たいお茶を出すオヤジさんに、本日おすすめと書かれた「冷したぬき(750円)」を口頭注文。
メニュー表を見ると、通常は850円だそうです。
下町の蕎麦屋にしては、少々高額な「冷したぬき」と感じるのは、僕が立ち蕎麦ばかり食べているからでしょうか?

そう思っていたのですが、おばあちゃんがお盆に乗せて持ってきた「冷したぬき(750円)」を見て、納得です。小鉢が3つもついている!

蕎麦の上には、揚げ玉、刻みきゅうりになると、海苔、わかめ、トマト、茹で卵が乗っています、、、で、3種の小鉢「茄子の焼き浸し」「冷や奴」「イカ大根厚揚げの煮物」。凄い量です。

蕎麦はしっかりしたコシのある、美味しい蕎麦でした。香りもる蕎麦は、自家製でしょうか。
揚げ玉、きゅうり、なると、僕の好きな構成です。そばつゆは、下町らしく、かえしの濃い味わい。

小鉢もまた、丁寧に作られて美味しい。茄子にはおろし生姜がひとつひとつ添えられ、煮物もしっかり味が浸みています。

「亀有ちょうじゅあん」は、昭和のポップさがあります。実成会の総本山「柳ばし本店」のハイカラさに通じる感がありますが、どこなのでしょう?店内からは、その様子がわかりません。

ただ、たまに見かける「登録商標 長寿庵」の額が飾ってあります。この額、どこかの会派のものかもしれません。

もっと調べてみよう「長寿庵」。

↑長寿を祈願するようにクリックをしていただけましたら、結局蕎麦好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

赤いウィンナー、赤くしたウィンナー

20170805takowinner.jpg
最近は、「赤いウィンナー」も高額
キャラ弁にも重宝するからか、それは時代のせいなのか。赤いウィンナー自体の素材も良くなり、若干高額になりました。こうなると、あまり購入出来ないのが、淋しい貧乏人(僕)です。

やはり、「タコさんウィンナー」にするならば、ウィンナーは「赤」です。
普通のウィンナーでは、あの「タコ感」が出ません。茶色ってのは、どうも違う。

いやいやいや、自分。赤くしたら良いのではないか?

そうです。「赤くないなら、赤くしたら良い」のです。
特売で売っていた500g350円のウィンナーに切れ目を入れ、フライパンで炒めます。
切れ目が開いて「タコさん状」になったら、ケチャップとタバスコで赤くして出来上がり。

「赤いタコさんウィンナー」ではなく、「赤くしたタコさんウィンナー」です。
タバスコのピリ辛感がまた、酒に良く合います。イイじゃないか、「赤くしたタコさんウィンナー」

これは重宝しそうです。

↑赤くするようにクリックしていただけましたら、酒を飲んで赤くなった僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

立ち蕎麦行脚「そば新新富町店の朝食サービスセット」

20170805sobashinshintomi001.jpg
朝の新富町をウォーキング中。そう言えば、「そば新」と言う、行った事のないチェーン店があります。本日の朝は、「そば新新富町店」へ。

店内のタッチパネル式券売機で「朝食サービスセット(390円)」を発券。
厨房カウンターで「冷たい蕎麦でお願いします。」と言うと、「茹でますので、お席の方で、少々お待ちください。」と半券をいただきました。生蕎麦を都度茹でるようです。

しばらくして出てきた「朝食サービスセット(390円)」は、コスパの良さそうなセットでした。
冷しぶっかけの「天玉」に、小さな稲荷が二つ。茹でたて蕎麦を考えると、390円は安くないだろうか?

そう思いつつ、パクリと食べたかき揚げが、今年一番のパッサパサ具合!おぉっ!
サクッとした揚げたてではありません。シナリとした揚げ置きでもありません。

もっそもそ感が満載。これ、昨日揚げたかき揚げじゃないだろうか?と思えるパサつき
そう考えると、「朝食サービス」が390円の安さである理由がわかります。もっそもそ。

かき揚げを少し崩して、天地返しでしばらく浸し、その間に卵を崩して蕎麦に絡める。
七味唐辛子をふったら、ズズズズズーっとひとすすり。うん、美味しい

稲荷は、酸味の強い稲荷でしたが、これもまた、そばつゆに良く合います

かき揚げから考えると、温かい蕎麦の方が良かったかもしれません。
それでも、朝食サービスセット、390円でこのクオリティなら、満足です。立ち蕎麦ですし。

僕の立ち蕎麦行脚は、まだまだ続きます。

↑もそっとクリックしていただけましたら、もっさりした僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

立ち蕎麦行脚「小諸そば江戸橋店の冷したぬき」

20170804komorosobaedobashi001.jpg
「夏の暑い日」と言えば、それは「冷したぬき」。そんな蕎麦好きが、です。
そして、「冷したぬき」と言えば、「小諸そばの冷したぬき」。それが、僕です。

仕事帰り、ついつい日本橋にある「小諸そば江戸橋店」へ。
店内券売機で、「たぬきそば(310円)」を発券。「冷たい蕎麦で」と、厨房カウンターの店員にお願いです。

見込み茹で置き、コシがなく、ムッチリした味わいの白い蕎麦は、いかにも「小諸クオリティ」
茹で置きのため、若干ぬるさも感じます。

とは言え、揚げ玉、刻みかまぼこ、千切りきゅうりの構成。これに、卓上の長ネギと、柚子七味。
小諸そばの冷したぬきは、個人的に大好きな構成です。温そばと同じ価格で提供されているのもまた、小諸そばの嬉しい所です。美味しい。

卓上の小梅を一つ、口にほおりこんだら、退店。
店の前に、お盆営業のお知らせが掲載されていました。

お盆休みの立ち蕎麦行脚、、、気をつけよう

僕の立ち蕎麦行脚は、まだまだ続きます。

↑ムッチリしたクリックをしていただけましたら、お盆休みも行脚予定の僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

期間限定パイナップルのピザ

20170803pinecurrypizza.jpg
よく行くお店にて、期間限定で「パイナップルのピザ」を提供しているようです。
そんな事を、知り合いに教えて頂いたら、行かない訳にはいきません

それが、「パイナップルのピザ」が好きな「僕」です。
人がどう言おうと、僕は「パイナップルの入ったピザ」が好きなのです。

仕事帰り、店へ行き「ハムとパイナップルのカレーピザ(900円)」を注文です。
普通のトマトソースではなく、カレーソースで仕上げた辺りもまた、僕の心が踊ります。
カレーピザもまた、大好きなピザなのです。

焼き上がったピザに、テンションが上がります。
モチッとしたピザ生地に、たっぷりのチーズとコーン。もちろん、ソースはピリッとしたカレーソースに玉ねぎがたっぷり。ハムとパイナップルが入っています。
熱いので、タバスコをかけたら少々冷まし、ガブリといただきます。

美味しいっ!パイナップルのピザ、美味しいっ!

パイナップルのフルーティな甘さと、ハムチーズの塩気が良く合います。
人が否定しようが、僕には関係ありません。僕には僕の、好きな味があり、パイナップルのピザは大好きだと言うだけ。もちろん、人に勧めたり、一切れあげる事もありません。

今月限定らしい「パイナップルのピザ」。これは、通おう。
今月、食べられるだけ「パイナップルのピザ」を食べよう。

そう話した所、「じゃぁ、何枚食べるか、カウントしておく。」と、お店の姉さんに言われました。

「10パイナップル」はいくのではないか?そう考える「パイナップルのピザ」が好きなオジサン(僕)

↑パイナップルでクリックをしていただけましたら、パイナップルのピザを久しぶりに食べた僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

長寿庵調査「長寿庵柳ばし本店の花巻そば」

20170802chojuanyanagibashi001.jpg
関東には、「長寿庵」と言う蕎麦屋さんが多い。
あまり良く知らなかった「長寿庵」。テレビ局「TBS」の近くに「赤坂長寿庵」があり、「人気屋号の一つ」くらいにしか考えていなかったのですが、調べてみると、これが面白いのです。

江戸時代1700年代に生まれた「長寿庵」は、300年続く蕎麦屋さんで、各地にある「長寿庵」は、基をたどると、全てが「竹川町にあった長寿庵」に繋がるそうです。
そう、「長寿庵」は、江戸時代に生まれた蕎麦屋から、弟子入りと暖簾分けを経て、現在の「長寿庵」になっているとか。その数は200から300と言われています。
関東6県に広がる「長寿庵」の屋号は、しっかり商標登録され、「長寿庵の組合(長寿庵協同組合)」もあるのだとか。スゴいな、「長寿庵」。

詳しい歴史は、長寿庵さんのHPや、知識人のサイトでご確認ください。

さて、その「長寿庵」なんですが、現在「4つの会派」があるのだそうです。
「釆女会」「四之橋会」「十日会」「実成会」

この会派、系図の部分が、オジサン(僕)の心をくすぐります
剣術や柔道、、、はたまた「北斗の拳」の南斗聖拳108派を連想するのは、僕だけではないはず。

そんな「長寿庵4会派」。更に調べると、「実成会」の総本山が「両国長寿庵」であり、現在は東日本橋にある「長寿庵柳ばし本店」だと言います。

残念な会社から、歩いて行ける距離じゃないか!
仕事帰り、ついつい歩いて「長寿庵柳ばし本店」で、花巻そばを食べた僕。

今年の夏、自由研究として「長寿庵」を調べてみよう

↑長寿を祈願するようにクリックをしていただけましたら、結局蕎麦好きな僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

肉巻きお茄子ポン酢

20170801nikumakinasu.jpg
昨夜食べた「豚とお茄子の生姜焼き」ですが、材料はまだまだ余っています。
今日も同じモノを食べようか?と思ったのですが、それでは「自炊リハビリ」にはなりません。

縦に4等分したお茄子に、豚バラスライスを巻き、フライパンでコンガリ焼いたら、「肉巻きお茄子」の出来上がり。
長ネギをちらし、おろした山わさびも添えてみました。
昨日は甘辛くして食べたので、今夜はポン酢でサッパリと。

カリッと焼かれた豚バラに、トロトロのお茄子。サッパリしたポン酢も良く合います。美味しい。
そうそう、このお茄子のヘタです。
ヘタもまた、そのまま焼いて食べると美味しいものです。ピーマンのわたもまた然り。
普段であれば、取り除く部位ですが、焼くと美味しい

2日かけて堪能した、豚バラとお茄子消費
ようし、まだまだ自炊リハビリしていこう。


↑自炊するようにクリックをしていただけましたら、何度目の「自炊反省」か?忘れた僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

自炊リハビリ「豚とお茄子の生姜焼き」

20170731nasushogayaki.jpg
「ちゃんと自炊しよう。」と思い、自宅近所のスーパーで買い物をしてきた昨日。
そうそう、特売のお茄子を見つけたのでした。
豚バラスライス、長ネギと一緒に炒めたら、めんつゆ、みりん、おろし生姜で味付けして、「豚とお茄子の生姜焼き」完成です。

甘辛く炒めた豚バラスライスに、豚の脂を吸ったお茄子がトロトロで美味しい
「お茄子の生姜焼き」を教えてくれた、行きつけの居酒屋さん。本当にありがとうございます。

すっかり自炊リハビリは完了か?と思えば、そこはやっぱりリハビリ中です。
適当に「こんなものだろう」と入れためんつゆが多かったようで、味が濃い仕上がり
もう少し薄味の方が良かったなぁ、、、

ただ、これはこれで「ご飯がススム系」です。「進む」、、、濃い味付けに、「進む化された生姜焼き」。
「進化」と呼んで、良いのではないか?

そんな、くだらない事を考えながら、焼酎を飲むオジサン(僕)。
もちろん、ご飯は炊いておりません

↑自炊するようにクリックをしていただけましたら、何度目の「自炊反省」か?忘れた僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

自炊リハビリ「キャベツと豚バラの酒蒸し」

20170730sakamushikyabetsu.jpg
いかんいかん。

「そろそろ、ちゃんと自炊しなくては、、、」と思いつつ、外食ばかり続けていたオジサン。それは、です。
立ち蕎麦以外にも、ラーメンや定食等、外食が多い最近。

そろそろ、ちゃんと自炊しようじゃないか。
そう、料理は続けないと、腕がなまります。たいした腕ではありませんが、包丁や鍋の扱いが、下手になるもの。ちゃんと、料理もしましょう。

冷蔵庫に余っていたキャベツが1/4玉。
くったり煮込んでワッシワッシ食べようと思い、買って来た冷凍豚バラと一緒に酒蒸しに。
おろしにんにく、めんつゆ、バターで味付けしたたら、「キャベツと豚バラの酒蒸し」の出来上がりです。

、、、先日作った「あさりとキャベツの酒蒸し」と同じじゃないか!
ただ、あさりが豚バラに変わっただけです。しかも、青ネギを忘れてしまうポンコツぶり。

やっぱり、自炊はしっかり続けないといけないなぁ、、、改めて反省


↑自炊するようにクリックをしていただけましたら、何度目の「自炊反省」か?忘れた僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

立ち蕎麦行脚「名代富士そば新小岩店の朝そば」

20170730fujisobashinkoiwa001.jpg
雨のパラつく朝、人通りの少ない平和橋通り自転車で走り、新小岩駅へ来た休日。
休日の朝は、やっぱり「立ち蕎麦行脚」です。

「富士そば新小岩店」へ来店し、「朝そば(320円)」を発券。
厨房カウンターで、「冷たい蕎麦で」とお願いです。

先客が2人。生蕎麦・見込み茹で置きの蕎麦で、すぐに出てきました。
富士そばの朝と言えば、「温・冷」「たぬき・きつね」が選べると思っていたのですが、「温・冷」「そば・うどん」温玉きつねがデフォルトなのかもしれません。

カニカマ・揚げ玉の入っていない「特選富士そば」の廉価版と言ったところでしょうか。
そう思うと、朝そばのお得感があります。

少し太め、コシのない、ムチっとした蕎麦。しっかり冷やされて、美味しい。
温玉を絡めつつ、ワカメも混ぜ、途中できつねを一かじり。

320円の朝そばは、モーニングセット以上のお得感がある。そう思うのは、立ち蕎麦好きだけかもしれません。

僕の立ち蕎麦行脚は、まだまだ続きます。

↑お得感のあるクリックをしていただけましたら、「特選富士そば」には、お得感を感じない僕は、嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

立ち蕎麦行脚「名代富士そば歌舞伎座前店のゆず鶏ほうれん草そば」

20170729fujisobakabukizamae001.jpg
銀座徘徊中、歌舞伎座横にある「名代富士そば歌舞伎座前店」へ行きました。

地域的なものがあるのでしょう、外国人観光客が、興味津々でメニューを見ています
ただ、券売機で食券を買い、店に入って蕎麦を頼むのは、なかなか勇気がいるようです。
興味津々で店外のメニューを見る人は多いものの、店に入る人はいません。

そんな人を横に、外の券売機で「ゆず鶏ほうれん草そば(430円)」を発券。
ささっと入店したら、カウンターで、「冷やしのそばで」と、お願いです。

生そば茹で置き、締め直しの蕎麦でした。
銀座周辺の立ち蕎麦は、茹で置きが基本なのでしょうか。

少しモソッとした蕎麦に、冷え冷えの具材、、、ほぐした鶏、固まっているなぁ、、、しかも、カピカピに乾いた鶏肉も入っています。
まぁまぁ、立ち蕎麦ですから、そのくらいは許せる範囲
乾いて半透明になった鶏肉は外し、塊をよくほぐして、他の具材としっかり混ぜます。

ほうれん草にわかめ、そして柚子。涼感を誘う構成は、暑い夏に良いものです。
この組み合わせ、「やるな富士そば」と、感心します。

歌舞伎座前店は、朝5:00〜10:00まで提供している「朝そば」が、夕方15:00〜18:00にも提供されています。
「冷/温、たぬき/きつね、蕎麦/うどん」が320円で食べられる朝そば、夕方にも食べられるのは、少し嬉しい。

僕の立ち蕎麦行脚は、まだまだ続きます。

↑涼感漂うクリックをしていただけましたら、食べ過ぎた僕は、再びウォーキングします。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

立ち蕎麦行脚「蕎麦一心たすけ日本橋店の天ぷらそば」

20170729isshintasukenihonbashi001.jpg
休日の昼前。東京メトロ東西線「日本橋駅」のA3出口より、少し歩いて「蕎麦一心たすけ日本橋店」へ。
先客3人の店内。入口左脇の券売機で、「天ぷらそば(420円)」を発券です。

「冷たいそばで」とお願いすると、バットに並ぶ天ぷらをひとつ選べるとの事で、「イカ天」をチョイス。
今日は、大盛りサービスですけど、大盛りにしますか?」と聞かれたので、「大盛り」にしてもらいました。

生蕎麦茹でたて締めたて。少し固めの茹で上がり。
意外と言えば失礼ですが、蕎麦の香りがする蕎麦でした。美味しい。
そばつゆは、かえしが強めのつゆでしょうか。
長ネギの他、大根おろしも添えられているのが嬉しい。

揚げ置きのイカ天は、真ん中のあたりでちぎれかけている、少々残念な状態でした。
トングで添えた際の傷なのか、これが切れそうで切れず、箸で持つとプランプランしています。そばちょこへにも入れにくい。

美味しい蕎麦だっただけに、少し残念に感じたイカ天でしたが、無料大盛りで十分満足

ちなみに、日本橋駅のA3出口より、A7出口の方が近いと言う事を、帰宅後に知りました

僕の立ち蕎麦行脚は、まだまだ続きます。

↑大盛りのクリックをしていただけましたら、食べ過ぎた僕は、再びウォーキングして日本橋を渡ります。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

担々麺欲

20170728nihonbashigyozaasakusabashi001.jpg
未だ昼に勤める残念な会社
残念な会社から歩いて数分のところに、某中華チェーン店があります。
経営者が次々と変わり、その都度、名前も微妙に変わっていった中華屋さんです。

十年程前は、お昼や夜に、ちょくちょく行っていたのですが、そこの担担麺が、個人的に好きだったのです。

芝麻醤たっぷりでトロリとした、コクと甘味のあるスープ。花椒の痺れる辛さがヤミツキになり、ちょこちょこ行っていたのです。

あの担々麺が食べたいなぁ。店の名前は変わっても、あの担担麺は食べられるだろうか?
仕事帰り、店の前を通ってみると、オススメメニューの中に「担々麺」がありました。
経営者が変わっただけで、料理人は変わっていないのかもしれません。

担々麺欲が抑えきれず、ついつい入店し、注文してしまいました。

、、、うっすーい、、、、スープが薄い。

経営者が変われば、やっぱり店のメニューも、味わいも変わるものだなぁ。
中太ちぢれ麺の担々麺だけど、昔は細いストレート麺だったし、、、

なんて、食べ進めているうちに、芝麻醤の塊が、底からゴロンと出てきました。
芝麻醤、溶かしてないのかよっ! しっかり溶かせよっ!

異常な程に、「美味い担々麺」が食べたくなった週末。

↑トロリとしたコクのあるクリックをしていただけましたら、美味い担々麺が食べたい僕は嬉しいです。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

立ち蕎麦行脚「吉そば神田店の冷したぬき」

20170727yoshisobakanda001.jpg
東京にある「立ち蕎麦チェーン」と言えば、「富士そば」「小諸そば」「ゆで太郎」の三大チェーンです。
ただ、その他にもたくさんのチェーン店があります。
「六文そば」「嵯峨谷」「笠置そば」「小粋そば」、、、そして、「吉そば」も然り。

都内14店舗を展開する、「吉そば」。
会社支給の定期とウォーキングで、神田店へ行きました。

外の券売機を見ながら、しばし悩んで、「冷やしたぬき(370円)」を発券です。
暑い夏は、ついつい「冷やしたぬき」を頼んでしまいます。

たぶん、店舗で作っているであろう揚げ玉は、他店と比べても細かくて綺麗な揚げ玉です。
天ぷらを揚げた際に出来た「天かす」ではなく、しっかりと揚げ玉を作っているような、そんな綺麗さを感じます。
揚げ玉に長ネギのシンプルな構成が、吉そばの「冷やしたぬき」です。

茹でそば締め直しの蕎麦で、モソモソした食感。
吉そばは、国産の野菜や蕎麦粉に、出汁も無添加と、素材にこだわっているのだそうです(HP参照)
素材にこだわっていますが、袋麺の茹でそば、、、生蕎麦ではないんだなぁ、、、
それは、立ち蕎麦らしさを出したからでしょうか。もそっとした茹でそばも、美味しいから良いのですが、、、

もそっと完食。ごちそうさまでした。

僕の立ち蕎麦行脚は、まだまだ続きます。

↑モソモソっとクリックしていただけましたら、僕はモジモジします。すみません、ありがとうございます。

ahiru-gb.jpg

line-ahirukacho202.jpg line-ahirukacho202.jpg line-charsan.jpg
LINE スタンプ、販売中。

続きを読む

Appendix

クリック募金

クリックで救える命がある。
1日1回のクリックで募金が可能です。 ご協力をお願いいたします。

プロフィール


販売しています。

あひる課長

Author:あひる課長
元・道民。
仕事はよろず屋。麦焼酎と動物をこよなく愛す。
すすきの芸術大学」卒業。


レシピブログに参加中♪

レシピブログ

月別アーカイブ